【リーチ先生】(原田マハ)を読了!

今の時代、リーチといえばリーチマイケル?
ただ明治42年にさかのぼれば・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
西洋と東洋の芸術を融合し、新しい陶芸の世界を切り拓いたイギリス人陶芸家バーナード・リーチ。日本を愛し日本に愛されたその半生を二代にわたり弟子となった名も無き父子の視点から描く・・・


また美術系かー!

と、多少がっかり感はあります。

原田マハさんは「まぐだら屋のマリア」や「旅屋おかえり」で好きになり、「本日は、お日柄もよく」は何十冊も周りにプレゼントした一押しだった作家さん。
ただ最近は美術系が多く、あまり手に取ることはありませんでした。

でも久々に読み始めると、読みやすさもあってぐいぐい引っ張られていく。
何しろ登場人物がそれぞれ有名な方ばかり。
そんなイギリス人陶芸家、バーナード・リーチに興味を持っていろいろ探ってみれば、すごい方だったんですね。

リーチ氏が初めて日本を訪れ、お世話係兼弟子になったのが沖亀乃介。
その亀乃介の目を通して、明治時代に起った白樺派や民藝運動のことを盛り込みながら話は進む。

それが時を経て昭和二十九年、リーチは再び日本を訪ねる。
その時に出会ったのが亀乃介の息子、高市。
陶工見習いであった高市はリーチから若き頃の父の話を聞き、父の道を進みそして陶芸家になっていく。

ちょっと物語を繋いでいる感はありますが、美術史を触る程度にはちょうどよいのではないでしょうか。

ドラマ化してほしいかな!、、、と、ポチッイヒヒ
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと


JUGEMテーマ:読書


 
18:16  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【後悔と真実の色】(貫井徳郎)を読了!

結果論からすれば・・・
警視庁捜査一課のエース、西條を陥れる伏線がいっぱいありましたねぇ。

えっ、まさかあいつが?

そんな結果、それは西條とって極めて悲しい結果なのだけれど、西條の優秀さがさらに認められた瞬間でもある・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
あの強固な呪縛から、いつか解き放たれたかった。若い女性を襲い、死体から人指し指を切り取る連続殺人魔「指蒐集家」が社会を震撼させている。警察は、ネットでの殺人予告、殺害の実況中継など犯人の不気味なパフォーマンスに翻弄され、足がかりさえ見えない。その状況下、捜査一課のエース、西條輝司はある出来事を機に窮地に立たされていた―。これは罠なのか?被害者たちにつながりはあるのか?犯人の狙いは何か?・・・​

 
インターネット時代、犯罪はどんどん複雑化、残酷化されているような気がする。
殺人事件のほとんどは怨恨だとは思うが、何の関わりもない人が事件にあって命を落とすこともある。
そこには殺人願望があったり、他人に注目されるという歪んだ、場合によっては自己満足的な要素も含まれる。

そんな犯人に的にされた西條は・・・

もちろん、あれ?という場面もありました。
犯行予告を公表する前に犯人をあおって場所を絞るとか、なぜ西條の写真が綿引に渡ったのかとか、素朴な疑問もありました。

でもまさか、あいつびっくり

いかんともしがたい寂しさに、、、ポチッショック
 

警視庁を辞め、離婚はもちろんのこと恋人を亡くした西條の今後が気になる。


JUGEMテーマ:読書



 
18:05  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【罪の声】(塩田武士)を読了!

グリコ・森永事件をフィクションで推理する!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった・・・

 
キツネ目の男。

確かに記憶はありますが、グリコ・森永事件は遠い昔。
いっぱい足跡は残っていたのに、結局犯人は見つからず。
いったい何の目的で、誰が事件を引き起こしたのか、その犯人そして家族はどうしているのか?

父の遺品からカセットテープが見つかった。
それを再生してみると、幼い自分の声が残されていた。
そしてその声は一連の事件の恐喝に使われていたもの!?

そこから事件の真相を知ろうと細い糸をたぐっていく。
はたして父は事件に関わっていたのか。
もし関わっていたとしたら、残された家族はどう対処したらいいのか。

細い糸から叔父の繋がりが見えてくる・・・

臨場感があります。
鬼気迫るものがあります。
そして壊れてしまった一家族の慟哭が聞こえてきます。

切なさの中に愛も感じられる一冊。
でも真実やいかに?、、、興味の、ポチッショック
 

テープに隠された真実とは?


JUGEMテーマ:読書


 
評価:
塩田 武士
講談社
¥ 1,782
(2016-08-03)

18:05  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン】(小路幸也)を読了!

いつものサチさんの前口上がないと思ったら、まだ生前のお話だったんですねぇ。
我南人と亡き妻・秋実との出会い・・・
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
東京バンドワゴン第12弾!
70年代の東京を舞台に我南人(がなと)と亡き妻・秋実の知られざる出会いが明らかに・・・
 
見慣れない方々の朝の食卓を囲む姿が新鮮ですねぇ。
騒々しさは今も昔も変わっていませんけど。

それにしても衝撃的な出会いでした。
強面の方々に追いかけられている秋実さん、いや当時は高校生でしたから秋実ちゃんでしょうか。
そこに通りかかった我南人を含むロックバンドのLOVE TIMERの面々。
ケガをしていた秋実ちゃんを実家の古本屋「東京バンドワゴン」に連れて行って・・・

秋実ちゃんの生い立ち。
LOVE TIMERの成り立ち。
我南人と秋実ちゃんの共通の「友」。

まぁ偶然過ぎますが!と、本にも書いていますが、まるで神様が仕組んだ必然!?

勘一さんとサチさんの出会いもそうですけど、堀田家はかなり騒々しい出会いなんですねぇ。

さてさて、秋実ちゃんのことである。
なぜチンピラに追いかけられていたのか?
そこには友人思いで、責任感の強い秋実ちゃんがいるわけで、それが芸能界にも絡んでいるわけで、当然我南人が一肌脱ぐわけで・・・

やっぱりLOVEだねぇ!って八方丸く収まって、、、ポチッ拍手


秋実さんにはまた出てきて欲しいものです。

 

JUGEMテーマ:読書
 

 

18:10  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【迷子の王様 君たちに明日はない5】(垣根涼介)を読了!

変わりゆく時代を見据え、働くこと=生きることの意義を探す​!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
「会社を辞めて、これからどうするつもりなんですか?」リストラ面接官の村上真介が今回対峙するのは――鼻っ柱の強い美容部員、台湾に身売りした家電メーカーのエース研究員、ペースを狂わせる不思議ちゃん書店員。そして最後にクビを切られるのは、なんと真介自身!?

 
時代のうつろいは、ついにリストラ面接官にも・・・

企業からリストラ業務を請け負う会社の面接官・村上真介だが、自分の会社が廃業することで、自らもリストラに?

そういえばあれだけ騒がれた「リストラ」という言葉が、最近ではニュースになっていないですね。
大手の大量解雇というのがひと段落ついたからでしょうか。

そうなると当然、専門業務はなくなるわけで、ジリ貧の前に会社をたたむ。
潔い決断ではあるが、リストラをする側の真介がリストラに合って、次に何をするのか?

過去を振り返り、リストラした人がいまどうしているのかを問う。

もちろん大変な思いをしている人の方が多いだろうが、我が道を行く!人もたくさんいるわけで、あらためて感じるのは自分に何ができるのか、自分は何をやりたかったのか、そのために何をしていたのかが問われる時代になったんだということ。

日々、命令された仕事を淡々とこなし、給料は貰うもの!と思って働いている人は生きにくくなった世の中なんだなぁと。
でもそれはリストラに合わなくても、定年になっても同じことがいえるかもしれない。

先日、息子と話す機会があったが、時代の流れというか働き方の違いをまざまざと知らされた。
本書にも書かれているが「おれは、おれの時代しか生きられないさ」。
その時々で必要とされるものが違う。
そこにビジネスチャンスがあり、人の雇用も生まれる。
時代の先取りとは言わないが、常に情報には敏感であるべきなんだろう。
個の時代・・・

自分を磨け!、、、そんな思いで、ポチッショック
 

人間、その立場、地位にとどまっていてはいけないんだなぁと、60歳前にして思う。
部下も経験を積んできて、ほとんどオレの位置に並ぶまでになった。
その時に部下が思うのは、次に何を目指すのか?
もしオレがそのまま進化が無ければ、目標を失ったりもする。
その先にあるもの・・・
「その」方向性だけでも示さなければならないのかもしれない。

 

JUGEMテーマ:読書

18:16  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【残業税】(小前亮)を読了!

あなたの残業に税金かけます!

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
残業をすればするほど取られる税金が増える「時間外労働税」が導入された。残業時間は劇的に減って、社会のありようは変わりつつあった。だが、もっと働かせたい企業も残業したい労働者も多く、サービス残業という「脱税」は絶えないのだが・・・


生き方改革!働き方改革!なるものが、政治に取り上げられていますが、旬なんでしょうねぇ。

まぁ残業はなければない方がいいとは思いますが、リゲインを飲みながら「24時間戦えますか?」と遮二無二突っ走っていた世代としては・・・

でも、働き手がいなくなったら会社はなりたたないわけで、働きやすい環境を造るのもまた会社。
そう考えれば、当然ながら時代に合わせていかざるを得ない。

もっとも、そう考えるのも時代であれば、働きたい!稼ぎたい!と考える人が多くなるのも時代。
成長が止まっているような今の日本ではあまり考えにくいですが。

少なくとも、命令されたからいやいや残業をする!ことだけはしたくありませんけどね。

それぞれの生き方に万歳!、、、の、、、、ポチッ拍手
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと

 

JUGEMテーマ:読書

 

 

18:10  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【望み】(雫井脩介)を読了!

家族の「望み」とは何か!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
建築家の石川一登は、妻と思春期の兄妹の家族四人で平凡な暮らしを営んでいた。ある日、高校生の息子・規士の友人が殺された。事件後も帰宅しない息子の潔白を信じたいが・・・


久々に痛みを感じる一冊!

高校生の殺人事件が起きた。
関係者は当人も含め4人。
その内3人は行方不明。
2人は逃亡しているが、残り1人は?

行方不明の1人、規士の家族の苦悩を通して描く加害者、被害者像。

行方不明ということで「生」に望みを託す母。
行方不明にすでに「死」を覚悟する父。
そして事件に関係している家族ということで、自分の将来を心配する妹。

生=加害者
死=被害者

加害者であっても生きていて欲しいと願う母。
被害者であれば社会的制裁を逃れると思う父。
お互い息子を思う気持ちはありつつも、それぞれの思いが交錯し、現実をどう受け止めようかと翻弄する。

そして・・・

家族を思いやる気持ちは見方によって違ってくる。
個人を守ることと、家族を守ることでも違ってくる。
正しい答えはない。

事件が起きないことを願うばかり!、、、で、ポチッショック
 

子どもの友達つながりがまるでわからない親。
けっしてこの家族ばかりではない。
小学校までは近所付き合いも含め、友達を把握もしていたが、中学校からはほとんど知らないに等しい。
そして携帯、スマホを持つようになってからは、直接友達の名前を聞くこともなくなった。
そんな中で、親ができること・・・


JUGEMテーマ:読書


 
評価:
---
---
---
()

18:42  Posted by juzji
読書 : comments(4) : trackbacks(0) : 

【イサの氾濫】(木村友祐)を読了!

血が騒ぎ、肉踊り、細胞興奮逆流し、泣ぎながらオラは立ぢ上がって叫んだ・・・
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
40代になりいよいよ東京での生活に行き詰まりを感じていた将司は、近ごろ頻繁に夢に出てくるようになった叔父の勇雄(イサ)について調べるため、地元八戸にむかった。どこにも居場所のなかった「荒くれ者」イサの孤独と悔しさに自身を重ね、さらに震災後の東北の悔しさをも身に乗り移らせた彼は、ついにイサとなって怒りを爆発させるのだった・・・


上々颱風の白崎映美さんが「暴れるんだ!イサど。」と、東北にパワーを吹き込んでいる東北6県ろ~るショー
お勧めの一冊ということで読んでみました。

イサ・・・
そういえば、うちの大ばあさんもイサだったけどなひやひや

東日本大震災後、震災地の人々はどういう思いだったのか。
何を望んでいたのか。
でもそれは、震災というキッカケがあっただけで、もっと奥深くにくすぶっている東北魂とは!?

東北人のイメージは、無言の民。
蝦夷征伐で負け、戊辰戦争でも負け、日本国の表に出ていけない東北人。
そんなイメージを払拭させるような「荒くれ者」のイサを通して、伝えたいもの。

まぁ、そんなところだろうか。
でもそれが反乱ではなく、なぜ氾濫なのか。

津軽に生まれた私も、幼い頃から父に蝦夷の勇猛さを聞いたものだ。
阿弖流為(あてるい)を書いた高橋 克彦氏の「火怨」や、奥州を独立国にしようと奮闘する「風の陣」などに心躍らせた。
そして、奥州藤原氏と安東一族の十三湊に少し光をあててくれた北方謙三氏の「楊令伝」から続く「岳飛伝」は単に嬉しかった。

でも、この一冊から感じたことは「呪縛」という二文字。
何かすごく大きな勘違いしているようにしか思えなかった。

だいたいにおいて蝦夷っていつの時代よ。
そういう荒ぶる気持ち、納得させる気持ちはわからなくもないが、何かが違う。
蝦夷の血が脈々と引き継がれているわけでもなく、中央に搾取されるほどのモノがあるわけでもなく。
原発を押し付けられている!という意見もあるが、それは東北だけじゃない。

中央に対する「負」のイメージだったら、韓国が反日と騒いでいるのと何ら変わらないのではないか?
いつになったら負い目を払拭できるのだろうか?

まぁそのためには、もっと自分の意見を言わなければならない、胸の内を吐き出さなければならないのだろう。

だから・・・

思いは、叫べ!さがべー!!!、、、と、ポチッパンチ
 

地域愛、誰もが持つ郷愁。
#東北でよかった
 

JUGEMテーマ:読書


 
評価:
木村 友祐
未来社
¥ 1,944
(2016-03-07)

19:10  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【猿の見る夢】(桐野夏生)を読了!

これまでで一番愛おしい男・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
薄井正明、59歳。元大手銀行勤務で、出向先ではプチ・エリート生活を謳歌している。近く都内に二世帯住宅を建築予定で、十年来の愛人・美優樹との関係も良好。一方、最近は会長秘書の朝川真奈のことが気になって仕方ない。目下の悩みは社内での生き残りだが、そんな時、会長から社長のセクハラ問題を相談される。どちらにつくか、ここが人生の分かれ道―。帰宅した薄井を待っていたのは、妻が呼び寄せたという謎の占い師・長峰。この女が指し示すのは栄達の道か、それとも破滅の一歩か・・・

 
なんだ、このタイトル!?
一番愛おしい男!?

へっ!ただ自分の都合のいいようにしか考えない男の話じゃないか。

なんとなく、いや!かなり共感できる自分がいる。

家族があって、長年付き合っている彼女がいて、実家は土地があり、仕事は上場企業の取締役。

あっ、あくまで主人公であって、私じゃありませんけどね冷や汗

59歳という微妙なお年頃をポイントにしている桐野さんはさすがです。
安定した老後をすごせるかどうかの瀬戸際。
不倫にしても、自分の時間が自由にならなければできないこと。
もちろん、自由になるお金も必要になる。
しかし老後を考えると、長男家族との同居なんかも考える、揺れに揺れるお年頃。

が、しかし・・・

そんなに都合良く事が運ぶわけはなく、一気に問題が噴出!

さてさて、薄井正明59歳は何を思う!?

男って、本当に馬鹿だねぇと、、、我思う!の、ポチッショック
 

男と女。
嫁と姑。
本妻と愛人。

おかげさまで現在フリーの我が身です。
いいのか、わるいのか・・・


JUGEMテーマ:読書


 
評価:
桐野 夏生
講談社
¥ 1,836
(2016-08-09)

18:14  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【恋のゴンドラ】(東野圭吾)を読了!

この恋の行方は、天国か地獄か!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
真冬に集う男女8人の運命は?


結婚話が出ている彼女に内緒で、別の女性とスキー場に行った。
二人でゴンドラに乗り込み、さぁスキーを楽しもう!と思ったその時、彼女の声が聞こえる。

まさか・・・

いやぁ、緊迫した密室事件?でした。
しかも彼女と連れの女性は高校時代の同級生!

ドラマすぎー。

まぁいろいろ紆余曲折、諸問題はあったもののそれぞれ幸せになって、過去を笑えるようになってきたのかなぁと思ったら、最後にそうきましたか。
東野さんのシャレが効いてますね

人の出会いは常にミステリーで、、、ポチッびっくり
 

いつの世も、口の軽い男にはしっぺ返し。
気をつけなければ・・・


JUGEMテーマ:読書



 
評価:
東野 圭吾
実業之日本社
¥ 1,000
(2016-11-01)

18:28  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(0) :