<< 【MILD SEVEN D-SPEC】 : 【お誕生会】 >>

【木洩れ日に泳ぐ魚】 恩田陸 著

たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう…

一枚の写真に映っていた3人、いったい、どんな物語が始まるのだろう?

一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛藤が絡み合う、恩田陸の新たな世界…

夜のピクニック」以来、2冊目の恩田さん。
そこには、やはり家族のつながりがあった。

できるだろうか。彼女があの男を殺したのだと、彼女の口から、今夜じゅうに。

そう、私はずっと疑っている――彼があの男を手に掛けたのではないか、と。

そんな疑惑の夜を、二人で過ごしながら、過去の一つ一つを検証していく。
そしてそれは、「男の死」の疑惑から、ついに二人の生い立ちの疑惑へ…

私たち三人は、砂場で子供を埋めていたのだ。

どんどん緊張感が高まっていく、二人の間にはいったい何があったのか?

すごく先は気になったのだけれど、なかなか読み進まい。
それは、どこかで結論を拒否している自分がいるからだろうと思う。
なんの裏づけもなく、勝手な解釈で二人だけで納得している、お芝居。
そんな気がしてならなかった。

あなた、誰かを愛したことがある?
と、聞かれれば、「う〜ん」と言葉に詰まっている自分の姿を
思い浮かべてしまった瞬間の、、、ポチッ ひやひや



JUGEMテーマ:ミステリ
17:30  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(13) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

+++ こんな一冊 +++  at 2007/12/02 4:17 PM
木洩れ日に泳ぐ魚*恩田陸
☆☆☆☆・ 木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸 (2007/07)中央公論新社 この商品の詳細を見る 一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅か...
まったり読書日記  at 2007/12/02 5:35 PM
木洩れ日に泳ぐ魚 〔恩田 陸〕
木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸 中央公論新社 2007-07売り上げランキング : 620おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの旅から、すべてが変わってしまった。 一組の男女が迎えた最後の夜 明らかにされなければならない、ある男の死の秘密。 運命と記
ぶっかにっき  at 2007/12/02 8:13 PM
「木洩れ日に泳ぐ魚」 恩田陸
8月に読んだけどまだにっきに出てこなかった本そのいち。 恩田陸さん「木洩れ日に泳ぐ魚」。 男女の別れと、ある男の死の秘密。ヒロとアキの2人の会話で進行していく、恩田さんらしいストーリー展開のお話です。個人的には、「まひるの月を追いかけて」に近い雰囲気
おいしい本箱Diary  at 2007/12/02 11:32 PM
木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸 中央公論新社
恩田さんの、密室心理劇。 男と女。生活を共にしていた二人が過ごす、最後の夜。 お互いに、言いたいことを胸に抱えながら、それをどこで切り出そうか どこで吐き出してしまうか、もやもやとしながら、空っぽの部屋で 会話が始まる・・。初めは普通の恋人同士かと思
粋な提案  at 2007/12/03 2:23 AM
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号〜2007年2月22日号連載に加筆。 高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人とも、一年前に旅先で起
かみさまの贈りもの〜読書日記〜  at 2007/12/03 12:56 PM
木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸
別れを決意した一組の男女。過去の思い出を語り合うことで、秘められた事実が次々と明らかにされていく。 ある不可解な男の死を絡めてストーリーは展開、いつもながらの不安を煽るような空気の中、男女の思い出話だけで構成され、語れば語られるほどに謎は深まり、ペー
Bookworm  at 2007/12/03 1:35 PM
木洩れ日に泳ぐ魚(恩田陸)
ひー;;;なんとかしてーっ!と叫びたくなるような緊迫感。最初から最後までピリピリした緊張感に包まれたまま読了しました。どっぷり疲れた。でも、最後まで目が離せなくって、面白かった!恩田さん、ありがとぉーっ!な気分です(笑)
ナナメモ  at 2007/12/03 3:32 PM
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田 陸 男はヒロ、女はアキ。二人は大学時代にサークルで出会い惹かれあった。惹かれあうのには訳があった。一緒に暮らしていた二人がそれぞれ引越しもほぼ追え、最後の夜を一緒に過ごす。あきらかにされる1年前のある男の死と自分達の関係と
ぱんどらの本箱  at 2007/12/04 5:00 PM
恩田陸【木洩れ日に泳ぐ魚】
僕らは明日になったら右と左に分かれて歩き出すことだろう。 しかし、どこかできちんと話をしておかなければならないように思う。そうしなければ、この先それぞれの人生を歩いて...
じゃじゃままブックレビュー  at 2007/12/06 10:10 PM
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸著。
恩田氏にしては読みやすいというか分かりやすいというか、普通のお話でしたね。 あるカップルの別れの夜。一人の男の死についてお互いがお互いを疑っている。殺人なのか、犯人はあなたじゃないのか? この二人、別れを決意したのに、真相は皮肉だったよね~。 彼女の方
それでも本を読む  at 2008/01/17 10:41 PM
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田 陸
木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸 (2007/07)中央公論新社この商品の詳細を見る <一組の男女が迎える最後の夜に、解き明かされる真相> 恩田陸さんの作品を間隔が空かないうちに読むことができました。しかし、この作家さん、幅広いで
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2008/04/08 11:01 PM
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 ■やぎっちょ書評 久々の陸ちん。 ややや。最初からいきなりミステリーです。 ジャンル設定が難しい陸ちんの作品にしてはとてもわかりやすい。そしていきなり謎。導入が本当にうまいですよね。久々に読むと思い出しながら感心します。 大枠の謎
コンパス・ローズ  compass rose  at 2008/08/02 9:56 PM
「木洩れ日に泳ぐ魚」 恩田 陸
   木洩れ日に泳ぐ魚  恩田 陸  単行本: 263ページ  中央公論新社 (2007/07) 魚のように水の中を泳ぎたい。どんなにか気持ちがいいだろう。押し寄せる夏の熱気が肌にまとわりつくのが煩わしい。本を手にした時、これはきっと涼やかな話に違いない
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。