<< 【GW5】 〜ガーデニング〜 : 【小泉今日子の半径100m】 小泉今日子 著 >>

【40翼ふたたび】 石田衣良著



《40歳から始めよう。 人生後半、胸を張れ。》
人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。
投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作!

久々の石田衣良モノでした。
マコト(池袋ウエストゲートパーク)が40歳になっても、やっぱりいろんなお節介をしてしまうんだろうなぁ、と思えるような本。リストラ、離婚、がん、恋愛・・・若いときには感じなかったことが現実になってくる。同感できる1冊です。
ちなみに、オレも「地球防衛軍」です(笑)

40歳=不惑。
オレはずっと前に40歳は無事?クリアしたけれど、何が不惑じゃ、途惑うことばかりじゃないか!
今にして思えば、40歳の境目から昂ぶりが感じられなくなった気がする。やる気が無くなったからということでもない。日々の生活、仕事も普通にしている。ただ新しいことが見つけられなくなったのだ。すべて今までの経験で判断できることばかり。オレじゃなきゃできないような事をしてみたくなっているのかもしれない。今までの経験を活かしてみたいのかもしれない。最近の営業メールには必ず「心躍る仕事ありませんか?」という一言を添えている。

先日、大学時代の仲間から連絡があった。
国家公務員を辞めて、福祉関係のNPOを立ち上げるのだそうだ。「夢を語るから、飲みに来い! そして協力しろ!」とのこと。なんかこの一言を待っていたような気がする・・・でも、秋田は遠いなぁ!?

追申:40代の恋愛に関しては「もしも、私があなただったら」がお薦めです。

19:13  Posted by juzji
読書 : comments(12) : trackbacks(10) : 

COMMENTS

posted by Roko  at 2006/05/06 8:55 PM
juzjiさん☆マイレコへトラバ&コメントありがとうございます。

あと半分の人生をどう楽しむのかが大事だと最近思っています。
これからも、よろしくお願いします。m(__)m
posted by ERI  at 2006/05/06 11:00 PM
はじめまして!TBありがとうございます。私も40代ですよ。新しいことを始めるなら今かもしれない、と思ったりしますよね。石田さんはそういう気持ちをすくうのが上手です。これからもよろしくお願いします。
posted by juzji  at 2006/05/06 11:02 PM
Rokoさん、コメント&TBありがとうございます。

今までの経験を活かして、お互いがんばりましょう。って、よくありがちな挨拶になってしまった(@_@;)
これからもよろしく!
posted by juzji  at 2006/05/06 11:11 PM
ERIさん、コメント&TBありがとうございます。
学校を出て20年、定年まで後20年?
40歳って「ちょうど」な歳なんでしょうね。今までの経験を活かしていきたいものです。
こちらこそ、よろしくです!
posted by モック  at 2006/05/10 1:04 PM
TBありがとうございました。TB返しさせてもらいますね。

私は来春から社会人になります。この本を読んでいたら、今の気持ちを
いつまでも持ち続けることがいかに大事か伝わってきました。
posted by juzji  at 2006/05/10 7:03 PM
モックさん、コメント&TBありがとうございます。

来春から社会人ですかぁ…。
よくありがちな先輩からの一言としては、若いうちは今目の前にあることを「一所懸命」やる、ってことですかね?「一生」ではなく。

がんばってください。
posted by giants-55  at 2006/05/17 11:36 PM
初めまして。書き込み及びトラックバック有難うございました。

「IWGPでデビューした頃の文体の瑞々しさが無い。石田衣良氏も、もう終わってしまったのか?」そんな声が、この作品を読んだ人の中から少なからず上がっています。でも、自分にはそうは思いません。現状に甘んじず、この作品のテーマの様に「40歳から始めよう!」という心意気で、彼が新しい方向性を探っているのではないかという気がします。そして、年代によってこの作品の受け取り方も違うのではないでしょうか?自分はこの作品に登場する人間達と同世代なので、読んでいて身につまされるものが在りました。

夢を見る事を忘れてしまった中年世代に、ひと時の夢と力を与えてくれる作品と言ってしまうと、褒め過ぎでしょうか^^。

これからも宜しく御願い致します。
posted by   at 2006/05/18 7:02 PM
giants-55さん、コメントありがとうございます。

40代、それほど真剣に考えたことはありませんでしたが、この本を読んでなるほどなぁ、と感じました。
生と死を捉えると、死に直面することも多くなるわけで、いろんな変化があらわれてくる年齢なんでしょう。
これからもよろしくです。
posted by dango  at 2006/11/21 10:14 AM
初めまして コメントありがとうございました。
こちらで他の方のコメントも読ませていただき、40歳はもう少し先ですが それまでの時間も大切にせねば・・・とあらためて思いました。
ありがとうございました。
posted by juzji  at 2006/11/21 10:20 PM
■dangoさん

あまり深く考えてはいないですが、「今」をきちんを頑張っていれば、それなりの人生があるのかなぁ、と漠然と思っています。
コメントありがとうございます。
posted by やぎっちょ  at 2007/01/08 11:42 PM
juzjiさんこんばんは。
TBすみませーん。直リンク貼りました!
わーでも、マコトが40歳になるってあんまり考えたくないなぁ。ということはタカシも40歳に。。。うーむ。
posted by juzji  at 2007/01/09 10:21 AM
■やぎっちょさん
直貼り、お手数をおかけしました m(__)m
>マコトが40歳になるってあんまり考えたくないなぁ。
お気持ちは、よ〜くわかりますが…
避けて通れませんねぇ。
でも、タカシは渋い40歳やってるんだろうねぇ、きっと。
 
 
 


 

TRACKBACK

My Recommend Books !  at 2006/05/06 8:51 PM
40 翼ふたたび(石田衣良)・・・Roko
40翼ふたたびposted with 簡単リンクくん at 2006. 4. 9石田 衣良著講談社 (2006.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 40歳から始めよう。再スタートに遅すぎることはない。(本文より抜粋)  主人公の喜一さんは40歳。ちょう
ついてる日記?  at 2006/05/06 8:53 PM
40 翼ふたたび
40 翼ふたたびposted with amazlet on 06.04.07
おいしい本箱Diary  at 2006/05/06 10:53 PM
40(フォーティ) 翼ふたたび 石田衣良 講談社
一言でいうと。 40代への応援歌、ですね。 「週間現代」に連載ですからね〜。 「おい、40代よ、もっぺん頑張ろうぜ」という気合に 満ちている。人生の折り返し地点、なんていう言葉が 頻繁にでてくるんですが。 う〜ん、どうも私達40代はこれ、というインパ
華麗なる政策の貴公子  at 2006/05/10 1:01 PM
40(フォーティ)翼ふたたび
今日は最近読んだ本の紹介を しようと思います。 紹介する本は石田衣良さんの 「4
ば○こう○ちの納得いかないコーナー  at 2006/05/17 2:51 AM
「40(フォーティ) 翼ふたたび」
古本売買の全国チェーン「ブックオフ」の社長が、6月24日付で交代とのニュースが載っていた。何でもパート店員から常務に迄登り詰めた女性が社長に就任するという事で、同じ様な経歴を辿った吉野家現社長を想像させる人事だ。そしてこのニュースで初めて知ったのだが
ALICE555♪  at 2006/08/06 10:51 PM
40 翼ふたたび
40 翼ふたたび 石田 衣良 こんな本も買ってあったんだ。
つんどくの日々  at 2006/09/14 9:10 PM
40翼ふたたび 石田衣良
<40歳からはじめよう> この作品は、石田さんには失礼だろうけれど、予想外に良かったです。 いろんな意味で、共感できるなーというところが随所にありました。 吉松喜一40歳。大手の広告店をリストラもどきの辞め方をし、友人の仕事につくも、長続きを
GOING MY WAY!  at 2006/11/20 3:43 PM
40翼ふたたび
40 翼ふたたび 石田 衣良 石田衣良さん、初めて読みました。 テレビのコメンテーターではよく見ています。 あとは池袋ウェストゲートパークをドラマで見たくらい・・・。 どんな話を書くひとなのか、ちょっと楽しみでした。 〜内容〜40歳から始めよう 主人
石田衣良の小説  at 2009/12/31 12:39 PM
40(フォーティ)翼ふたたび
Amazon.co.jp ウィジェット■40(フォーティ)―翼ふたたび (講談社文庫) ・真夜中のセーラー服・もどれないふたり・翼ふたたび・ふたつの恋が終わるとき・われら、地球防衛軍・はい、それまでよ・日比谷オールスターズ これといった仕事もないまま半分人生に見切
石田衣良の小説  at 2009/12/31 12:45 PM
作家 石田衣良
石田衣良の小説には登場する人物の一人一人に特徴・個性があって、それが物語に幅を持たせています。 特に池袋ウェストゲートパーク(IWGP)シリーズは秀逸です。石田衣良の作品 | 池袋ウエストゲートパーク | 少年計数器−IWGP? | 骨音−IWGP? | 電子の星−IW
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。