<< 【憑神(つきがみ)】 DVD : 【今日のひと風呂…】 >>

【クジラの彼】 有川浩 著

いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!

って、有川さんがおっしゃってるけど…

それを好きで読んでる、50過ぎのオレはいったいどうすりゃいいんだい ムニョムニョ



【あらすじ】
人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説作品集。

男って、やっぱりバカだねぇ。
女にいいように振り回されて、しかもみんな優しくなっていく…

女はしたたかだ たらーっ

●クジラの彼
合コンの数字合わせだった「聡子」の前に現れたのは、海軍の問題児2人組の片割れ「冬原」だった。その聡子にはストーカー気味の上司がつきまとう。危機一髪の時に冬原は戻ってきた、すごい臭いをさせて…
そっかぁ、あの横須賀事件が終わって、すぐ聡子の所に向かったのね、冬原は ラブラブ

●ロールアウト
果てしなく続く長い通路にならぶトイレをめぐり、彼女の戦いが始まった…

●国防レンアイ
生意気で居丈高なクセにめちゃくちゃかわいい彼女とは、腐れ縁8年の単なる同期なのだが…

●有能な彼女
初めまして。
そう、あの横須賀事件はそこで終わるのだ。
その後「望」は優秀な技官になり、一方「夏木」は30歳を過ぎて、どんどん卑屈になっていく。
本当にオレでいいのか?
よくありがちな話ですねぇ 汗

●脱柵エレジー
純情は悲壮?滑稽?あるいは迷惑!?
あのフェンスを越えれば、彼女に会える!はずだった

●ファイターパイロットの君
ねぇねぇ、パパとママは…?
と、娘の「茜」に始めてチューしたところを聞かれた「高巳」は、「光稀」との初デートを思い出す ラッキー
空軍パイロットの光稀と、未確認知的生物を探しに行った時、じゃなかったのね たらーっ

みんなそれぞれ気に病んで、思いを素直に話せなくて、読んでるこっちがじれったくて、でも、好きですベタ甘、、、に、ポチッ 祝ハート大小


next 【海の底】
next 【空の中】


JUGEMテーマ:読書
12:45  Posted by juzji
読書 : comments(8) : trackbacks(18) : 

COMMENTS

posted by 白い怪鳥  at 2008/07/13 11:56 PM
TBありがとうございました。
こちらからもお返しいたします。
ちなみに、僕もいい年したおっさんを自負していますよw
posted by 板栗香  at 2008/07/14 12:36 AM
TBありがとうございました♪
私も有川作品を読むまでは、ベタ甘恋愛話はどちらかというと苦手だと思っていたので・・・こんなにはまってしまうとは思っていませんでした。(笑)
この本は今までのとはちょっと違って体育会系のノリの下品さがちょっときつくてそこは苦手だったんですが、それでも楽しめました♪
posted by くあい  at 2008/07/14 8:51 AM
TBありがとうございました。
あんまりその気はなかったのですが、有川浩に急激にはまりました。今、「空の中」を読んでます。
posted by じゃじゃまま  at 2008/07/14 11:20 AM
有川さんの自衛隊3部作でしたっけ?
その中でも「海の底」が好きなので、「クジラの彼」はうっとりしてしまいました〜。聡子、いいなぁ〜。(笑)
posted by じゅずじ  at 2008/07/14 11:11 PM
■白い怪鳥さん
ありがとうございます!
有川さん好きなんですねぇ。
年齢的にはちょっと遠慮して読んでるんですが・・・(笑
お仲間がいて、ちょいとうれしいです!
posted by じゅずじ  at 2008/07/14 11:14 PM
■板栗香さん
はまっちゃいました (^0^)/
男の気持ちがよ〜く出てる(笑
まだまだ、追いついてませんけど、がんばります!
posted by じゅずじ  at 2008/07/14 11:16 PM
■くあいさん
あら、逆読みでしたか…
「空の中」には、ちょいと涙しました (^^ゞ
posted by じゅずじ  at 2008/07/14 11:20 PM
■じゃじゃままさん
冬原、いいヤツでしたねぇ!
愛する人のそばにまっしぐら、なんて…
チクショー (>_<)
 
 
 


 

TRACKBACK

本のある生活  at 2008/07/13 8:05 PM
「クジラの彼」有川浩
クジラの彼 アンソロジー「Sweet Blue Age」で読んだベタ甘の恋愛小説「クジラの彼」がすごく好きだったんで、買ってしまいました。そういえば昨日読んでいた「太陽の塔」も「Sweet Blue Age」に収録されてました。あのアンソロジーはレベル高かったです。 これは
本のある生活  at 2008/07/13 8:05 PM
「クジラの彼」有川浩
クジラの彼 アンソロジー「Sweet Blue Age」で読んだベタ甘の恋愛小説「クジラの彼」がすごく好きだったんで、買ってしまいました。そういえば昨日読んでいた「太陽の塔」も「Sweet Blue Age」に収録されてました。あのアンソロジーはレベル高かったです。 これは
*読み出したら止まらない*  at 2008/07/13 8:37 PM
クジラの彼 【有川 浩】
「いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」 有川さん、あとがきでこう↑開き直ってらっしゃいますが(笑 いいですいいです、すごく好きな展開でした。 『海の底 』と『空の中 』からのスピンアウトも含めた、6篇の自衛隊ネタ ベタ甘恋愛短編集
多趣味が趣味♪  at 2008/07/13 9:02 PM
有川浩『クジラの彼』
有川浩『クジラの彼』 角川書店 平成19年1月25日発行 聡子の彼は海上自衛隊の潜水艦乗り。 いつ帰るとも知らぬ彼との間には大きな海。 潜水艦乗りの彼女になるということは、「待つ」ということ・・・。 自衛隊を舞台にしたベタ甘な恋愛短編集。 クジラの
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  at 2008/07/13 11:53 PM
「クジラの彼」を読む
「クジラの彼」有川浩/著(角川書店刊)クジラの彼毎度おなじみ、本ブログ勝手に推奨の作家「有川浩さん」の最新作を入手しました。この単行本は、角川書店が発行している雑誌「野性時代」に不定期掲載されていた作品をまとめた短編集です。で、感想ですが、実は僕、雑
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2008/07/14 12:33 AM
有川浩  クジラの彼
クジラの彼有川 浩図書館に蔵書がなくて発売日をだいぶ過ぎてもいつまでたっても入る気配がなかったので、リクエストしたこの本。予約順位は1位でしたが手元にやってきたのは発売から5ヶ月ちょいたってからでした。図書館さまに買ってもらっている立場なのであまり不
かいものろぐII  at 2008/07/14 8:48 AM
クジラの彼(有川浩)
図書館内乱、塩の町、海の底と読んできて、今回は初めてこの作者の短編集です。が、直前に読んだ「海の底」の後日談が含まれていますのでとても入りやすかったですね。「海の底」はシチュエーション(巨大イセエビの大群に襲われて人間が喰われる)のためどちらかというと
じゃじゃままブックレビュー  at 2008/07/14 11:17 AM
クジラの彼 有川浩著。
≪★★★★≫ もうデレッデレ。こんな男性いますかね~~~~~??どうでしょう、男性陣? こんなクッサイセリフ、言ってる人いるかな~?? ま、ハッピーエンドは嫌いじゃないから、これでいいんだけどね。 そっかそっか、「クジラの彼」は冬原ね。そんなことはとっくにい
Bookworm  at 2008/07/14 3:43 PM
クジラの彼(有川浩)
いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い! 読みゆうときだけ胸キュンやったらそれでえいが!かまんが!おおよ、開き直ったとも。 ◆作者あとがきより抜粋◆
こんな夜だから書庫に行こう  at 2008/07/14 7:26 PM
有川浩『クジラの彼』
 恋するふたりの間には、果てしなく続く海原やどこまでも広がる大空が。陸・海・空の自衛隊は、恋するふたりにとってちょっと特殊な環境の職場。男前でかわいい彼女たちの、一途で一生懸命な恋愛・・・  自衛隊を舞台にしたあまーい恋愛小説集。耐性のない方は注意
積んどく? 読んどく?  at 2008/07/14 7:26 PM
有川浩 『クジラの彼』
 恋するふたりの間には、果てしなく続く海原やどこまでも広がる大空が。陸・海・空の自衛隊は、恋するふたりにとってちょっと特殊な環境の職場。男前でかわいい彼女たちの、一途で一生懸命な恋愛・・・ 自衛隊を舞台にしたあまーい恋愛小説集。耐性のない方は注意して
まったり読書日記  at 2008/07/14 8:22 PM
クジラの彼 〔有川浩〕
クジラの彼有川 浩 角川書店 2007-02売り上げランキング : 392おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「沈む」んじゃなくて「潜る」。 潜水艦とクジラと同じだから。 人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。 そこで出会った冬原は潜水艦乗りだっ
粋な提案  at 2008/07/14 8:30 PM
クジラの彼 有川浩
イラストは徒花スクモ。装丁は片岡忠彦。野性時代2005年7月号から2007年1月号まで不定期掲載をまとめた短編集。 有川さんが得意...
ひなたでゆるり  at 2008/07/17 10:06 PM
『クジラの彼』有川浩
クジラの彼 有川浩/角川書店 「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。 人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつ
ほんだらけ  at 2008/07/18 8:04 PM
『クジラの彼』有川浩
クジラの彼 有川 浩 2007/1/25発行 角川書店 P.241 ¥1,470 ★★★★★  一度連絡が取れなくなったが最後、次に会えるのはいつなのか分からないのがデフォルトだ。しかも最短一ヶ月から。二ヶ月、三ヶ月が当たり前の世界である。……  こ
みかんのReading Diary♪  at 2010/07/24 8:35 AM
『クジラの彼』  有川 浩  角川文庫
&nbsp;合コンで出会った史上まれに見る高物件の彼は、次にいつ会えるかわからない潜水艦乗りだった…。陸・海・空の自衛隊を舞台に描いた、男前でかわいい恋するオンナたちの、絶対元気になれる最強恋愛小説全6編。自衛隊の恋愛を描いた 『空の中』『海の底』の後
【徒然なるままに・・・】  at 2010/07/26 10:38 PM
『クジラの彼』 有川浩
「クジラの彼」、「ロールアウト」、「国防レンアイ」、「有能な彼女」、「脱柵エレジー」、「ファイターパイロットの君」、6編の恋愛小説を集めた短編集。 表題作「クジラの彼」は、潜水艦乗りを彼氏に持ったOLの奮闘記(?)。 彼氏とはなかなか連絡付かないわ
りゅうちゃん別館  at 2012/09/19 9:27 AM
「クジラの彼」有川浩
自衛隊員の恋愛を描いた短編集。スピンオフ作品を含む。 読んでいて笑ったし、泣いた。    【送料無料】クジラの彼 [ 有川浩 ]価格:580円(税込、送料別) 我々一般人にとって、自衛官は遠い存在。 しかし自衛官も当たり前だが人間だ。トイレにも行くし、恋愛もする
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/1529