<< 【受験生見聞録】 : 【じゅずじ的選曲CD】 2006.04 >>

【陰日向に咲く】 劇団ひとり著



ようやく手に取りました。
芸人が書いた「色モノ」と思って、買うことをためらってました。
しかし読んでビックリ、「うまい!」の一言。
主役つながりではなく、脇役つながりが微妙なバランス。
これ以上書くと、楽しみが減りそうなんで・・・

とにかく、読んでみるべし。

12:26  Posted by juzji
読書 : comments(8) : trackbacks(6) : 

COMMENTS

posted by きのこ  at 2006/04/16 4:06 PM
 初めまして。
 私も芸人の副業として書かれたものなので、この本を買うのをためらっているのですが、面白いようですね。恩田陸も帯に推薦文を寄せてますし、評判も良いし。
 買って読んでみようと思います。
posted by juzji  at 2006/04/16 4:55 PM
きのこさん、コメントありがとうございます。
「心に残る」とは違いますが、淡々と喜怒哀楽が出ているかなぁ、と。
ぜひ、お読みください。
読んだら、またコメントください。
posted by miatom  at 2006/04/16 5:34 PM
はじめまして。
ひとりを読み終えた直後です。
次に何を読んでみようか、と
考えてたところ。
“重松清さん”読んでみたいです!!
posted by juzji  at 2006/04/16 7:37 PM
miatomさん、コメント/TBありがとうございます。
最近目が乾いてる!?って思うときは、「重松さん」モノがいいですよ。
posted by リサ  at 2006/05/12 10:41 PM
じゅずじさん、こんばんは!
先日はコメントとTBありがとうございました。
お伺いするのが遅くなってすみません…。
ということで、「陰日向に咲く」買っちゃいました〜。
読み終えたらまたトラバさせてくださいね。
じゅずじさんの感想を拝見してますます楽しみです!
posted by juzji  at 2006/05/12 10:49 PM
リサさん、買っちゃいましたかぁ。
今自分の本は、会社で4人目の貸し出し中になってます。
読み終えたら、感想待ってます!
posted by リサ  at 2006/05/21 4:19 PM
じゅずじさん、こんにちは!
先日は「陰日向に咲く」をオススメ下さってありがとうございました〜。
読みましたよ!いやはやこれほどとは正直思いませんでした。とても良かったです。笑いあり、涙あり、上手いなぁと終始感嘆していました。また書いて欲しいですね。

TBさせていただきました。
posted by juzji  at 2006/05/21 4:36 PM
リサさん、読み終わったんですね。
なかなかのもんですよね。というか、芸人の域を脱してる!
自分も続編を望んでいます。
 
 
 


 

TRACKBACK

はんなり  at 2006/04/16 5:25 PM
陰日向に咲く
短編小説のようで読みやすかったです。 もともと“劇団ひとり”さん、好きです。 (
みかんのReading Diary♪  at 2006/04/28 8:54 AM
『陰日向に咲く』 劇団ひとり 幻冬舎
陰日向に咲く オススメ♪ お笑い芸人さんのウケを狙った作品…ではありません。 短編連作になってます。 孤独で劣等感も強い…そしてマイナーな位置で生活している…そんな主人公のつぶやきで作られた作品です。 日常を切り取ったような…その場面を思い浮かべ
ひなたでゆるり  at 2006/05/21 4:16 PM
『陰日向に咲く』劇団ひとり
陰日向に咲く劇団ひとり幻冬舎2006-01by G-Tools 「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」ほか全5篇を収録。落ちこぼれたちの哀しいまでの純真を、愛と笑いで包み込んだ珠玉の連作小説集。 何度感嘆の声を上げたことだろう。芸人としての劇団ひとりは独特
雑板屋  at 2006/08/31 2:28 PM
「陰日向に咲く」劇団ひとり
【ひとりくんにちょこっと感動のツボを動かされてしまいました】  ・道草 ・拝啓、僕のアイドル様 ・ピンボケな私 ・Over run ・鳴き砂を歩く犬 劇団ひとりくんの著書「陰日向に咲く」は、気の利いたちょっとした連作短編小説になっている。 登場す
<花>の本と映画の感想  at 2007/09/19 8:57 PM
本「陰日向に咲く」
陰日向に咲く 劇団ひとり 幻冬舎  2006年1月 ?「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」「Over run」「鳴き砂を歩く犬」の5編からなる落ちこぼれの悲哀を描いた短編集。 この作品は、出版された当時、話題になっていたけれども、読む機
itchy1976の日記  at 2009/11/30 12:36 PM
劇団ひとり『陰日向に咲く』
陰日向に咲く幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、劇団ひとり『陰日向に咲く』を紹介します。劇団ひとりがネタ帳を基にして短編小説を書き上げた。初心者にしては表現が巧みだなと思いました。また、結構楽しめたようにも思います。Amazonのカスタマーレビューの評
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。