【ジャッジメント】(小林由香)を読了!

復讐法、この法律は果たして被害者たちを救えるのだろうか?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
大切な人を殺された者は言う。「復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人は言う。「同じ目にあわせてやりたい」と。犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。目には目を歯には歯を・・・

犯罪者に復讐してやりたい!

凄惨な事件や事故が起こるたびに、犯人や責任者に「死ね」とか「殺してやる」などという文字がSNSに並ぶ。

では、そんな世論に推されて実際に復讐法なるものができたなら・・・

他人のことだから安易に口に出すことができるだろうが、いざ自分でその立場、裁く側になったらどうなるのか?
はたまたその執行に立ち会う担当者は?

うーん!
ざわめき感が半端ない一冊かな。
心の葛藤と、内面の描写がぐっと刺さってきます。
復讐法=殺人、もちろん私には答えは見つけ出せない。

それぞれが夫々の、、、ポチッショック
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと
 

JUGEMテーマ:読書



 
評価:
小林 由香
双葉社
¥ 1,512
(2016-06-21)

18:20  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【ストレンジャー・イン・パラダイス】(小路幸也)を読了!

いろいろと問題はあるだろう。
たが、問題として存続する以上は、それを解く方法は必ずある!

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
ここは阿形県賀条郡“晴太多”。名物も娯楽もない山奥の、ほぼ限界集落。そんな故郷を再生するため、町役場で働く土方あゆみは、移住希望者を募集する。やってきたのはベンチャー企業の若者、ニートの男、駆け落ちカップルなど、なんだかワケありなはぐれ者(ストレンジャー)たち。彼らが抱える忘れたい過去も心の傷も、優しい笑顔が包み込む・・・

 
いろいろと問題を抱えているメンバーが限界集落に集まり、仕事をしながら生活を営む。

限界集落の様々な試みはいろんな小説にもなっているし、実際にもチャレンジしている集落も多数ある。

おらの村には何もないけど、都会にないものが・・・

小路幸也さんらしい温かみのある一冊。
限界集落対策はさほど珍しいことではないが、それぞれが抱える問題をサラッと解決に結びつける。

夢が膨らんで、、、ポチッグッド
 

日本中、だいたいどこにも観光地化できる場所、その土地ならではの料理がある。
しかしそれは常に点でしかない場合が多い。
それを線につなげて、面にできれば、もっと活性化されるだろう。
と、常々思ってはいるが。


JUGEMテーマ:読書


 
18:19  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【リンクス】(矢月秀作)を読了!

久々に人気ブログランキング サラリーマンの部1位拍手
おめでとうございますの、ありがとうございます楽しい

いま何位かな?  人気ブログランキング
雑多なブログですが、これからもよろしくお願いします。

そんな祝杯モードの一日ですが、明日への戦いへのためアルコールは控えているということで本ブログ読書

反政府組織クリムゾンが日本を襲う・・・

【あらすじ】
東京臨海中央署の日向太一は、地域課の巡査部長ながら、その驚異的な身体能力が認められ、ある特命を下される。
ひょんなことから知り合った天才科学者・嶺藤亮の協力を得て、日向は巨大な陰謀が蠢くレインボーテレビへ潜入する・・・

派手な動きだった「もぐら」をさらにスケールアップ?

というか、ハチャメチャは健在ですなぁ。
巡査部長の日向太一、身体能力が抜群にすごすぎ。
罪に対しては、後先考えずまっすぐな性格そのままに「狩り」に行く。
時には、常識をはずれても・・・

そんな驚異的な身体能力が認められて、ある特命を下される。
日向を誘い入れた刑事組織犯罪対策課課長堤の下で、謎の組織クリムゾンの全貌をあばくために。
ところがその堤は、日向をフォローしているとは思えない。
堤は味方なのか、それとも?

日向は天才科学者・嶺藤亮と一緒に敵地に乗り込むが・・・

荒唐無稽なほど派手。
結局は足をひっぱる嶺藤。
謎の堤。

次々に起る危機を乗り越え、ついにクリムゾン本拠地へ向かうも・・・

いやぁ、面白かった。
3部作の一気読み。
たまぁには、こういうはっきりした読み物が頭の切り替えにはいいかも!

スッキリ!、、、な、ポチッイヒヒ
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと


JUGEMテーマ:読書



 
評価:
矢月 秀作
中央公論新社
¥ 583
(2014-08-23)

18:16  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【雪煙チェイス】(東野圭吾)を読了!

雪に消えた犯人の行方は・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる・・・


元アルバイト先の主人が絞殺されていた。
殺人の容疑をかけられたのは、少し前までその家でアルバイトをしていた大学生の脇坂竜実。

事件当日、竜実は一人でスキーに出かけていたのだが、それを証明することができないでいた。
それを唯一証明できるのは、スキー場で出会った一人の女性!

警察に追われながらも、竜実はスキー場に向かった・・・

警察がどんどん追い詰めていく場面は緊張感があって楽しく読めた。
ただ、なぜ追いかけられているのか、本質を見失うこともあった。
しかも、真犯人には何の思い入れもなく、読み終わった後はそれすら忘れていた。

記憶に残ったのは、スキー場での結婚式。
やはりこのシリーズは面白いな。

恋の目覚めに、、、ポチッウィンク
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと
 

JUGEMテーマ:読書




 
18:19  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【歌舞伎町セブン】(誉田哲也)を読了!

あんた”歌舞伎町セブン”って、知ってるだろ・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
歌舞伎町の一角で町会長の死体が発見された。警察は病死と判断。だがその後も失踪者が続き、街は正体不明の企業によって蝕まれていく。そして不穏な空気と共に広まる謎の言葉「歌舞伎町セブン」…。『ジウ』の歌舞伎町封鎖事件から六年。再び迫る脅威から街を守るため、密かに立ち上がる者たちがいた・・・


やっとこの一冊までたどり着いた
ジウ、あの後・・・

歌舞伎町セブンとは?
陣内の過去は?

歌舞伎町町会長の高山が急性心不全で亡くなった。
しかし小川巡査部長はその死因に疑問を持つ。
新宿区長だった自分の父親の死亡状況と似ているのだ。
どうやら歌舞伎町再開発に絡む何かしらの動きがあるらしい。
そして噂に聞こえてくる歌舞伎町セブンという暗殺グループ。

歌舞伎町セブンが動く時、それは歌舞伎町に危機が迫った時に他ならない。
彼らは守護神なのか、それとも破壊神なのか?

緊張漂う一冊に!、、、、、、ポチッ拍手

新宿署の東が登場するシーンでの威圧感が半端ないな。


JUGEMテーマ:読書




 
18:48  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【危険なビーナス】(東野圭吾)を読了!

弟の妻だと言って、兄の伯朗に近寄ってくる楓。
彼女は女神?それとも悪女?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく・・・



その女は伯朗の前に突然現れた。
異父弟の明人と結婚したばかりだという。
そして驚きの一言を発する「行方不明なんです、明人君」

明人を探すため楓と行動を共にする伯朗。
異父兄弟の生い立ちにも触れ、資産家である実家に親戚一同が集まる。

実子、愛人、その子、、、遺産目当てと思われている楓。
様々な伏線を通して、ミステリーというよりも、ドロドロした一昔前の推理小説って雰囲気を醸し出す。

そこで浮かび上がってくる16年前の母の不審死。

真実やいかに!?、、、ポチッショック
 

それにしても不思議な存在の楓。
抜群の切れ味で、身体能力も高く、しかも美人。
確かに惑わされるかもしれないが、どうみても自然じゃないことは確か。
しかも結果がアレだと、ちょっとねぇ・・・


JUGEMテーマ:読書




 
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,728
(2016-08-26)

18:01  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【クランクイン】(相場英雄)を読了!

社会派作家がエンタメ!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
とある日―。広告代理店に勤める根本に、ベストセラー小説『永久の大地』を映画するよう社命が下る。映画が大好きな根本は喜び勇んで映画製作に邁進するが、トラブル続出。果たして映画は無事に完成するのだろうか・・・


巷では賛否両論というか、意見が真っ二つに分かれているようですが。
私は楽しく読ませていただきました。

役者はもちろん、原作者もカメラマンも皆キャラの濃い方々で、どうまとめるのだろうかと思いながら・・・

広告代理店に勤める根本、社長命令でベストセラー小説の映画化をフォローすることになるのだが、その社命には裏があった。
小さいころ亡くなったと思われていた実母がからんでいた!?

ふーん、そういうことだったんだ
何か大げさな立ち居振る舞いだったと思っていたけど、やられました。
それにしても映画を撮るって大変なことなのね。
 
泣き笑いと、ちょっぴり怒りの一冊に、、、ポチッたらーっ
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと


JUGEMテーマ:読書


 
評価:
相場 英雄
双葉社
¥ 1,728
(2016-11-16)

15:00  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【青光の街(ブルーライト・タウン)】(柴田よしき)を読了!

渋谷の「青の洞窟」的なつながりで・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
撲殺されたOL、刺殺された出版社社員、絞殺された中学生…そばにはクリスマスの青い電飾。無差別殺人?愉快犯?それとも秘められた動機が?すべての推理が重なり合う時、驚愕の真実が現れる・・・


複数の殺人現場に、クリスマスの青い電飾が残されていた。
連続殺人なのか?

ただ被害者同士には何のつながりも見つけられない。
青い電飾に秘められた狙いは?

青い電飾、灯っていれば綺麗だが、そこにあるだけでは何の輝きもない。
伏線は張ってあるが、表面だけで非常に浅い。
そんな一冊である。

好きな作家の柴田さんがなんで?

と思ったが、どうやら素人の本を基本にしたミステリーだった。
そう思えば納得もできるが、殺人方法がいかにも古すぎる手法に感じた。

ブルーライト・タウン、という煌びやかさはなかった、、、残念な、ポチッショック

元夫との関係はどうなるんだろうか?
そこの一点だけが気になる。


JUGEMテーマ:読書


 
18:04  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【ハング】(誉田哲也)を読了!

吊るし屋・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか・・・


警視庁捜査一課の堀田班にいた植草巡査部長が首吊り自殺をした。
原因は不明。
元堀田班は植草の自殺に納得いかず、それぞれが隠密に行動するも・・・

何とも言えぬ、後味の悪さかな。
世の中の問題は誰かがシナリオを描いているといわれるが、そんな動機で?
権力には歯向かってはいけないね。
素直に流されることが平和なのかもしれない。

なんだかなー!、、、虚無感の、ポチッショック
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと


JUGEMテーマ:読書



 
18:04  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【室町無頼】(垣根涼介)を読了!


腐りきった世を変えてやる。前代未聞のたくらみを一本の六尺棒で・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
応仁の乱前夜、富める者の勝手し放題でかつてなく飢える者に溢れ返った京の都。ならず者の頭目ながら骨皮道賢は権力側に食い込んで市中警護役を任され、浮浪の徒・蓮田兵衛は、ひとり生き残った用心棒を兵法者に仕立てようとし、近江の古老に預けた。兵衛は飢民を糾合し、日本史に悪名を刻む企てを画策していた・・・


史実なんですってねぇ。

といっても室町時代、歴史観としてはあまり思い浮かぶものがありませんが、戦国時代前夜、京都を中心としていったい世の中はどうなっていたのか興味があり一読。

権力集中、格差社会とどこか現代に通じるものがありますが、歴史的にはその時に常に変革、そして革命が起きてる。
そんな室町時代末期・・・

浮浪の徒・蓮田兵衛の人柄、そして深謀遠慮には惹かれます。
しかも情報戦が見事!
もっとも今のようにスピードがあるわけではありませんが、それを時をかけてじっと待つ。

銭よりも動くもの・・・
人の口の端、、、噂話。

今でいうとツイッターとかになるんでしょうかねぇ。
人を動かす力、それは今誰にでも持てる平等な力である。
もっとも、ただつぶやいているだけでは世の中は動くはずもなく、やはり行動が大事。

有言実行、リーダーとはかくあるべき!

そんな一冊である。

今こそ、リーダーシップが問われる時代で、、、ポチッショック
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと
 

JUGEMテーマ:読書




 
評価:
垣根 涼介
新潮社
¥ 1,836
(2016-08-22)

18:05  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) :