【月のうさぎに全員集合】 乗り鉄的旅日記

ちょうど1週間前の7月14日、土曜の夜は・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

仙台の文化横丁にお忍び。

一人旅でもあるし、予約も入れずにフラッと、大人の隠れ家的「炭火串焼 月のうさぎ」。

大学時代、サークルの後輩でもある店主になんの挨拶もなく席に着く。
驚いてくれたところを見ると、オレを忘れてはいないようだ。

とりあえず牛たんと牡蠣と笹かま!と仙台名物を並べたら、「全部ありません!」という直球の答え。

なるほど、観光客向けの店ではないようだ。
じゃ、賞味期限切れ間近な食材を全部!と言ったら、新鮮なホヤが出てきた。

これがまた大きくてジューシーで、美味。
もちろんビールから日本酒に切り替えて、宮城県気仙沼市は角星の「水鳥記 特別純米 美山錦 五割五分」。

旨味がひきたちます。

と、そこへ・・・

どやどやドヤっと!

なんと、オレが仙台にいる噂を聞きつけて、大学時代の仲間が集合。

「なんで仙台に来るって、先に連絡してこないの?」とか、「急すぎるべ?」とか、いろいろ言われましたけど、否々々・・・

あくまで今回は一人旅で、しかもお忍び!?

わざわざ集合しなくても!と思いつつ、ありがたい限りです。
体調のこととか、家族のこととか、それぞれ問題はかかえているようですが、とりあえずこうして集まれる幸せ!

月のうさぎ様、毎度お騒がせに感謝!の、、、ポチッひらめき


なお「東北学院大学オリエンテーションリーダー会」の皆様へ、事前情報です。
60周年記念祝賀会は来年、2019年11月2日に開催されるようですよ。

さぁて、次の日の朝は早い出立だし、そろそろ・・・

へば、2次会へ行くかー!

ほぉら、誰もオレの話を聞いていないし(^^ゞ
 

JUGEMテーマ:日記・一般



 
08:33  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【モヒートの季節】 in BAR荘

そういえば、サッカーワールドカップ用にテレビを替えました!とつぶやいていた・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

千葉駅北口近く、いつもの「BAR荘」である。

結局日本戦は時間が合わず、一度もカウンターで応援することはなかったが。

モヒートの季節である。

ミント、おおめで。
けっして爽やかさをひけらかそうとするのではない、あくまで季節感を感じるためだ。

マスターにサッカーの話を振ってみた。
普段は無口なくせに、サッカーだけは熱の入った話をする。
しかし、その分析はとても冷静で鋭い。

ショット!をオーダーした。

すいません、そろそろミニ樽が切れそうなんですが。

しばらく来なかったのに切れたということは、蒸発でもしたのだろうか?
それとも、オレのいない間に・・・

じゃ、何かお勧めのボトルでも!

トク、トク、トク・・・
どうやら今回のお勧めは、鳥取県倉吉市は松井酒造の国産ウイスキー「マツイ ピュア・モルト・ウイスキー 倉吉」。

このままでもまろやかではあるが、しばらく置いておけば、きっと風味も増してくるだろう。
 
ニューボトルを入れ替えたマスターは、もうオレに興味を示さず、他の客の処へと足を運ぶ。
これ以上、売上につながらないと読んだのであろうか。

オレは一冊の本を取り出して、カウンターに広げた。

日経ビジネス「2025年 稼げる新職業」。
副題は”親子で考える仕事選び”。

読んで驚いた、そこには全く知らない職業が並んでいる。
年収は1000万以上、持続性に至っては年齢制限なし。
まぁ特殊と言えば特殊だが、想像を超えた職業が増えてきているということだ。

そういえば映画にもなっている「終わった人」でも言っていた・・・
職人とか特別な技術を身につけている者は幸せだ。
トコロテン式に定年退職をさせられることもなく、年齢と共に円熟の域に入ったりする。
そして技術と体力が確かなうちは続けられる。
終わらない。

終わらないのが幸せかどうかは別として、日々一杯の酒が飲める幸せを感じていたい。

夏の一夜、そんなことを考えながら、、、ポチッひらめき


そんなBAR荘が新店舗の準備をしているようだ。
スパイス&ハーブ専門店!?
立ち上げのスタッフ募集ということで、熱燗担当の有無を確認したら「いりません!」と即断られた。
興味ある方は連絡をとってみたらいかがでしょうか。
 

JUGEMテーマ:日記・一般

08:47  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【アミーズ千葉にゲストを迎えて・・・】 in 船橋二代目やっこ

先週の土曜日のことである。
JR東日本「大人の休日倶楽部パス」を利用して上京してくるという、青森好きのSNS旧アミーズメンバーを歓迎したのは・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

船橋駅からちょっと外れていますが「居酒屋 二代目やっこ」。

何度かお世話になっていますが、いまだよく道がわからない。

何しろ、オジサンにはちょっと刺激の強い看板が目につく路地裏を近道と称して連れていかれるのだ。

だから、どうしても目線がずれてしまって、全体の道のイメージがつかめない・・・

大人の休日倶楽部パス、いつもなら自分もこのチケットを利用して東北を旅するところだが、青森から先に来られてしまったら迎えてあげるしかあるまい。

なんとなく、損した気分でもあるが。

今回も”やっこ”さんはいろんなツマミを出してくれました。
もちろん、諸橋酒造の「越乃景虎 龍」も飲み放題。

酒がすすむにつれ、津軽弁が花盛り。

若干一名、下北の方もおられましたので、昨年行った「仏ヶ浦」のことやら、恐山の話題も出ました。

もっとも津軽衆からすると”遠い”という一言で片づけられましたけど、みんな遠くに出稼ぎに来ているんですけどねぇ。

そんな四方山話で盛り上がった夜。

二代目やっこ様、大変お騒がせしました!、、、感謝の、ポチッひらめき

最後はおなじみ、あしあと残し!

青森メンバー様、まだこいへー(^^)
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
07:46  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【浜処いっぷく】 ひょっこり北東北の旅番外編

ひょっこり北東北の旅一日目、6月1日の夜はホテルの近くで居酒屋でも探して・・・
と思ったけど、高台に建っているホテル「ビジネスインやまだ」周辺には何もなかった。
これもまた震災の影響なのであろう。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

でもホテルに併設されている「浜処いっぷく」のメニューがとても美味しそうだったので・・・

ドライバーのワミ君、一日おつかれさまー!

獲れたての海鮮料理からこだわり季節料理。

豪華な定食を2種類選んで、さらに単品も注文して、それぞれをつまみながら飲む酒は地酒、菱屋酒造店の「千両男山 生貯蔵酒」。

ふと周りを見渡すと、数組の観光客に交じって、職人風の方々が一人で晩酌をしながら定食を食べている。

そういえばこのホテルの前にはウィークリーマンションやら、長期滞在用のアパートが見られた。
復興工事に携わる方が全国から来ているということ。
それに伴う復興ビジネス。

人が集うということはいろんなビジネスが生まれるわけで、それもまた経済。
ただし未来永劫ではない。

この間に、いかに長期に集客できるかという素地を作っておく必要がある。

なんてことを二匹のおっさんで話しながら飲み続けた夜。

いっぷく様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき


最後は刺身をご飯にのせながらの海鮮丼。

お腹がいっぱい!
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
09:12  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【人生それなりにいろいろ・・・】 in まさむね

最近、お江戸での飲み会が続いておりましたが、たまには千産千消!
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

京成千葉中央駅前、会社近くの「季節料理 まさむね」。

噂はかねがね耳に入っておりましたが、団体戦では今回がお初。

広々とした個室を用意いただき、まっことありがたい限りです。
何しろ、アルコールが入ると声のトーンが一段上がるメンバーが多数。
今回は先にくぎを刺しておきました。

人の話をまず聞け!と。

もっとも、他人のことは言えませんけど。

以前は会社のメンバーを引き連れてしょっちゅう飲みに歩いたものですが、最近はその勢いもなく、というかそれぞれ大人になったんでしょうかねぇ。
それとも面倒になったのかな。

飲みの席でまでいろいろ言われたくもないし、小言を言う方も疲れるし、疲労感しか残らないことが何回か続いた後に自然消滅しました。

今回は組織変更に伴う、キックオフ的な夜ミーティング。
普段会話の無いメンバーもいろんな話をしてくれました。

嫁さんにドアチェーンをかけられ、家に入れなかった・・・
ドアをたたいても、電話しても、無視された・・・

さすが年齢が上がった分、会話ネタも家庭のことが多くなりました。
それぞれに同じような体験があって、なぜかホッとしている様子もうかがえました。

そんなことで分かったのは、会合が自然消滅したのは共通した話題がなくなったからじゃないかと。
仕事は状況によって変わってきたし、独身は恋愛に忙しい時期でもあっただろう、
それが年を重ねることで、また共通の話題で酒が飲める。

話題の尽きない夜は料理も追加オーダーして、そりゃもう大盛り上がり!

まさむね様、大変お騒がせしました!、、、感謝の、ポチッひらめき


芦田さん、わたしが無口なハードボイルド(仮)の”じゅずじ”でございます。

以後お見知りおきを〜!
 

JUGEMテーマ:日記・一般



 
07:47  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【ドカドカッと博多うまいもん】 in 博多どかどか団

「じゅずじさん、今度上京するんで東京で飲みませんか?」
はるばる四国から遠征してくる、微魔女様である。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

誘われたらイヤと言え・・・
いやいや、半ば強制的な言葉に恐れをなして、駒沢大学駅近く「博多やきとり 博多どかどか団」。

東京というからてっきり新橋により近い銀座周辺かと思っていたら、まさかの長距離移動。

「相棒の若い方も誘ってね!」。
いやぁどうでしょうねぇ、微妙な魔女姉様の中に参加するとは思えないのだが・・・

いつもGWに弘前遠征で一緒の”シュウちゃん”を道連れに、はじめまして〜!のお久〜!

店内は10席ばかりのカウンター、肩と肩が触れ合って。

和気藹々と過ごせるようなフレンドリーな店です。

「食べたい物をどんどん頼んでくださいねー」という主旨らしいので、そりゃみんな勝手に頼みました。

ところで、なんでわざわざ駒沢大学のこの店?

と、青森の銘酒・西田酒造店の「特別純米酒 田酒」を飲みながら問う。
「だって・・・」

どうやら蔵之介様が顔を出しているようだ。
蔵さんファンとしては必須なのであろう、納得である。

残念ながらその日は佐々木酒造のお酒がなかったので、獺祭スパークリング。

それにしても、盛りだくさんに頼んだものだ。

確かにメニューをみると、アレは何?コレは何?と興味の惹かれるものばかり。
しかも、うまい!

隠れたところには昭和の香りが漂う。

ネタのてんこ盛りである。

〆は国泉泡盛の「どなん」を一杯。

驚きの60度、きく―!

そんな大騒ぎだった夜、超満足でございました。

博多どかどか団様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき


店主様、今度は"一人"静かに立ち寄りたいと思っています。

ということで、この近くに営業先を探しています。
必要とあらば、ご一報ください!
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:51  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【津軽弁でさがべー!】 in 日本百貨店さかば

日本百貨店という店がある。
東京駅構内にある「日本百貨店とうきょう」にはよく立ち寄る。
何しろ、日本全国の優れものが揃っているのだ。
もちろん、オレのブログネタの一つでもある。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

そんな百貨店が東京駅近くに「日本百貨店さかば」という居酒屋を出した。
八重洲口から徒歩数分ということで、高速バス利用の私にとっても都合がよい。

店内はカウンターもあり、想像していた以上に広くお洒落な雰囲気。

集まったのは、津軽からその日上京してきた客人を囲んでの青森好きSNS・旧アミーズ首都圏チームの面々である。

さぁ、今宵はお江戸で、でったらだ声で津軽弁をさがべー!

皆と会うのはほぼ一年ぶりであろうか。
すでにアミーズは無くなっているのに、なぜか新たなメンバーも加わり「お久の、はじめましてー!」から始まるオフ会である。

もう郷里を離れて20年、30年と経っているのに・・・
普段は都会人ぶっているのに・・・
こうして会えば、訛り丸出しのいなかっぺ集団・・・

ふと周りを見回してみれば、小綺麗な紳士淑女の皆様。
東京駅内では多国籍の方やら旅行客の方が多くとても賑やかだが、少し離れたこちらは程度をわきまえておられるお客様が多いように見受けられる。
きっと丸の内界隈で働いているエリート様達であろう。

それにひきかえ、我が・・・

店の端っこで”どうぞご自由に”と隔離されていたようなものである(笑

まんず、おもへがった夜の一コマ。
 
日本百貨店さかば様、大変お騒がせしました!、、、感謝の、ポチッひらめき


そして恒例の足跡残し。

シンデレラ的ボクは高速バスの時間に合わせ席を抜けたため参加できず、残念!
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:29  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【秋田のshushuでヨシダくん!?】 ひょっこり北東北の旅番外編

ひょっこり北東北の旅」シリーズは、まだ初日の観光巡り途中ですが、鉄は熱いうちに・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

話しは飛んで翌日、6月2日の夕方は秋田市の繁華街と言えば新政の看板が目立つ川反。

その通りをちょっと横に折れて、シャレた雰囲気の「横町通りshushu」。

あの"ワミ君"が、どうしてこんなシャレた店を知っているのか?と思うくらいに小洒落ている。

しかもカウンターで秋田美人のお姉さんに気安く声をかけている。

いつもなら三匹のおっさんは隔離された個室でしんみりと飲むのが常だったが、ずいぶんと進化したものだ。

もっとも今回は残念ながら、おっさんは二匹になってしまったが・・・

じゅずじさんに飲ませたい酒があるんです!

おなじみ”秀よし”で有名な秋田県大仙市は鈴木酒造店の超限定酒「本醸造原酒八乙女」。
江戸時代の伝統製法を受け継いだお酒らしい。

芳醇で喉ごしがまろやか、実にうまい!

料理も味よし、見栄えよし。

そんなところに、ひょっこりヨシダくん!?

秋田経由でロシアに向かうはずはないのだが、店主が挨拶にきてくれた。
秋田名産の話題で盛り上がったので、一応千葉名産で対抗しておいた。
恋する豚と落花生のおおまさり・・・

季節になったら,ワミ君経由で送っておきます。

shushu様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき

本来同席するはずの主役は、体調がすぐれないとのことで急遽欠席。
たっぷりとアルコール消毒をしてあげたかったのだが。
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
07:20  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【釜めしで一杯は鳥ぎん】

飲兵衛は底が知れず、とでも申しましょうか。
5月のとある土曜日、昼前に日比谷公園に集合してビールをたらふく味わい、東京ミッドタウン日比谷では立ち飲みを体験し・・・


お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

17時、あらためて腰をおちつけたのは「鳥ぎん 日比谷店」。

以前、同じように銀座本店に伺ったのですが、列があふれていて断念。
リベンジ!ではないですが、系列店ということで。

こちらはすんなりと入れました。
とりあえず、焼き鳥。

釜めしは時間がかかるから、先に頼んでおきましょうねぇ!

そうですね。
それなりに時間がかかるということは、お酒もゆっくりと飲めるわけで、沢の鶴の「純米酒 山田錦」。

もうかれこれ6時間以上も飲み続けているわけで、もう話題もつきかけていましたけど、酔えばまた・・・

そうこうしている間に炊き上がったようで、親子釜めしと筍釜めしをシェア。
このチームは最初に1万円を徴収し、会計担当が最終清算するシステム。
都度店で割り勘するより手間はかからないし、何しろお金を気にしないで飲める。
というのも、会計担当がうまく財布のひもを締めてくれるんです。
この日も3か所飲み歩いて、若干のお釣り。
ありがたいなぁ。
オレにはとてもできない芸当ですけど。

鳥ぎん様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッひらめき

次の企画は成田でジンギスカンか、山武市でBBQか!?
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
09:01  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【営業は辛い、、、よ。】 in ワイン厨房 tamaya otsuka

若い頃はよく言われたものだ。
「朝礼が終わったら外へ出て、暗くなるまで帰ってくるな!」と。
それが営業の使命・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

そんなことを話したのは、JR大塚駅近くの「ワイン厨房 tamaya 大塚店」。

この日も時間を確認し、アポをとって訪問した。
「じゅずじさんなら夕方の方がいいよね!」

いつからだろうか、夜がメインの営業になったのは。
もちろんお客様のご指名だから断るわけにもいかず、それなりに時間に余裕を持ちながら、誘われたらイヤとは言わず・・・

「前から気になる店があったんだよねー」。

お供しますとも、私でよろしければイヒヒ

ゆったりとした店の作りで、落ち着いて悪巧みの会話もできます。
そしてたまに相槌が欲しい時は、女性店員さんに声をかけて会話に呼び込む。
大事なのは三角の会話をすること。

1対1じゃ、YesかNoではっきりしちゃう時がありますから、そういう時は部外者に話をふる。
その受け答えのできる女性が好き。
いいお店ですラッキー

話しの流れで、お薦めのワインを所望。
するとソムリエの方が登場して蘊蓄が始まる、イタリア・シチリアワインの「PLANETA (プラネタ チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア)」。

ちょっと話は長かったが、お勧めのワインは美味かったワイングラス

二人の会話はあくまで大人の悪巧みに付き、ここでは公にできませんが、そりゃ多岐にわたりました。
もちろん日本の情勢を憂うことも含めて。

営業は雑談からヒントを見つけるひらめき
いい勉強になりました。
ただ、それをどこで生かすかが問題だなショック

tamaya様、楽しい対応ありがとうございました!、、、感謝の、ポチッ拍手


そういえば一番話が盛り上がったのが部屋の改装のこと。
老後に向けて全面的に改装したんだそうだ。
私も同じことを考えていたので、根掘り葉掘り。
めざそう、お一人様インドア生活!
ひとっところの大工さんにお願いするべきか・・・
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:50  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) :