【尻屋埼は分厚い雲に覆われて・・・】 ぐるりんしもきたの旅

10月7日15時、大湊駅で再会したボクらは一路本州最北端へ!
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

車で移動すること1時間、重そうな分厚い雲に覆われた、ここは下北半島・尻屋崎。

岬の先には真っ白な灯台がそびえたつ。

ここであらためて位置関係を確認しておこう。

緑の矢印が鉄路の最終地点である。そして赤い矢印がこの地。
まさに本州最北の突端である。

そんな場所で航行船舶の安全を担っているのが「尻屋崎灯台」だ。

きっと青空だったらこの真っ白な灯台もさぞや綺麗に映えるのだろうが、この日は曇天。
ただ周りに何もなく、荒涼とした草原と、切り立つ岩肌が続くこの場所には、グレーの景色もまた良し。

海の向こうにははっきりと北海道の大地も見える。

岩の突端に何やらこんもりとした場所がある。

灯台に向かって手を合わせている地蔵だ。

きっと灯台に向かっての安全祈願なんであろう。
竜飛崎」や「犬吠埼」もそうだが、たいがいの灯台の周りには土産物屋やら飲食店が並ぶものだが、ここには本当に何もない。
あるのは海鳴りと、吹きすさぶ風の音、そして寒立馬・・・

尻屋崎ってのは物悲しさと逞しさが同居しているような町だね。、、、と、太宰風に、ポチッひやひや

尻屋埼は全体が公園になっていてゲートは17時前に締まります。
また12月〜3月は閉鎖されているようなので、これから行こうと思っている方はご注意を!
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:44  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【下北ストーリーは大湊線にゆられて】 ぐるりんしもきたの旅

いかにも!というタイトルの由来は、この旅シリーズでおいおい解明されるとして、10月7日東北新幹線に乗り込んで八戸駅で乗り換えたのは・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

のって楽しい「リゾートあすなろ 下北」。

下北半島の旅は7年ぶり、2回目である。
青森に生れながら、なかなか出かけることがなかった。
何しろ津軽と下北は遠すぎる。
でも国際都市成田からなら素直に出掛けられる。
だってボクは、旅人だからチョキ

ボクはさっそく弁当を広げる。

新幹線の中では「パンダまん」を頂いたので、ちょっと軽めの「海鮮小わっぱ」。
うに、いくら、カニ、あわび、小さい器にギッシリと!お得です。

旅に出るとどうしても食べ過ぎてしまうのは、いたしかたあるまい。
だって食べたい物がたくさんあるんですもの・・・

下北の旅での懸念は「足」。
半島の先まで鉄道は繋がっていない。
レンタカーでは大人の遠足の楽しみがない。
かと言って、他人をあてにはできない。
小さな頃から、他人に世話になるな、迷惑をかけるな!と厳しく躾けられてきた奥ゆかしい立派な大人なのだから。

するとひらめき

下北のホームページをみていたら、なんとバスの旅「ぐるりんしもきた号」があるではないか。
ボクは小躍りしたね。
これを利用すれば、念願の下北一周ができるとグッド

その喜びをFBにあげたら・・・

むつ市のFB仲間が「日曜ならドライブしますよ。なんだったら、土曜の午後からでも?」

他人に迷惑はかけられないが、申し出を断るのも大人げないわけで・・・

お言葉に甘えて、、、ポチッイヒヒ

リゾートあすなろ、ゆとりある席でのんびりと旅をする。

車窓からの景色は「リゾートしらかみ」には及ばないが、とても快適な旅である。

そしてあっという間の1時間半、終着大湊駅である。
この先にレールは無い。
そんな端っこの駅で、7年ぶりの再会である。
あらためてこの旅を振り返ると、たくさんの出会いがあった下北濃い物語はこの再会から始まるのだった。
さぁ旅に出ようぜ、出発進行!!!
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:53  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【下北への道】 ぐるりんしもきたの旅

下北・・・
青森県には大きな半島が2つある。
津軽半島と下北半島、下北沢ではない。
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

10月7日、ボクはカメラと一冊の本を片手に、もう一方の手にはリュックをぶら下げて旅に出た。
まぁ、いたって普通の旅人なわけだが。

東北新幹線で八戸まで行き、青い森鉄道〜大湊線とつながっていく旅。
朝8時に国際都市成田の家を出て、終点大湊駅に着いたのは15時。
合計7時間の長旅である。

三連休ともあって、東京駅は人でごった返していた。

今回、長い旅路のお供は熊本ワインの「デラウェア」。

すっきりとした酸味が特徴だ。
そしてちょっと早いお昼は、過門香東京グランスタ店の「パンダまん」。

上野の子パンダ君も元気なようだし、肉まんとあんまんにかぶりついてやった。
きっと隣の若き女性には顰蹙をかったかもしれない。

なぜ今回、この地を選んだのかって?

実は旅と称した極秘プロジェクト、影ながらの選挙応援!?
我が故郷・青森県は選挙区が変わって、一区は陸奥湾を挟んで青森市とむつ市が一緒になってしまった。
一区の現職セキオ君は、私の高校時代の同級生でもある。
きっと慣れない地で苦労しているに違いない。
そこで私にできること・・・

まぁ選挙が決まったのは旅企画の後だし、特に何ができるわけでもないが、これもまたご縁と勝手に思って旅してました。
それとなく、本人の話題にも触れておく。

何にでも熱く、パワーをもって、突き進んでいく、面白いヤツ!

それにしても青森市とむつ市が同じ区分けなんて、昔じゃ考えられませんが、きっと陸奥湾を活性化しなさい!ってことでしょう。
それはそれで楽しみでもあります。

ぐるりんしもきたの旅は、ちょっとだけ政もからんでスタートの、、、ポチッ拍手
 

どうやら八戸に着いたようだ。

とにかくセキオ君には頑張って欲しいと願う。
そうすればオレもまた下北に行く勝手な理由ができるイヒヒ
 

JUGEMテーマ:日記・一般

07:25  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【天空気分で青森ワイナリーホテルの朝】 津軽盆ジュール2017

8月13日6時、カーテンを開けてみたらうっすらと靄がかかっていた。
天気予報では雨ということだったのであきらめていたのだが・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

青森の大自然に佇む天空のホテル「青森ワイナリーホテル」の、あっさ〜!である。

前夜は星空も見えず、旅の疲れもあって早めに就寝。
気になっていた朝の風景は見る

眼下に広がる一面の雲の流れ。
ホテルの方曰く、下って行った突端が一番いい景色ですよー!

ボクはサンダルをひっかけ、足早に降りていく。

ホテル付近に数人の年配の方がおられたが誰も降りてくる気配はない。
一人黙々と下っていく。

天空気分、まさにフワフワ浮いている感じがした。
まぁ浮ついた気分はいつものことだが。

良き景色でございました。
青森ワイナリーホテル様、奇跡をありがとう!、、、感謝の、ポチッ拍手
 

おかげで、皆と約束していた朝食時間に遅れてしまった。

朝からモリモリ!

オレとしてはイクラじゃなくて、筋子が欲しかったのだがたらーっ
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:27  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【明治の芝居小屋 康楽館】 津軽盆ジュール2017

8月12日、明治時代の凄さを目の当たりにした秋田県小坂町の「小坂鉱山事務所」を後にして・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

明治百年通りには幟がいっぱい。

自働電話のボックスがお洒落である。

ただし使えない。

明治の芝居小屋「康楽館」がある。

もちろん今でも芝居がかかっている。

その日は小坂町の成人式ということで、着飾った若人がたくさんいた。

さしあたって、浦安だったらディズニーランドということになるのだろうか。
館内の歴史や舞台装置などを案内していただいた。

普段、舞台裏などは観る機会がないのでとても興味深く拝見させていただいた。

そしてステージにも立たせてもらう。

歴史のツヤがあり、とてもよい舞台だと思う。
ワクワク感がたまらない。
今でも芝居の常設があるというのはすごいな。

小坂良いとこ、一度は、、、ポチッラッキー
 

時間がなく芝居を見ることはできなかったけど、きっといい体験ができると思う。
もう一度行ってみたい!
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:46  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【お洒落な小坂鉱山事務所】 津軽盆ジュール2017

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

ずいぶんモダンな構えの「小坂鉱山事務所」。

まだ東北自動車道が秋田と青森の県境で途切れていた時、一般道でこの小坂の山を越えたものだ。
道は狭く、山の上り下りがきつく、夜は真っ暗。
明るいうちに通った時には、崖から落ちるのではないか?とも思ったほどだ。

そんな小坂って町を初めてぶらついてみた。

陸の孤島的なこの場所に、おっしゃれだなー!

明治38年(1905)にはもう事務所があって、その後鉄道もひかれたとか。

日本ではじめてクリスマスをやったのもこの小坂なんだそうだ。

もう知らないことばかりである。
中庭から見る雰囲気なんて、どこかの高級リゾート風。

ここに今時のIT企業が入ったら、とても雰囲気がありそうな感じがするのだが。

あらためて明治時代ってすごいなぁ!と、、、驚きの、ポチッびっくり
 

山の中なのに芝居小屋もあったりして、全部ここで完結したんでしょうね。
電気も早くからついていたようだし、とにかく素晴らしい拍手
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:42  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【大鰐温泉にご到着】 津軽盆ジュール2017

8月12日、秋田県小坂町の観光ネタはもうしばらく続きそうなので、今回はその日のお宿・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング
15時、じゅずじ様御一行は大きなワニがいる青森県大鰐町にご到着。

以前この駅には山崎食堂の「大鰐もやしラーメン」を食べに降り立ったものだが、今回目指すのは山の上。

遠く阿闍羅山(あじゃらやま)にその姿がうっすらと浮かぶ。

本日の宿泊先、天空のホテル「青森ワイナリーホテル」である。

すでに青森の家を取り壊しているじゅずじ家としては、お盆には温泉一泊、五所川原の定宿二泊という取り決めになっている。
そこで毎年温泉はいろんなところを選ぶのだが、誰からもリクエストが無いので、結局は自分が選びだだす。

今回はここのホームページに見入ってしまった。

まぁそんな外の景色はさておき、広いお部屋で荷物をほどき、さっそく館内散策。

なんとこちらでは、ホテル内にワイナリーまで持っている。

酒好きにはたまらんです。
それでもって、ロビーにあるワンコインワインで飲み比べ。

500円で10種類のワインが楽しめる。
ほんの少しの量ですが、これが意外と酔える。

有料だけど、ウェルカムワイン的な、、、ポチッワイングラス

雲海も、星空も楽しみにしていたけど、その日は雨模様。
それがちと残念でもあったが、、、あきらめきれずに周辺散策!
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:42  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【清き七滝】 津軽盆ジュール2017

8月12日朝3時に出発したじゅずじ様御一行は直接青森県に入らず、東北道一歩手前の小坂ICから一般道へ車
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

11時半、小坂ICから車で10分の「道の駅 こさか七滝」向かいにある日本の滝100選の「七滝」へ。

実は小坂という町、東北自動車道をつなぐにも一番大変だった土地柄。
小坂鉱山が有名ではあるが、本当に道が険しい。
でもそんなところにも、そんなところだこその観光地。
はじめて立ち寄ってみました。

七福竜神橋を渡ると、すぐにその滝が見える。

ちょうど雨ということもあったが、水量豊かで豪快な水の流れ。

しぶきが飛んでくるほどの間近に接することができる。

もちろん水は冷たい。

マイナスイオンで運転の疲れを癒す。

七滝神社にはこの旅の無事を祈る。

十和田湖に抜けるというこの道は観光客で賑わっていました。

途中下車の旅、中々にようございました!、、、感謝の、ポチッ拍手

ちょうどお昼時ということで、道の駅「こさか七滝」でランチ休憩に続く
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:30  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【行って戻って】 津軽盆ジュール2017アラカルト

今日から現実に戻って、馬車馬のように働こうと思っていますが・・・
思っているだけで、身体がついていくのかどうかショック

ブログは、8月12日〜15日までの津軽盆ジュールネタのあれこれ!
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング
12日朝3時、じゅずじ家一同がめざすは青森の一歩手前、秋田県境の小坂IC。
青森には毎年帰っていますので、観光地というのも見どころが少なくなっているわけで、ちょっと寄り道。

そしてその夜は大自然に佇む天空のホテル、大鰐温泉の「青森ワイナリーホテル」。

ここは良かったです。
天候に恵まれれば、もっとよかったと思うのですが。

翌13日はもちろんお墓参り。

この5月に亡くなった父にあらためて挨拶させていただきました。

夜は親戚とも合流し、今年も定宿の「パークイン五所川原エルムシティ」で荷物を広げる。

3日目の14日は今回のメインイベント、木造高校第28回生の還暦同窓会!

高齢じゃなく、恒例のの14日五所川原オフ会へは遅刻となりまして・・・

関係者の皆様にはまことに申し訳ない思いが少しだけ。
まさかブッキングするとは思わなかったもんなぁ。
まぁどうせ、オレがいなくても勝手に楽しんでいたことには違いないが。

そんな旅のアラカルト。
ネタを提供してくれた皆様、ありがとうございました!、、、感謝の、ポチッ拍手
 

さぁて新たに始まる津軽盆ジュールシリーズ、いつ終わるのやらイヒヒ
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:35  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【弘前公園をブラじゅずじ】 逃北飲みだオレの旅2017夏

7月9日9時、旅人の朝は早いのである。
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング
と言っても、早朝の観光できる場所は限られているが、弘前城のある弘前公園にやってきた。

その日はとても気持ち良い青空が広がっていた。
追手門をくぐる。

桜は咲いてないけど「ハート桜」である。

GWの時には見事なピンク色をなしていたが、今はグリーンだよ!

緑も悪くない。
人力車が止まった。
どうやら旅人らしい若き女性の二人組を案内してきたようだ。
ただその二人はなぜここで降ろされたのかわからず、キョトンとしていた。
なぜなら、大汗を流している中年オヤジが腰を屈めながらカメラを構えていたからだ。
見る場所から見ないと、なんのことかわからない。
オレは場所を指し、角度を示して手招きをした。

大きな歓声を背中に感じながら、オレはそっとその場を離れた。

弘前公園といえば桜である。

今年もGWの「弘前さくらまつり」に参加させてもらった。

散り際だったが、見頃には間に合った。
やはり日本一の桜である。

弘前は今、ねぷたまつりの真っ最中である。

ヤーヤドー♪、、、掛け声とともに、ポチッ拍手

そういえば、前日の7月8日にはNHKで「ブラタモリ」が弘前の蘊蓄を語っていた。
侍とリンゴの関わりである。
旅を終えて録画を見たが、いまいち盛り上がりに欠けていた内容だったかな。
ちょいと残念ひやひや
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:28  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) :