<< 【ねぎぼうず】 : 【らあめん元】 >>

【流星の絆】 東野圭吾 著

封印した「ハヤシライス」…
それを息子の店で復活させようとした時、それはちょうどある事件の時効と重なっていた ショック


【あらすじ】
ハヤシライスが看板メニューの洋食店『アリアケ』の経営者夫妻が殺された。功一、泰輔、静奈の三兄弟がペルセウス座流星群を見に出ていた間の惨劇だった。
泰輔は店の裏口から出ていく男を目撃したが、犯人特定は難航し、時は流れる。
14年後。ひっそりと肩寄せ合ってきた三人は、静奈と功一がたてつづけに騙されたことで、静奈の美貌を利用した結婚詐欺で生き抜いていく。その最後のターゲットが、レストランチェーン『とがみ亭』の御曹司・戸神行成。功一のたてた作戦で、擬態名人の泰輔と静奈は行成に近づく。


だが――
泰輔が見た行成の父親は、あの夜に目撃した男だった。
静奈が口にした『とがみ亭』のハヤシライスは父親の味だった。
功一は、結婚詐欺ではなく、両親の仇を討つことを決意する。
 

やっぱり、うまいなぁ東野さん。
最初から事件を一つの方向に持っていこうとする言葉が随所にちりばめられている。
てっきり、父と子の葛藤がメインだと思ったのに…

やっぱり、してやられました てれちゃう

オレもまだまだ、甘いなぁ、、、の、ポチッ たらーっ


最後はせつない思いと、ちょっとうれしい気持ちと…

next 流星の絆占い



JUGEMテーマ:読書
18:52  Posted by juzji
読書 : comments(14) : trackbacks(16) : 

COMMENTS

posted by カオル  at 2008/06/20 7:46 PM
東野圭吾さんは次から次へと出てくるので
追いつきません。
もう、表紙だけでうずうずするんですが、まだ読んでないです・・・
ダイイング・アイも気になるし・・・
posted by じゅずじ  at 2008/06/21 9:51 AM
■カオルさん
どれもいいですからねぇ。
あせる気持ちわかります…
でも、読み始めると一気に読めますから、ファイトです (^^ゞ
posted by 苗坊  at 2008/06/21 1:24 PM
こんにちは。カキコありがとうございました。
見事に、やられましたよね。
まさかあの人が犯人とは。
3人が詐欺師になっているのはショックでしたけど、ラストは良かったです。
posted by なな  at 2008/06/21 9:39 PM
こんばんは。
ググっとひきこまれました。
それにしても帯、なんだかここまで書いちゃうのね…って感じですね。
posted by 藍色  at 2008/06/22 2:50 AM
こんばんは。
相変わらずの読みやすさでした。
前二作よりもよかったので、ほっとしました。
posted by じゅずじ  at 2008/06/22 12:47 PM
■苗坊さん
>まさかあの人が犯人とは…
確かにそういわれると、そうかもしれないけど、まったくの想定外でした(^^ゞ
後味としては、悪くなかったかな!?
posted by じゅずじ  at 2008/06/22 12:49 PM
■ななさん
ひきこまれましたねぇ。一気読みでした!
たぶん、この帯に惑わされたんだと思いますわ(笑
posted by じゅずじ  at 2008/06/22 12:53 PM
■藍色さん
>前二作よりもよかった…
ですね(^^ゞ
それに比べて今回は、兄弟、そして親子の絆、ものすごく細くて今にも切れそうなのに、それをまた太くしていく関係がとてもよかったと思います。
posted by ERI  at 2008/06/24 9:51 PM
こんばんは!!ここのところ期待外れだった東野さんですが、これは良かったですねえ。いきなり詐欺師になってる兄弟にびっくりしましたが、その軽さも含めて、楽しかったです。
posted by じゅずじ  at 2008/06/24 10:06 PM
■ERIさん
>ここのところ期待外れだった…
そうなんです!
すっきりしないモノばかりで。
でも、これはよかったですねぇ。
posted by じゃじゃまま  at 2008/09/01 11:34 AM
あんなことがあった兄妹たちが、手に手を取り合って、詐欺師!?には拍子抜けしちゃいましたけど、もっとハードな復讐劇かと思っていたので。(爆)
できればお兄ちゃんたちも幸せになって欲しいですね。どれくらいの罪になっちゃうんだろう。
posted by じゅずじ  at 2008/09/01 7:12 PM
■じゃじゃままさん
ドロドロの復讐劇?がお好き!?(笑
さわやかな終わり方でしたね。
そんなに大きな罪にもならないだろうし、出所してからもハヤシライスでうまくいきそうで、めでたしめでたし、かな!?
posted by 山手のドルフィン  at 2010/06/12 9:10 PM
TBさせていただきました。
いろんな方の感想を読むたびに、あぁ私もドラマを見る前に小説を読んでおけばよかった、と思います。
映像化されるもので原作を超えるものはほぼない、と思っている為、私は基本的にあとから小説を読んでも十分楽しめるのですが、この作品に限ってはドラマの出来がよかった、というか私の好みだったのだと思います。
もちろん、面白く読んだのですが、ちょっと残念で、新鮮な気持ちで読めた方を羨ましく思ってしまいます…(苦笑)
posted by じゅずじ  at 2010/06/13 9:29 AM
■山手のドルフィンさん
確かにクドカンの世界でしたよねぇ、ドラマ。
配役もよかったように思えました(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

苗坊の読書日記  at 2008/06/21 1:26 PM
流星の絆 東野圭吾
流星の絆 殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。 十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に、功一が仕掛ける復讐計画。 誤算は、静奈の恋心だった。 ネタバレ注意! いや〜、どんでん返しでしたね。 まさかあんな結末になるとは。 で
+++ こんな一冊 +++  at 2008/06/21 2:11 PM
流星の絆*東野圭吾
流星の絆(2008/03/05)東野 圭吾商品詳細を見る 全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰! 殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、...
Book A GoGo!!! 〜本の読書感想&書評ブログ〜  at 2008/06/21 2:22 PM
『流星の絆』(東野圭吾) <感想&書評>
流星の絆東野 圭吾 講談社 2008-03-05売り上げランキング : 324おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 功一、泰輔、静奈の幼い兄妹は...
milk pan,milk crown   at 2008/06/21 7:47 PM
『流星の絆』 東野圭吾
両親を殺害された三兄妹の復讐譚。洋食店「アリアケ」の子供たち――有明功一、泰輔、静奈の3人は、ペルセウス座流星群を見るために深夜に家を抜け出した。彼らがこっそりと帰宅すると、両親は部屋で刺し殺されていた。泰輔は家から出てきた人物の顔を見ていたが捜査は
ほんだらけ  at 2008/06/21 8:17 PM
『流星の絆』東野圭吾
流星の絆 東野 圭吾 2008/3/5発行 講談社 P.482 ¥1,785  ★★★★★  彼等の信頼を裏切ることなどできないと思った。幼い日から、いつか三人で両親の仇を討とうと話し合ってきたのだ。その固い結束を、一時の淡い恋心などを理由に壊すこ
ナナメモ  at 2008/06/21 9:40 PM
「流星の絆」東野圭吾
流星の絆 東野 圭吾 JUGEMテーマ:読書 小学6年の長男功一、四年の次男泰輔、一年の長女静奈の三人は夜中にこっそり流星群をを見に出かけた。雨が降り戻ってきたら家では両親が惨殺されていた。、施設に入れられた3人の兄弟は詐欺師になっていた。あるとき、詐
粋な提案  at 2008/06/22 2:50 AM
流星の絆 東野圭吾
装幀は岡孝治。初出「週刊現代」。 殺された両親の仇討ちを誓った有明三兄妹。十四年後、目撃した男を見つけた弟、復讐計画を仕掛ける兄、...
映画な日々。読書な日々。  at 2008/06/23 12:22 AM
東野圭吾 『流星の絆』
流星の絆/東野 圭吾 ¥1,785 Amazon.co.jp 全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰! 殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に、功一が仕掛ける復讐計画。誤算は、静奈の恋心だった。 面
おいしい本箱Diary  at 2008/06/24 9:42 PM
流星の絆 東野圭吾 講談社
ここのところ、ちょっとイマイチな感じが続いていた 東野さんですが。 これは、よかったですよ。 ストーリーテラーの面目躍如ですね。
あるばむ だのん  at 2008/06/28 11:03 AM
『流星の絆』東野圭吾
「絆」…その言葉の重みを、改めて感じる。 親子の絆、兄弟の絆、夫婦の絆… いろいろな絆が、ある。 中でも、やはり血縁の絆は本当に強いものなのではないだろうか。 一生背負っていく性(さが)でもある。 その絆は強く、とても強く、人生にも影響を及ぼすことがあるの
デコ親父はいつも減量中  at 2008/07/27 2:44 AM
流星の絆<東野圭吾>−(本:2008年96冊目)−
流星の絆 出版社: 講談社 (2008/3/5) ISBN-10: 4062145901 評価:87点 どんなルートをたどって伝わったにせよ、世の中に広がった名物のハヤシライスの味。読んでいるうちに食べたくなってたまりませんでした。 事件の真相に対する興味より、美味しい洋食を食べ
Bookworm  at 2008/07/31 3:13 PM
流星の絆(東野圭吾)
面白かった!これの前に読んだ東野作品(夜明けの街で)が期待はずれでガックリ;;;だったんでちょっと不安だったんだけど、それは杞憂でした。分厚さに負けない面白さに最後まで一気読み。
じゃじゃままブックレビュー  at 2008/09/01 11:31 AM
流星の絆 東野圭吾著。
≪★★★≫ 幼い兄妹が流星を見に行った夜に、惨劇は起こった。 大人になった彼らは復讐を誓う。大切なものを奪われてばかりの自分たち、奪われる側から、奪う側にまわれ! 両親を奪ったあの後姿は誰だったのか・・・。 二人の兄と妹の静奈は、詐欺師だ。 計画性といい
★試写会中毒★  at 2008/12/14 2:26 PM
流星の絆
流星の絆/東野 圭吾 ¥1,785 Amazon.co.jp 満 足 度:★★★★  (★×5=満点) ■内容■  殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。 「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 十四年後、泰輔が事件当
気まぐれな猫の日常  at 2009/10/25 4:28 PM
「流星の絆」東野圭吾
−惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 14年後、彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。− ずーっと気になっていた「流星の絆」をついに読み
The 近況報告!  at 2010/06/12 8:37 PM
◎読書記録◎ 「流星の絆」 東野圭吾
あっ!読みたい!!! 早く文庫化されないだろうか…と思っていたら ドラマ化のニュースが。これは文庫化されるね、うっしっし…{%顔文字ファイトhdeco%}    …という読みは甘かったです。 未だ文庫化はされておりません。
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/1495