<< 【速報!福田総理辞任】 : 【あわっしゅ】 >>

【ひかりの剣】 海堂尊 著

「ひかり」、、、って、そういうことだったのね 楽しい



俺たちは勝つ…

【あらすじ】
1988年、バブル真っ盛りの頃。いずれ医療の世界で悪戦苦闘する医学生も最初は医学の素人で、普通の大学生のようにサークル活動に部活に励んでいた、そんな時代。医学部剣道部の象徴的大会、医鷲旗の覇者は外科の世界で大成するという言い伝えがあった。その医鷲旗をめぐり、桜宮・東城大剣道部の猛虎・速水晃一と天下の官僚養成大学、東京・帝華大の臥龍・清川吾郎による伝説の闘いが繰り広げられる。

時は「高階教授」が東城大学に着任した頃

当然、例の3人組 速水、島津、田口は大学生。
その中の「速水」が今回の主役。
ジェネラル・ルージュ」の速水、、、
あのメスさばきの基本がこの時代にあったんですねぇ モグモグ
そして、もう一方の主役は「ジーン・ワルツ」の清川。
常に冷静で、大局を読む。中々、好対照の二人です。

今回の海堂さんは、「医療費亡国論」に対して、医学部のサークル活動を舞台に一過言。
医療費削減の旗のもと、医者を減らそうとしている官僚と、そのあおりでサークル活動に支障をきたす剣道部という構図。ちょっと無理はあるけど、まぁ、納得かな !?

でも、そんな重いテーマはさておき たらーっ
やっぱり、あの人も、この人も出てきて、楽しいゾォ 楽しい

サッカー部の世良さんか… 
渡海医師は医局ではかなり偉い先生のようだった…


やっぱり、やめられません「海堂本」に、、、ポチッ あっかんべー


next 【ブラックペアン1988】
next 【ジェネラル・ルージュの凱旋】
next 【ジーン・ワルツ】


JUGEMテーマ:読書
12:24  Posted by juzji
読書 : comments(16) : trackbacks(10) : 

COMMENTS

posted by 山口ジジイ  at 2008/09/02 12:32 PM
なるほど、
少し私には難しいようですが。
また、詳しい感想など、教えていただければと思いますね。
ポチっと
posted by じゅずじ  at 2008/09/02 9:14 PM
■山口ジジイさん
このシリーズは、現代医療の問題を提起している本なんですよ。
作家は現役の大学病院の医者。
物語は面白いし、その奥にある医療問題をするどくえぐってますよ!
posted by 藍色  at 2008/09/03 2:20 AM
こんばんは
医療問題はほとんど出てきませんでしたね。
サークル活動に支障をきたすこととつなげたのには、感心しました。

これで読み直すと違った風に見えそうです。
posted by 夢見  at 2008/09/03 7:53 AM
はじめまして
トラックバックを有難うございました
posted by じゅずじ  at 2008/09/03 6:35 PM
■藍色さん
たしかに、今回は医療問題はチラッとだけでしたね。
なんか、無理やりつなげたような気がしないでもないけど。
posted by じゅずじ  at 2008/09/03 6:36 PM
■夢見さん
コメント、TBありがとうございます!
posted by しんちゃん  at 2008/09/18 9:59 PM
こんばんは。
竹刀とメスは違うでしょ!とツッコミつつ面白く読めました。
ジェネラルも若かったですね。まさかあんなカタブツだったとは。
posted by じゅずじ  at 2008/09/20 9:45 AM
■しんちゃん
>竹刀とメスは違うでしょ…
ワッハッハ! 確かに!!
設定にはちょっと無理があったかと!?
ジェネラルの使命感は、この頃からあったんですねぇ。
posted by すずな  at 2008/09/20 2:01 PM
こんにちは。
剣道のシーンでは思わず熱くなりましたし、今までの海堂作品に登場した方々がかなりご出演されてて、それだけでも楽しかったですね。特に、高階の狸親父っぷりに拍手を送りたい(笑)
posted by じゅずじ  at 2008/09/20 10:03 PM
■すずなさん
みんな、若いですねぇ(笑
でも、ちゃんと個性が生きてて楽しかったです!
posted by masako  at 2008/09/30 11:12 PM
こんばんは。
医療現場とは違った彼らの活躍が面白かったですね。
そしてちょこちょこ出てくる沢山のひとたち。
こういうのがシリーズものの楽しさですよね。
世良先生がサッカー部の先輩ですもんね。
posted by じゅずじ  at 2008/10/01 7:25 PM
■masakoさん
みんな若かったですね。
でも、性格はそのまんま(笑
駆け引きにも切れがあった面白い本でした。
posted by 水無月・R  at 2008/10/07 11:36 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
相変わらずの高階の「腹黒タヌキ」っぷり、大いに堪能いたしました(笑)。
他のメンツも新しい発見あり、再認識ありと、ホントに海堂作品はすごいです。どんどん広がるシリーズ、破たんなし、躍動感あふれる物語展開。
とても素敵ですよね♪今後の作品とどうつながるのか、とっても楽しみです!!
posted by じゅずじ  at 2008/10/08 6:25 PM
■水無月・Rさん
それぞれが、そのまんまの性格で…(笑
広がるだけ広がってるけど、そろそろ白鳥も出して欲しいものです!
posted by エビノート  at 2008/10/14 7:59 PM
高階センセ、ブラックペアンの方で大変なのに相変わらずの狸おやじっぷりでしたね〜。楽しかったです。
教えていただいたんですが、田口&白鳥コンビの最新作が11/7に出るみたいですね。『イノセント・ゲリラの祝祭』だそうです。楽しみです〜♪
posted by じゅずじ  at 2008/10/14 11:50 PM
■エビノートさん
>高階センセ…
あそこまで剣がたつなら、もっとスパスパッと物事を処理して欲しい者ですけどね(笑

久々の白鳥ですかぁ。いった彼は何をやっていたんでしょうね。
まさか社保庁処理していたわけじゃないだろうし。
情報ありがとうございます。楽しみです (^0^)/
 
 
 


 

TRACKBACK

粋な提案  at 2008/09/03 2:22 AM
ひかりの剣 海堂尊
ひかりの剣(2008/08/07)海堂 尊商品詳細を見る デザインは泉沢光雄。カバー写真はゲッティイメ−ジズ。初出オール読物。 東城大の猛虎、速水晃一...
本と映画の雑談室  at 2008/09/03 7:50 AM
海堂尊著「ひかりの剣」文藝春秋
若き日の速水晃一を描く物語 大学の剣道部で医鷲旗を目指す彼には大きな好敵手がいた
しんちゃんの買い物帳  at 2008/09/18 9:57 PM
「ひかりの剣」海堂尊
ひかりの剣(2008/08/07)海堂 尊商品詳細を見る 一九八八年。バブル景気真っ盛りの頃。医学生もはじめは医療の素人で、普通の大学生のようにサー...
Bookworm  at 2008/09/20 1:58 PM
ひかりの剣(海堂尊)
最近、「剣道」作品に縁があるようで、「武士道シックスティーン」「武士道セブンティーン」(誉田哲也)に続いて、今度は海堂さんのまさかの「剣道」作品です(笑)
映画な日々。読書な日々。  at 2008/09/30 11:08 PM
海堂尊 『ひかりの剣』
ひかりの剣/海堂 尊 ¥1,680 Amazon.co.jp 東城大の虎・速水と、帝華大の伏龍・清川がまだ医学生で剣道部員だったバブルの頃。2人のあいだに医鷲旗をめぐる伝説の闘いがあった。 チームバチスタ シリーズに登場するキャラクター達の医師とは違った姿を
つれづれっぽく読書雑記〜気ままにブックレビュー  at 2008/10/03 1:41 PM
「ひかりの剣」海堂尊
「チーム・バチスタの栄光」でおなじみの東城大と帝華大が舞台……と言っても、医療...
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2008/10/07 11:27 PM
『ひかりの剣』/海堂尊 ◎
あの「バチスタ・スキャンダル」から遡ること約20年。(←どっかで書いたようなフレーズ(笑)) 医療現場が掻き乱されていた『ブラックペアン1988』の裏側で、医学生たちの華麗な戦いは繰り広げられていた。 うおぉぉ〜、海堂尊さん、相変わらずの作品間リンクが複雑
まったり読書日記  at 2008/10/14 7:25 PM
ひかりの剣 〔海堂 尊〕
ひかりの剣海堂 尊文藝春秋 2008-08-07売り上げランキング : 1210おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ バブル景気真っ盛りの1988年、東城大医学部剣道部の猛虎、速水晃一。帝華大医学部剣道部の伏龍、清川吾郎。剣の才能を持つふたりの男が、
デコ親父はいつも減量中  at 2009/12/19 9:44 AM
ひかりの剣<海堂尊>−(本:2009年読了)−
ひかりの剣クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/8/7) # ISBN-10: 4163272704 評価:85点 登場人物はいつもの海堂ワールドの人たちだが、今回は剣道だけを題材に最後まで話が進んでいく。ほぼスポ根小説、だ。 責任感の塊で、ひたすらに剣道に打ち込む東
【徒然なるままに・・・】  at 2010/09/19 9:33 PM
『ひかりの剣』 海堂尊
何だかんだで久しぶりの海堂作品です。 単行本買って積読状態だったら、ありゃりゃ文庫本が出てしまいました、とさ。 時代は昭和から平成へと移り変わる頃、剣の才能を持つ二人の医学生がいた。 一人は桜宮・東城大学医学部剣道部の速水晃一、もう一人は東京・帝華
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。