【じゅずじ成田ツアーズ打ち上げは徳三丸】

ずいぶんと時間が開いてしまいましたが、5月25日の「じゅずじツアーズ in 成田」、緬羊会館で美味しく楽しいひと時を過ごした後は、定番の成田山を散策してお腹を落ち着かせる。
その散策が意外に長く、普段歩きなれていないメンバーからは"早く休もうよ・・・"
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

ようするに腰を据えて飲みたいという解釈で、成田駅近くの「水産酒場 徳三丸」。
 
時はまだ陽の高い16時、昼酒の楽しみを知っている紳士淑女の皆様方である。

隣のテーブルでホタテを焼いていたから、こちらもオーダーしてみたら、なんと"お通し"なんだって!

ちょっと嬉しい気分。
もちろん、居酒屋メニューから次々と勝手にオーダーしていましたが、種類も多くリーズナブルで飲んべぇにはありがたい店でした。

お酒は1合、2合とオーダーするのが面倒なので、このチーム必須の四合瓶。

成田の地酒、滝沢本店の「長命泉 吟醸純米 一度火入れ」は、NARITA酒フェスティバルの限定品「うなりくんグラス」と共に。
もっとも揚げあり、焼きありで、あっという間に一本が空いてしまいます。

あまりボトルで飲む人はいないんでしょうねぇ。
ちょっと地酒の種類が少ないのは残念でした。

それでもみんな、大いに飲んで語らって・・・

徳三丸様、美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき


ようやく太陽が西に傾いてきたようですが、みなさんそろそろ・・・
どうやら飲み足りなさそうなので、さらに成田徘徊!!!
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
09:11  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【サッカー観戦からのエスト!プロッシモ】

スポーツで汗をかくにはちょうど良い季節になってきました!
もっとも走るのは苦手ではありますが・・・

「じゅずじさん、フクアリのチケットが手に入ったんですが行きませんか?」
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

ということで先週の日曜日は、蘇我のフクダ電子アリーナでサッカー観戦の三匹のおっさん。

そう、体を動かすのは苦手ですが、スポーツ観戦は大好き!
海風に当たりながら、目に優しい緑の芝を眺めて昼酒。
気持ち良いものです。
ジェフユナイテッド千葉 対 V・ファーレン長崎、ジェフの攻める時間は長かったんですがいかんせん単調!?
結果は・・・

結果を交えながらの反省会は裏チバの「エスト!プロッシモ」。

実は私、フクアリでサッカーを見るのは初めてでした。
地元でありながらJ2になってからはあまり興味もわかず、もっぱら野球場に向かうことが多く。
でも、選手が間近にいて迫力があり、テクニックに一喜一憂できるのは楽しいものですね。

とはいえ、今回女子を誘ったら誰も興味を示さず。
野球やバスケットならいいけど、、、なんだかねぇ。
気落ちしながらイタリアワインの「ドンナ・マルツィア シャルドネ オーク樽熟成 (白)」。
とても華やかな味わい。

それにしてもいただけない試合運びでした。

しかも最後に至っては、イライラが募っているのはわかりますが、なんとも無様な???

あっ!このマクドナルドのセンスは好きです。

あんな試合をしている間は、J1どころかJ3に落ちることがあるかもしれませんね。
それにひきかえ長崎は明確で的確な指示に選手が反応し、とても充実していたように思えます。
ということで、私の注目は手倉森監督でしたー!

エスト!プロッシモの美味しい料理に癒されたひと時、、、感謝の、ポチッひらめき

↑↑↑↑↑
押していただけると、ネタ探しのはげみになりますイヒヒ
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:30  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【小国の熊肉で送別会】

先日、海外転勤が決まっている友人を成田に迎えて送別会を開いた。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

そう、"あの"本当に行く気があるのか疑問視されつつある、謎のミャンマー人である。
 
出発にあたり、彼の故郷である山形県小国町の味を少しでも振舞えればと、同郷の女将さんがやっている「居酒屋 麻希」。

ここの女将、全く気にすることなく郷土訛りで声が大きい。
そしてたまに毒を吐く。
というか、カウンターに座っている客のほとんどは女将に叱られにきているようなものだ。
もちろん、オレもその一人だが。

席に着くなり、今日はイケメンの息子ちゃんも一緒じゃないのが?ときたもんだ。
てんで、オレを相手にしてくれない。
んでもって隣を指さし、あんちゃんいい体してるねぇ!と目がハートになりそうな温もりのある言葉をはきやがる。

オレは改めて紹介した、小国町の・・・

あら〜!じゃ、熊肉食べる?
どうやら知り合いの猟師が送ってきてくれたらしい。
小国町は「熊まつり」で有名なのだそうだ。

煮る?焼く?と聞かれたので、おまかせにしたら焼かれて出てきた。

どうよ、郷土のお味は?と聞いたら、オレあんまり熊肉って好きじゃないんですよねー!だって。
多少歯に負担はかかるものの臭みもなく、大変美味しくいただきました。

麻希様、ご馳走様でした!、、、感謝の、ポチッひらめき


ということで、謎のミャンマー人は6月2日の日曜日にミャンマーへ旅立ったようです。
しばらく会えないと思うと寂しさも募りますが、きっとまたこっそりと帰国していることでしょう。
元気で頑張ってねぇー!
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:39  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(1) : trackbacks(0) : 

【ランチは緬羊会館でジンギスカン】 in じゅずじ成田ツアーズ

5月25日、その日の国際都市成田は30度近い暑い一日だった。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

暑さにも、寒さにも弱いじゅずじツアーズの御一行様は日差しを避けるようにしてジンギスカン専門店「緬羊会館」のドアを開ける。

入ると同時に、その異様さというかノスタルジックな雰囲気、そして"ペレのサイン"に歓声が沸く。

そんな店内を一通り探検したところで、ジンギスカンの登場である。

ジンギスカン専門店というくらいだから、メニューはジンギスカンしかない。
価格はお一人様1100円と格安だ。
聞けば、開店以来ずっと同じ値段で対応しているのだそうだ。
すばらしい!

それにしても、暑い。

もちろん火を使っているので暑いのは当然だが、どこを見てもエアコンがない。
換気扇は天井高く数台設置しているのが見えるが、動いていない。
まぁ、屋外でBBQやっていると思えば、直射日光があたらないだけましだが。

何せ、いつから置かれているかわからない蚊取り線香が足元にある。

肉が焼けてきたところで、箸がいっせいに動く。

羊肉特有の臭みはない。
しかも柔らかい。
特製のタレにつけて口に放り込む。

うっ、うまい!

これが本当に美味いのだ。
脂のしつこさが無いから、いくらでも入る。
さらに驚いたのは"ご飯"も美味しいということ。

もちろん、追加オーダーさせていただいた。

本当はこれに生ビールでもあればいいのだが瓶ビールしかない。
店主に聞いたら・・・

だって、オレ一人でやってるんだよ!
嫁は入院してるし。
だからオーダーする時も、まとめてね。
細かく注文されると、帰れ!って言いたくなる。

その気持ちわかります。
でもたくさん客がきたら大変ですねー?と、そんなはずはないかと愛想言葉を発してみたら・・・

来週は団体バスで60人の予約で、その夜は40人の予約。
これでも忙しいんだ。
その時は娘に手伝わせるけどね。

おそるべし、緬羊会館!
大変美味しゅうございました、、、感謝の、ポチッひらめき


こうして、じゅずじツアーズ御一行様は超満足の後、近くのJRバス停"法華塚"から成田駅に帰って行ったのだった。
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
08:30  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【昼と夜の間は、やっぱりK BAR・・・】 in 花咲ジジの津軽旅番外編

GWの弘前さくらまつり、昼の桜を満喫した後は、ライトアップまでの時間待ち!
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

今年もお世話になりました、鍛冶町の締めパフェ「K BAR」である。

勝手知ったるといいますか、勝手すぎる面々ではありますが、なんだかんだ言って落ち着ける場所。

夜のアクティ部活動まで時を過ごす。

そして最後は代行待ちの拠点ともなる。
もっとも、かなりアルコールが入ってしまっているから、この店に何時間いても売り上げにはたいして貢献していないと思うのだが。
そんな中、気遣いのできるオレは締めパフェ。

過去に一度も食べきったことは無いが。

今回はよっぽど疲れていたのか、それともパフェが美味かったのか。
すんなりと喉を通る。
冷たさが心地よい。
甘味が疲れを癒してくれる。
初めての完食。

マスター!いつもすまないねぇ、、、感謝の、ポチッひらめき


そういえば、昨日(5/24)で8周年だとか。

K BAR様、おめでとうございます。
 

そろそろ日も暮れたし、夜桜が綺麗な時間になったようだが・・・
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
08:53  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【どすこい!アミーズ首都圏集合】 in -両国-江戸NOREN

この時期恒例ではございますが、青森よりゲストをお迎えしてのおもてなし。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

ちょっとだけ、江戸気分を味わおうと両国の「江戸NOREN」に集合。

私自身は以前も来たことがありますが、ここは待ち合わせにも都合のよい場所。
だって、東京商店で角打ちが楽しめるんですもの。

でも価格は新青森駅の方が親切かな。
田酒や八仙、豊盃など有名どころが一杯100円で飲める。
こちらは200、300、400円とちょいと値が張ります。

そんなことをやりながら丁度良い時間となりました。

皆様、お久しゅうございます。
元気で何より・・・

館内には寿司やもんじゃ、ちゃんこ等も店を並べる中、無難なところで「築地食堂 源ちゃん」。

だって、リーズナブルなんですもの。

こうして集まる場合は、ついつい青森の郷土料理店のリクエストが多いのですが、その日青森から来たゲストに青森料理というのもちょっと悩みどころでした。

でもこの場所なら、江戸東京博物館もあるし、両国国技館も、北斎も楽しめるといった地の利。

おのぼり様観光にももってこいの場所ではないでしょうか。

そんな蘊蓄はさておき、津軽衆の会合である。

もちろん、店の片隅で遠慮ないボリュームで津軽弁を叫ぶ。

家庭のこと、子供のこと、孫のこと、老後談義に健康談義!
まぁ、それぞれが勝手にいっぱいしゃべりました。
誰も聞く耳をもたないのもいつものこと。
結局は何も記憶を残すことなく、ただただ大笑いしているだけですが。

あんづましい。

源ちゃん、大変お騒がせしました!、、、感謝の、ポチッひらめき


それにしてもこの品数、飲み放題付きで4000円からお釣りがくる。
主婦の皆様には大いに満足していただいたようです。
みんな、へばまだの〜!
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:41  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【ブラストの夜は酒池肉林・・・】 in 花咲ジジの津軽旅番外編

GWともなれば夜な夜な集うスナックがある。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

その日、4月27日も時間を持て余していたヤツらが、男気のあるママの優しさに触れたくて・・・

看板はない。

一見さんお断りの大人の隠れ家である。

場所は?と問われれば、地元ではブラックストーンと呼んでいるこの辺りである。

スタートを待ちきれず、郡上八幡麦酒の「こぼこぼ」を手にしているのは、仲間内では"男優"と呼ばれているらしい。

集まったのは遠く静岡、成田、弘前、青森、平川、五所川原そして、、、ミャンマー!?

そう本来いるはずのないSちゃん、一歩遅れて会場入りした時のみんなの驚きは見ものだった。

なすて?
どすたの?
わいは、どってんしたじゃ!

詳細は話せば長くなるのでここでは明かさないが、彼は皆に愛されているのだ。

そんな秘密めいた店で繰り広げられる酒池肉林・・・

今回も豪華にスタートしましたー!

食べきれないほどの肉、ニク、にく。

御代桜酒造の「津島屋 外伝 純米大吟醸 四十三才の春」が持ち込まれ、

プレミアムな「かめ壺焼酎 村尾」は一升瓶。

大いに飲み、食べ、そして時を忘れて語らう。

今回も楽しかったぁ、美味しかったぁ!
はちきれんばかりの大笑いに、、、感謝の、ポチッひらめき


こうしてGW初日、サプライズの一日が終わった。

布団は二組敷かれていた。
いつもいつも、ありがとうございます。
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:43  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【蓮池まつ永で至極の一夜】

そういえば先日、朝から飲みモードがMAXだった日のことである。
カウンターに2つばかり席を用意してもらい、後は淡々と時間が過ぎるのを待つばかり。
勤務時間の終了と共に帰社しようとしたその時、一通のメールに気づいた。

本日のご予約ですが、諸事情により・・・

まじかっ!?
一瞬頭の中は真っ白になったが、対処しなければ"できない男"の烙印を押されかねない。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

閃いたのは、JR千葉駅からちょっと歩くが「蓮池 まつ永」。

以前から来てみたかったお店である。
完全予約制のため、突然の電話を詫びながら席の有無を確認したら大丈夫とのこと。

どうやらツキはまだ落ちていないらしい。

あこがれの店のカウンターにつく。

否が応でもテンションが上がる。

おまかせコースは4,000、6,000、8,000円。
お薦めの6,000円コースをお願いする。

まぁ綺麗・・・

ツレさんの感嘆の声だ。
青森県産のイカの上にウニそしてキャビア!
どうやらつかみはOKだ。

普段は無口なオレでさえ、語らずにはいられない。
食材を誉め、味を誉め、器を誉め、彩りを誉め。
北海道産のミズダコはオリーブオイルのオリジナルのタレで!

もちろん話がはずまないわけがない。
今まで経験のない味をお互いで確かめ合う。
お酒はビールから日本酒へ、ツレさんが好きだという宮城の浦霞だ。
焼き物はふぐの白子!

フワッフワでとろけるー!と一口で頬張りながら、箸はオレの方へと向けられる。
どうせ無駄な精力だからいらないでしょ?
反論できないオレがいた。

揚げ物はホタテ!

焼くよりも甘味が増しているように思う。
茶碗蒸しは、フォアグラのオリーブオイル仕立て!

品のある良き香り。
これもまた新たな味覚でございました。
焼酎の選択をまかせたら、明るい農村。

なかなか洒落たチョイスをするもんだ。
メインは千葉産豚の炭火焼きをいろんな味で楽しもうということらしい!

ふわっふわのメレンゲが気になった。

薄っすらと醤油味、泡醤油というのだそうだ。
これも楽しい。

酒の肴に、いぶりがっこマスカルポーネ添え!
合わないはずがない。
〆の茶漬け!

料理の名前とかいろいろ説明は受けたのだが、もちろん控えるわけもなくどんどん忘れていくのはいつものこと。
中途半端ですいません。
でも美味しかったぁ。
そして楽しかったぁ。
 
まつ永様、超満足でございます!、、、感謝の、ポチッひらめき


デザート!

久々に会話が弾んだ夜のお話。
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:48  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【さくら舞い散る中で弘前観桜会】 in 花咲ジジの津軽旅番外編

さくら舞い散る中に忘れた記憶と♪
君の声が戻ってくる♪
 

一日一回のポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

とうに忘れかけた記憶になりつつありますが、4月28日の観桜会。
ボクは千葉からの旅人を強く意識して臨んだ。

12時半、いつものところでねー!という集合メールと共に弘前公園に行ってみれば、君たちの声!
「きゃー、噂のじゅずじさんだー・・・」

初めましてー♪私たち、のりきガールズです!

そんな挨拶から始まった弘前観桜会2019。

オードブルは弘前で一番話題の店「CUISINE & DRINK HYPE」のもの。
もちろん旅人にはその話題は判らなかったが、どれも美味しく楽しめました。

ところで、のりきガールズ!?

オレがいつも誘われる"熟女会"とか"淑女会"とか"微妙な魔女会"と違って、ずいぶんと年齢層が若いではないか。
しかも"噂の・・・"って、オレのいないところでどんな噂を広げているのか!?
まぁ、ハードボイルド(仮)のオレには他人の噂なんて・・・。

そんな細々としたことはさておいて、ミャンマービールで乾杯だ!

ミャンマーといえば、先日ミャンマーに旅だったはずの秀ちゃんの登場である。

もちろん皆にも内緒にしていたわけで、遅れてやってきた「K BAR」のマスターの腰を抜かさんばかりの「どうして?なぜ?・・・」。
驚愕の嵐で、桜吹雪である。

詳細は後日として、ひとひらの花びら。

"君の瞳に・・・"、なんともシャレたことをしてくれる皆様。

お会いできてうれしゅうございました。

リーダーにはいっつも感謝!、、、の、ポチッひらめき


今年は例年になくいいお天気で、桜舞う素敵な観桜会でした。

みんなー、来年もまたいつもの時間に、いつもの場所で・・・
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:48  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【やっぱり今年も、しっかり呑みの一角】 in ミッドタウン日比谷

4月20日の「パエリア・タパス祭り2019」で、それなりに勢いがついてしまった面々。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド


次に向かったのは、向かいの東京ミッドタウン日比谷。

いろんな店を周ってみたものの、結局落ち着いたところは去年も世話になった「一角」。

昼は定食屋、夜は居酒屋というこちらのお店ですが、我らはもちろん昼飲み。

軽く一杯!どころか、面倒だから一升瓶を持ってきてくれませんか?

用意してくれたのは、山和酒造店の「山和 純米吟醸 Spring 夜桜ラベル」。

嬉しい季節もの、華やかな香りがたち、とても飲みやすいお酒。
なんて蘊蓄を語っていたら、「去年も寄ってくれましたよねー?」

我らのことを覚えてくれていたお店の方と記念の一枚!
(決して飲んでませんのであしからず・・・)

メニューも色々と教えていただいたり、貴重なお酒を紹介してくれたり。

とても楽しいひと時の長丁場でございました。

〆はもちろん、そば。

何しろまだランチ営業でしたし・・・

一角様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき

↑↑↑↑↑
押していただけると、ネタ探しのはげみになりますイヒヒ
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:46  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) :