【復路も飲みだオレ】 逃北飲みだオレの旅2017冬

国際都市成田はすでに桜も散り、巷では弘前のお花見をどうするか?という話題に変わってきていますが・・・

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

2月25、26日の逃北飲みだオレの旅は、ようやく帰りの新幹線でのこと。

青森遠征に一泊二日だともったいない?という方もおられるだろうが、中身が充実している分、これ以上の連泊は身体にいいとは思えない飲みだオレの旅。

もちろんギリギリまで飲んで帰るのである。
新青森駅の鯵ヶ沢弁当コーナーで買ったおつまみセット。

アワビに、ホタテに、、、なんて豪華な惣菜なんだろうか。
八戸酒造の「特別純米 八仙」をコップに注ぎながらゆっくりと味わう。

いつもと変わらぬ優しい味。
飲みやすいから、すぐに無くなってしまう欠点が少々たらーっ

ここではあえてご飯類は買わずに、ちょっと大きめの十和田バラ焼おにぎりサンドを用意しました。

地元でしか買えないおにぎりを、桃川の「りんごに恋したお酒」と共に!

このお酒がまたさっぱりしていてうまいんだなぁラッキー

そんなこんなの逃北飲みだオレの旅、2日間ずっと飲みっぱなしで過ごさせていただきました。
お付き合いいただいた皆様、まっこと感謝!、、、の、ポチッ拍手
 

次回はGW、「ほのBuono!桜の弘前」でお会いしましょう!

See you へばだばなーパー


JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:26  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(1) : 

【金子ファームにやってきた】 逃北飲みだオレの旅番外編

2月25日の「あおもりバル街」を一通り巡って、青森の夜が明けて・・・

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

寝不足の目をこすりながら翌朝向かったのは、青森県七戸町の金子ファーム

そういえば、前日に話を聞いた気がする。
「明日、美味しいジェラート食べに行きませんか?」

こんな真冬にジェラート?
国際都市成田からの旅人としては、場所も何もまったく知らなかったのだが、連れてってくれるということで便乗させていただいた。

青森市から車で約2時間車
広々〜とした園地にやってきた。

カメラを構えていると人懐っこいポニーが近寄ってくる。

どアップで写真を撮ろうと思ったが、そっぽを向かれた。
餌をくれない客は、ただの人・・・
愛想の一つもないたらーっ

カラフルなトラクターがかっこいい!

雪が融けたら、きっと子供の歓声が聞こえるのかもしれない。

観光客としてはただただ寒いだけだったが。

開放感あふれる野々山々に、、、ポチッ拍手
 

睡眠不足の中、某運転手様にご苦労をおかけしました。
この場を借りて謝々楽しい


JUGEMテーマ:日記・一般


 
08:45  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【月光】 南房総で春を探し隊2017

2月4日南房総で春を探し隊は、抱湖園の元朝桜を観た後、3時間半かけて花嫁街道を走破
そして、JR和田浦駅までの2.5kmに残された時間は30分弱。
しびれた足を引きずりながら、とにかく前へと歩を進める。

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

JR和田浦駅、16時31分発館山行き。

17時前に館山に着くこの電車に乗れば、北条海岸で夕日に照らし出される富士山を眺めながら黄昏るはず!?
そんな思いを胸に駅への曲がり角、最終コーナーに差し掛かった時に汽笛がなった。
ここでダッシュすれば間に合う、、、はずジョギング

上半身は前のめりになれども、下半身がついていけずショック

ふと空を見上げれば、シュロの葉陰から月灯り。

夕暮れの中、走りくる電車は反対方向の安房鴨川行き。

1時間に1本の電車を駅のベンチで待つ。
渇いた喉を潤し、汗で湿った服を乾かし、スマホを充電する。
合間にFacebookやらTwitter、Instagramをやりとりしていると、あっという間に時間は過ぎる。

そして菜の花咲くホームに走りこむ電車。

どこか遠くに旅している気分に浸れる。

南房総で春を探し隊、長い一日の終わりに、、、ポチッ拍手
 

そういえば、この大人の遠足ではまだアルコールを一滴も飲んでいなかった。
ということを思い出して、、、館山駅下車に続く!


JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


 
09:08  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【人間失格・・・】 逃北飲みだオレの旅番外編

人間失格って・・・
もはやオレは人間じゃないのか!?

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

そう、今や私はただの車両である。

それは昨年12月3日のことである。
新幹線とバスを乗り継いで、たどり着いたのが津軽鉄道中里駅。

何といってもこの時期ならではの、ストーブ列車に乗るためだったのだが・・・

いつもと雰囲気が違う。

車内を巡ってみれば、アニメ見る

文豪ストレイドッグス」というアニメとのコラボだったらしい。

人間失格号、きっと乗客はそれぞれの思いを胸に秘めて乗り込むのかもしれない。
そのわりに奇声があがってもいたが・・・

我思う、今しばらく真っ当な人間でありたい!、、、と、ポチッショック
 
↑↑↑↑↑
押していただけると、ネタ探しのはげみになります


JUGEMテーマ:旅行


 
07:56  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【リゾートしらかみ、千畳敷で途中休憩】 逃北飲みだオレの旅

五能線リゾートしらかみの旅、五所川原駅を出発して日本海を眺めながら1時間弱・・・

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

次は千畳敷〜、ここで時間調整のため約15分停車します!というアナウンス。

続いて、出発はお知らせしますので下車して景色を堪能ください!とも。

確かに駅を出ると、そこはすぐに岩場の千畳敷。

何度となく来ている千畳敷だが、いつもの車ではなく、こうしてリゾートしらかみの車両から降りてみると、ちょっとセレブ!?

もちろん旅人はお土産を買い求めに、駅前の「望洋館」へ入るのも忘れない。

少しの時間だが、外に出て日本海の雰囲気に触れるのは気持ちいものである。

大きく背伸びをして、、、ポチッショック
 

そういえば、秋田からの出発便は東能代で休憩をとっていた記憶。
駅舎でバスケットができるようになっていた。


JUGEMテーマ:旅行


 
07:45  Posted by juzji
 : comments(4) : trackbacks(0) : 

【リゾートしらかみでGO!】 逃北飲みだオレの旅

津軽は地吹雪のシーズンになってきたようですが・・・

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

旅に出ていた12月4日はホテルの窓から岩木山が望める、とても良い天気でございました。

根雪になる前の五所川原駅前である。

前日、還暦前の桃色ちゃんちゃんこ会に参加した後、2、3軒回ってホテルに戻ったのは日付が変わってから。
ホテル滞在時間が短いのはいつものことであるが、五所川原駅を9時31分発の五能線「リゾートしらかみの旅」。

​新型の「ブナ」に乗りたかったけど「くまげら」。
会に参加すると決まってからすぐに指定券を用意したのだ。

もちろん海岸線を望める窓側である。
秋田まで約4時間、車内販売でホットコーヒーを頼み、一冊の本を片手にたまにはノンビリと秋田周りで帰るのもいいじゃないか。

天気は快晴、絶好のリゾート日和だ。

車内では津軽三味線の演奏もあったりして飽きない趣向である。

そうこうしている間に、日本海が見えてきた。

青い空に碧い海、気分は上々で、、、ポチッ楽しい
 

五能線リゾートしらかみの旅、前編として少しだけ海岸線の絶景を!

どうやら千畳敷駅が近づいてきたらしい。

ここでは15分停車ということで、少し外の空気でも触れてみようか・・・


JUGEMテーマ:旅行


 
07:29  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【ストーブ列車に揺られながら・・・】 逃北飲みだオレの旅

逃北飲みだオレの旅、東北新幹線でのランチはちょっと奮発して優雅なひと時・・・

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

奥津軽いまべつ駅で下車し、そこからはバスに揺られて約1時間、津軽鉄道津軽中里駅へ車

きっとこのコースをたどる旅人はあまりいないだろうなぁ。
でも山越えは渋滞もないし、以外に便利である。

駅で待っていたのは、この季節ならではのストーブ列車

一歩足を踏み入れると、とても香ばしい匂いがする。

アテンダントさんが車内販売しながら、だるまストーブでスルメを焼いてくれるのだ。

ボクはその匂いを嗅ぎながら、斎藤酒造店の「津軽鉄道 ストーブ酒」をチビチビといただく。ツマミはなぜか「ストーブ列車石炭クッキー」だ。

津軽五所川原までの約1時間、津軽弁で語るアテンダントさんの説明がまた何とも味がある。
優しさと温かみを感じるのだ。
もっとも途中で質問を挟むのが難点である、「今、何て言ったかわかりますか?」

ここで津軽弁をわかるそぶりを見せたらKYと烙印を押されてしまう気がする。
何しろボクは国際都市成田から”わざわざ”電車を乗り継いでやってきた、旅人だからひやひや

ストーブの温かさと、心のぬくもりに、、、ポチッラッキー
 

なぜ酒のツマミがスルメじゃないのかって?

実はボクは学習してたんだねぇ、今年の旧正月
とてもじゃないが、一人で食べきれる量じゃないってことをがく〜

あっ、車窓から岩木山・・・


JUGEMテーマ:旅行


 
07:55  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(1) : 

【煌びやかな京都の夜】 関西出張番外編

京都に降りるたびについついカメラに収めたくなるのが・・・

一日一回のポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

京都駅前にそそりたつ、この春初めて上りましたけど、おなじみ京都タワー。

この時期、何度か来てますから特別な思いはありませんが、季節ものですし―!

高さ22mの巨大クリスマスツリーは、今年も健在。

そして階段のイルミネーションには天使の姿も。

煌びやかですねぇ。
楽しいですねぇ。

ワクワクと心躍る一瞬に、、、ポチッ
 

そんな煌びやかな世界をチラッと眺めた後に祇園の小路をぶらつく、立派な大人男子ご一名様。

ハードボイルド(仮)的オレには、ひなびた路地裏が良く似合う。
こうして京都の夜は深まりゆく・・・
 
19:00  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【海遊館に行ってみた】 関西出張番外編

関西出張があって、たまたま京都で飲み会があって、その翌日土曜日のことである。
その日は朝から雨模様につき、京都の紅葉はあっさりと断念。
ここ数年連続で京都紅葉を楽しんでいたので、ある意味贅沢な選択肢ではあるが・・・

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

アウトドアがだめならインドア!ということで、大阪まで足を延ばして、世界最大級の水族館「海遊館」へ。

京都にも水族館はあるが以前行っているし、ジンベイザメを見てみたいし・・・

去年の鶴岡市立加茂水族館もそうですが、水族館ってワクワク感がたっぷり!

ピラルクがでかい。

まるで自分だけで1億年以上も生きていたようなふてぶてしさです。

ペンギンは愛嬌があって、やはり可愛い。

マンボウは、この体形で泳げるのがいつも不思議。

とまぁそんなことを思いながら、それぞれのゾーンを見て歩いたわけですが、やはりジンベイザメはすごかった。あんなでかいのが悠々と泳いでいるさまを間近に見れる海遊館・・・

一見の価値あり!で、、、ポチッ
 

なおジンベイザメのネタは現在取りまとめ中に着き、近々公開とさせていただきます。


JUGEMテーマ:旅行


 
07:41  Posted by juzji
 : comments(2) : trackbacks(0) : 

【逃北飲みだオレの旅】 in 大人の休日倶楽部パス

先週末、オレはJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を利用して東北に旅立った。

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

​一杯のコーヒーと、一冊の本「財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済」(上念司)と共に。
​そう、世の中の仕組みを見つめなおす時間が、車中たっぷりあるからだ。

​12月3日(土)、快晴の旅日和の中いつもどおりに成田駅を出発する。

東京駅で東北新幹線に乗り換え、北海道新幹線、そしてバスを乗り継ぎ津軽鉄道を挟んで、リゾートしらかみからの秋田新幹線、こだわりという趣味はないが、いわゆる乗り鉄ってヤツだ。

実は奥津軽いまべつ駅からバスで中里まで行き、津軽鉄道へと続く旅をしてみたかったというのもある。

するとタイミングよく・・・
それは10月のことだった。
普段、表立った交流はないのだが、高校時代の同窓からメールがあった。
「12月に集まりが有ります。還暦前の桃色ちゃんちゃんこ会だそうです。一応連絡まで。」

一応!というところに、彼の優しさがある。
12月という時期で、無理強いをしてないのだ。
確かに、同窓会があったら教えてくれ!とは連絡しておいたが、それを覚えていてくれたとは。
ありがたい限りである。

ただ、それ以外はまったく何の予定もないから、以前から企画していた旅をすることにした。

奥津軽いまべつ駅、北海道新幹線が開通する前は行ったことがあるが、開通してからは立ち寄ったことがない。
しかも津軽鉄道と連携しているとなれば、一度は津軽半島横断をしてみようかと。

ここで注意である。
オレは大人の休日倶楽部パス東日本で津軽今別駅まで行けると思ったのだが、なんと奥津軽いまべつ駅そのものは北海道新幹線の管轄になるのだそうだ。
だから、新青森駅から奥津軽いまべつ駅までは別料金。
まぁそれはそれで決まり事だからしかたないが、青森県内なのに・・・

ともかく奥津軽いまべつ駅に降り立った。
これから津軽海峡の底を走り抜けていく北海道新幹線を見送りながら、オレはダッシュしていた。

なにしろバスの乗り継ぎ時間がそれぞれ10〜15分と、観光客にはあまり優しくない。

トイレに行きたいし、タバコも吸いたいし、もちろんお土産とか、津軽そばとか・・・
そして定刻通り津軽中里駅に到着。
待っていたのは、この時期ならではのストーブ列車だった。

まぁこのあたりの詳細は、あらためて紹介するとしよう。
その夜、五所川原での用事をすませ、翌朝は秋田周りでリゾートしらかみだ。

景色が素晴らしく、本を読むどころか、ゆっくりと眠る時間もなかった。

一泊二日、まだまだ旅の余韻で、、、ポチッ
 

ちょっと大人な一人旅、腰が痛くなったのはいうまでもない。
なお、旅ネタは年内には終わらせたいと思っているのであしからず。
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:32  Posted by juzji
 : comments(4) : trackbacks(0) :