<< 【ココロの綺麗な人だけ…】 : 【U-23 日本×カメルーン】 >>

【海の底】 有川浩 著

陸上自衛隊は塩と戦った !
航空自衛隊は未確認知的生物と戦った !

そして、海上自衛隊が戦ったもの、、、あれはきっとエビラだ びっくり
でも、がんばってたのは警察だった (笑

ちょっとマジメに日本の防衛の無策を語ってくれたのはうれしい たらーっ


【あらすじ】
横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。


対策本部につめる、参事官「烏丸警視正」と神奈川県警「明石警部」。
二人の方針は最初から決まっている、「事件は現場でおきてるんだ!」という言葉がどこかから出てきそうな二人のやり取り。
楽しいですねぇ…楽しい

そして、対策本部の情報源になる「軍事オタク」たちの掲示板。 
なかなか、いいところをつかんでますねぇ、有川さん たらーっ 

もちろん主役は、潜水艦に逃げ込んだ「夏木三尉」、「冬原三尉」、と子供達。
狭い空間でそれぞれの思考がぶつかり合う。
そして、わかってくること。
みんな少しずつ、大人になっていく 拍手

いやぁ、これもネタがテンコ盛りのいい本だ わーい
しかも面白い。最後も素敵だ 揺れるハート

んでもって、エビラじゃなくて「レガリス」は全滅したのかぁ ?
また横須賀に現れるのかぁ !?
まぁとりあえず、横須賀に行ったら「レガリスまんじゅう」でも買ってきましょうかね、、、ポチッ ウィンク



next 【空の中】
next 【塩の街】
JUGEMテーマ:読書
08:46  Posted by juzji
読書 : comments(20) : trackbacks(19) : 

COMMENTS

posted by すずな  at 2008/06/12 3:31 PM
こんにちは。
写真に思わず噴出しちゃいました〜(笑)
色んな要素がテンコ盛りな作品でワクワクしたり、ドキドキしたり、ちょっとウルウルしちゃったりと楽しい読書が出来ました。
posted by じゅずじ  at 2008/06/12 7:05 PM
■すずなさん
喜んでいただけましたかぁ!?
読んですぐ、このイメージが浮かびました (^^ゞ
やっぱり、面白いですわ。
posted by 藍色  at 2008/06/12 7:44 PM
こんにちは。
写真のようなことになっても面白かったかも。
塩と戦い、未確認知的生物と遭遇後、
選んだ怪獣ものにはスプラッター要素も感じられたような。
「軍事オタク」たちの掲示板。
新鮮味がありました。 
posted by なな  at 2008/06/12 9:10 PM
こんばんは。
ゴジラ対エビラ…これって映画だったりしたんですか?
すごい写真です。
潜水艦の中でのドラマ、息苦しかったけどよかったです。
posted by 水無月・R  at 2008/06/12 10:11 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
有川さんの巨大生物モノは、爽快ですよねぇ〜(笑)。
大好きですよ、この作品は!
ちなみに。私はレガリス全滅はしてないと思っております。
きっと、逆襲のレガリスが・・・!!(←妄想走りすぎ)

ゴジラVSエビラ、特撮大好きな子供&ダンナと一緒にDVD借りてきてみたことがありますよ〜(^_^;)。
posted by 白い怪鳥  at 2008/06/12 11:39 PM
TB有り難うございました。
こちらからもお返しさせていただきます。
エビラ・・・・・懐かしいですね。
でも、デカイだけより大群で襲ってくるレガリスの方が怖いかも?!
そして、「最後の一匹とは思えない・・・・」
基本ですね。
posted by Ray  at 2008/06/13 12:49 PM
こんにちは。トラバありがとうございました!
ゴジラVSエビラ、思わず吹き出してしまいました^^
でも作中のレガレスってどちらかというと、平成ライダーに出てきそうだなんて思ってしまいました。
posted by june  at 2008/06/13 4:29 PM
私も写真に吹き出してしまいました。
こんなのあったんですね〜。
それにしても、ラブロマにドタバタに熱いドラマに・・
ほんとてんこ盛りで楽しかったです。
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:39 PM
■藍色さん
戦いは軽〜く書きながら、ちゃんと血が出てましたねぇ。
しかも、いっぱい (^^ゞ
「臭い」には、想像するだけでむせびましたけど。
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:42 PM
■ななさん
正真正銘の映画です!
オレが小学校時代だから、かれこれな大昔(笑
潜水艦の子供たち、それなりに楽しかったかもよ!?
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:44 PM
■水無月・R さん
ゴジラVSエビラ、タイムリーに映画館で観てました (^^ゞ
>逆襲のレガリス…
きっと、どこかの港に上陸してきますよ、きっと(笑
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:47 PM
■白い怪鳥さん
確かに大軍は恐ろしいですねぇ。
女王様がいる限り、また次々と…(^^ゞ

TB、コメントありがとうございます。
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:48 PM
■Rayさん
喜んでいただけて幸いです(笑
確かに、身長は人間位らしいから、エビラじゃ大げさですかねぇ (^^ゞ

TB、コメントありがとうございました。
posted by じゅずじ  at 2008/06/13 7:51 PM
■juneさん
よかったぁ、笑ってくれて (^0^)/
今回のキャラクターもよかったですねぇ。
誰が主役でもおかしくない。
ある意味、贅沢な一冊(笑
posted by じゃじゃまま  at 2008/06/13 9:57 PM
こういう町中大パニックっていうの大好きなので、満足です。
読んだ当初は、私の中ではカニに変換されてしまって、非常に気持ち悪かったんですけど、やっぱりパニックは好きだ。(笑)
これ読んだ後に「クジラの彼」で再会すると、また格別ですね。
posted by エビノート  at 2008/06/13 10:46 PM
エビラ・・・そんな怪獣がいたんですね!(私はバルタン星人を思い浮かべちゃいました それくらいしか知らないから 笑)
でも写真のヤツは何だか可愛らしいイメージですね〜。エビラだったらそんなに怖くないかも?なんて思っちゃいました。あ、でも何千、何万となったらやっぱり怖いか(^_^;)
海の底には何が潜んでいるか分からない・・・ゾゾッ
posted by じゅずじ  at 2008/06/14 3:49 PM
■じゃじゃままさん
>カニに変換…
思い込みってやつですかぁ (^^ゞ
「クジラの彼」、ただいま予約中です。
楽しみだぁ(笑
posted by じゅずじ  at 2008/06/14 3:51 PM
■エビノートさん
深海って、まだまだ未知の部分ですよねぇ。
ひょっとしたら、なんてことを考えてしまいます (^^ゞ
ドラえもんでは「地中人」ってのもいましたねぇ。
まだまだ、不思議なことがいっぱいあるんですよ、地球には(笑
posted by 牛くんの母  at 2008/06/16 12:20 AM
トラックバックありがとうございました。
こちらからも送らせてもらいました。これからもどうぞよろしく。
「クジラの彼」は、3部作読む前に読んでいたので、3部作を読んでから再読して2度楽しめました。
posted by じゅずじ  at 2008/06/16 12:38 PM
■牛くんの母さん
有川さんモノは、図書館シリーズから読み始めたもので、今順を追ってます。
「クジラの彼」、楽しみです!
 
 
 


 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2008/06/12 12:06 PM
「海の底」有川浩
海の底有川 浩 (2005/06)メディアワークス この商品の詳細を見る 海から横須賀に巨大な甲殻類がわんさと現れ、人間たちを襲い始める。海上自衛...
Bookworm  at 2008/06/12 3:19 PM
海の底(有川浩)
面白かった! 図書館シリーズとは違った面白さだった。 爆笑することはなかったけど、かわりに号泣;;; もうねー! 「あんた、あたしのツボ押しまくりっ!!」>著者様
今日何読んだ?どうだった??  at 2008/06/12 6:27 PM
「海の底」 有川浩
海の底posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.28有川 浩著メディアワークス (2005.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
粋な提案  at 2008/06/12 7:44 PM
海の底 有川浩
装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞を「塩の街」で受賞デビュー。続いていきなりハードカバー単行本第一作として...
ナナメモ  at 2008/06/12 9:11 PM
「海の底」有川浩
海の底 有川 浩 米軍横須賀基地で催される春の「桜祭り」の最中、突然体長1〜3メートル程の赤い甲殻類の群れが人間に襲い掛かります。その巨大甲殻類・レガリスに襲われそうになり、停泊中の潜水艦きりしおに乗り込んだ小学生から高校生までの13人の子供達と
多趣味が趣味♪  at 2008/06/12 9:39 PM
有川浩『海の底』
有川浩『海の底』 メディアワークス 2005年6月30日発行 横須賀に巨大甲殻類が現れた! 食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。 孤立した潜水艦“きりしお”には逃げ込んだ少年少女と2人の海自幹部候補生。彼らの運命やいかに!? 海の底から来た『
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2008/06/12 10:04 PM
『海の底』/有川浩 ◎
横須賀基地祭にわく、春もうららな休日。 ――― 突然、『海の底』から巨大エビ(レガリス)が来襲!人を襲い、捕食を始める。 避難からはぐれて、自衛隊潜水艦に逃げ込んでしまった子供たちと、子供たちを救うためにレガリスに襲われ殉職した艦長、艦内でたった2人
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  at 2008/06/12 11:41 PM
『海の底』を読む
『海の底』有川浩/著(メディアワークス刊)待ちに待った、有川浩さんの第3作『海の底』です。海自もので潜水艦もの、という先行情報を聞いていたのですが、僕の印象では・・・・・・機動隊もの。いやぁ、仕事にかける『漢』の生き様を見せてもらった感じ。結構、漢泣
たちばな屋・ミステリ分科会  at 2008/06/13 6:17 AM
「海の底」有川 浩
「MM9」の作者・山本弘の公式サイトに、この有川浩の「海の底」のことが書かれていたので読んでみました。 (「MM9」の第1話「緊急!怪獣警報発令」よりも「海の底」の方が面白い、と) 有川浩、お初です。
かみさまの贈りもの〜読書日記〜  at 2008/06/13 10:12 AM
海の底 有川浩
横須賀に巨大甲殻類が来襲。 潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女達の7日間と、甲殻類と戦う警察部隊をリアルに描く長編。 謎の甲殻類の襲撃と、あまり馴染みのない自衛隊を絡めた設定に戸惑いながらも、気がついたときにはすっかり話にのめり込んでいた。 そし
Crescent Moon  at 2008/06/13 12:46 PM
海の底/有川浩
横須賀に巨大甲殻類来襲。 食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!? 海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。 (「BOOK」データベースより)陸海空シリーズの「海」。海の底から、巨大
本のある生活  at 2008/06/13 4:29 PM
「海の底」有川浩
海の底 くはー!おもしろかったですー!順番を間違えて「クジラの彼」を先に読んでしまったので、後日談とか番外編を既に知ってるわけなんですが、それでも楽しむことができました。ラブロマにドキドキして、男たちの熱いドラマに涙して、子供たちとのドタバタを楽し
趣味は読書(自称)  at 2008/06/13 9:21 PM
海の底−有川 浩
海の底(2005/06)有川 浩商品詳細を見る スピンアウトの「クジラの彼」が初有川さんの私が一番読みたかった「海の底」をようやく読むことが出来...
じゃじゃままブックレビュー  at 2008/06/13 9:54 PM
海の底 有川浩著。
私はこういうの大好き、だと思ってたんですよね~。いや、好きですよ、【アナコンダ】とか【グエムル】とかゾンビに追いかけられたり・・・そういう話大好きなので、ものすご~~~~く楽しみにしてました!。。。でも読んでて分かったのは、私が好きなのは映像で見るのが好
まったり読書日記  at 2008/06/13 10:37 PM
海の底 〔有川 浩〕
海の底有川 浩 メディアワークス 2005-06売り上げランキング : 47675おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 横須賀に巨大甲殻類来襲。 食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。 孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命
scribble  at 2008/06/15 12:44 AM
「海の底」有川浩
海の底 有川 浩 横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。初の有川作品です。有川さんの本はブック・オフで塩の
心に残る本  at 2008/06/16 12:18 AM
有川浩「海の底」
有川浩「海の底」読了。 「塩の街」「空の中」と合わせて自衛隊3部作を、一気読みしてしまいました。 シュールな感じでSF色のつよい「塩の...
今更なんですがの本の話  at 2008/06/17 12:13 AM
海の底  有川浩
さて返す刀で『海の底』。ええ泣きました。泣いてしまいました。有川さんの書くかっこいいオヤジ達に痺れ、惚れ、感涙しっぱなしでした。 基地祭で賑わう米軍横須賀基地を謎の巨大生物が急襲。逃げ惑う市民を追い詰める赤い鋏。虐殺と捕食が繰り広げられ、現実とは思
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2008/06/22 7:08 AM
有川浩  海の底
海の底 有川 浩 春の桜祭りの日、横須賀基地に海の底から奴らはやってきた。逃げ遅れた子供達を助け、最新のおやしお型潜水艦「きりしお」に逃げ込んだのは、夏木大和三尉と冬原晴臣(本当は春臣?晴臣は誤植かな?)三尉と13人の子供達。救助を求めるも地上も大
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/1475