<< 【デュエットソング】 宴歌5 : 【四字熟語メーカー】 >>

【ALWAYS 続・三丁目の夕日 】

東京タワーには「ゴジラ」がよく似合う ラッキー

ちょっと日本橋の夕日を見に行ってきました 拍手


前作から4カ月後の設定
東京タワーも完成した。売れない作家・茶川は、小料理店の元おかみ・ヒロミと、身寄りのない少年・淳之介と3人で幸せに暮らすことを夢みて、芥川賞目指して奮起する…
監督:山崎貴   原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 もたいまさこ 貫地谷しほり 吹石一恵 手塚理美 上川隆也…


いやぁ、期待してた通り、、、良かった !
昭和30年代の東京、まだ高層ビルもなく、高速道路もなく、人情があふれている。
パーカーの万年筆なんて、道端で本当に売ってました (中国は今でも堂々と売ってるけど…)
洗濯機は、よく手伝わされてました。結構面白かった記憶。なつかしいなぁ。

わたし、デリカシィのない人はきらい!
デリカシィって、なんだ?
アメリカのお菓子か!?

そうです。「デリ菓子」、、、きっと配達してくれるんです たらーっ

あの頃の子供は手伝いをよくしてた。でもそれは、しつけというより、人手がほしかったんだろうなぁ。今みたいに全部電気でやる時代じゃないし、ご飯炊き、風呂炊き、冷蔵庫もなかったから、毎日の買い物、、、そんな中でいろいろ覚えたものだ。
もっとも、やらない子はあの頃でも、全然やらなかったけど。

お金で買えない物が、いっぱいあった時代だったんだなぁ。
と、ノスタルジックなオレに、、、ポチッ ポロリ


next 【ALLDAYS 二丁目の朝日】


JUGEMテーマ:映画
19:46  Posted by juzji
映画 : comments(6) : trackbacks(27) : 

COMMENTS

posted by 葛城楓  at 2007/11/26 12:15 AM
見に行きたい〜^^
数週間前に、一作目がテレビでやっていましたよね^^なんか、ホノボノとした雰囲気が、好きになってしまいました!

でも、やっぱり映画館には勿体無くっていけない楓としては、DVDが出るまで待つしかないんですよね>_<
posted by juzji  at 2007/11/26 12:19 PM
■葛城楓さん
前回はDVDだったんですが、待ちきれませんでした。
隣近所のつながりが、人情味あって、やっぱりいい映画でしたヨ!
posted by じゃじゃまま  at 2007/11/29 10:09 PM
本当よかったですよね!お手伝いのシーンは、そうだ、昔は当たり前にしてたんだな〜ってはっとさせられました。
是非第3弾も見たいけど、できればキャスト入れ替えまったくなし、人気俳優も加入っていうのなしで続けて欲しいです。
posted by juzji  at 2007/11/29 10:31 PM
■じゃじゃままさん
第3弾、そのまま成長する姿、見てみたいですねぇ!
昭和の変遷として。
何か忘れ物をとりに行く、感じで…
posted by みかん  at 2008/10/11 1:22 AM
TBありがとうございました。
出だしから楽しませてくれましたね。
ご近所の人達の優しさ、普通に出来てたころなんですね。
今では余計なことは…なんて思ってしまうのですが(^^ゞ
自然と出る優しさがとても暖かいと感じました。

>すいません…関係ない記事をTBしてしまいました。
お暇な時に削除してくださいm(__)mゴメンナサイ〜(汗)
posted by じゅずじ  at 2008/10/11 9:50 AM
■みかんさん
>今では余計なことは…
確かにそうですね。おせっかい屋さんもいなくなったし。
でも、こうやって映画をみていると、みんな仲良くていいですよね。
暖かさが気持ちよい映画でした!

TBの件、ラジャー(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評  at 2007/11/29 10:31 AM
ALWAYS 続・三丁目の夕日
大ヒット映画の続編で一番気になるのは、今度こそ芥川賞を取ると奮起する茶川と、彼を愛する踊り子ヒロミとの行く末だ。新キャラは小粒でインパクトが薄いが、その分安心して見ていられる。母と初恋の人との再会、失った部下など、昭和30年代の復興の気運の中に残る戦争
Sweet*Days**  at 2007/11/29 12:18 PM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
監督:山崎貴  CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
カノンな日々  at 2007/11/29 12:21 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的に
Akira's VOICE  at 2007/11/29 2:00 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日
良い話やけど,印象は大味。
EDITOREAL  at 2007/11/29 2:39 PM
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写)
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前
えいがの感想文  at 2007/11/29 4:21 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読め
たいむのひとりごと  at 2007/11/29 4:41 PM
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」みた。
あれから4ヶ月(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょっ
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!  at 2007/11/29 5:18 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日
栄養不良(?)でも淳之介は4ヶ月で育ちまくりw
局の独り言。  at 2007/11/29 6:53 PM
『武士の一分』&『砂の器』
公式サイト - 武士の一分 Yahoo!映画 - 『武士の一分』特集 Yahoo!映画 - 武士の一分(いちぶん) 解説: 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士
レンタルだけど映画好き   at 2007/11/29 9:38 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会
会いたい人がいる。待っている人がいる。 昭和34年、日本の空は広かった。 2007年 日本 11月3日(祝・土)全国東宝系ロードショー 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/
じゃじゃまま映画館  at 2007/11/29 10:03 PM
【ALWAYS続・三丁目の夕日】
もっともっと三丁目の人々を見ていたかった。2時間があっという間で、このまま終わらないで~って願いつつ夢中になってしまった。 私が生まれたのはもうちょっと後で、あそこまで古臭くないけど、でもまだかすかに三丁目の町並みが残っていて、懐かしい~~~~と叫びながら
局の独り言。  at 2007/11/29 10:40 PM
≪ALWAYS 続・三丁目の夕日≫
ALWAYS 続・三丁目の夕日 - http://www.always3.jp/ Yahoo!映画 - ALWAYS 続・三丁目の夕日 解説: 日本アカデミー賞ほか数多くの映画賞を総ナメにした感動の大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年に春の夕日町
てんびんthe LIFE  at 2007/11/29 10:41 PM
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2
ノラネコの呑んで観るシネマ  at 2007/11/29 11:38 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!  at 2007/11/30 5:07 AM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞!
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が
映画な日々。読書な日々。  at 2007/11/30 11:57 PM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 試写会鑑賞
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた芥川のもとに、川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。人並みの暮らしをさせることを条件に淳之
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!  at 2007/12/01 12:13 AM
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
NiceOne!!  at 2007/12/02 1:05 AM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (2007) / 日本
監督:山崎貴原作:西岸良平出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていった
よしなしごと  at 2007/12/02 4:21 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観てきました
 みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
せるふぉん☆こだわりの日記  at 2007/12/02 9:43 PM
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観た☆
昨日、11月3日に「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 わたし的
アンディの日記 シネマ版  at 2007/12/04 10:17 PM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]         2007/11/03公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  at 2007/12/05 11:39 PM
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際
駒吉の日記  at 2007/12/14 5:11 PM
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の
デコ親父はいつも減量中  at 2008/06/14 7:49 AM
ALWAYS 続・三丁目の夕日−(映画:2008年43本目)−
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた泣いた。 一人で自室にこもって鼻をグスグズ言わせながら。 前作終了時点から4ヵ月後の昭和34年(1
みかんのReading Diary♪  at 2008/10/11 1:13 AM
DVD『幸福な食卓』 
幸福な食卓 プレミアム・エディション (2006/日本) 佐和子の中学生活最後の始業式の朝の食卓で、突然父が父親を辞めることを宣言。3年前父が自殺未遂をしてから家族は崩壊し、優秀だった兄は進学せずに農業をやり、母も今では家を出てひとり暮らしをしている。
みかんのReading Diary♪  at 2008/10/11 1:14 AM
DVD『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版] (2007/日本) 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミを思い続けながら淳之介と暮らす茶川のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。(シネマトゥデ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  at 2008/12/02 8:54 PM
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃん
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/1159