<< 【エスティマ】試乗 : 【DJ・ミックス・ストロベリー】 >>

【思い込み】 〜オヤジの背中〜

昔は技術や経験を子供に伝えていた。
それがオヤジの背中という言葉になり、好きも嫌いもわかりやすかった。
その言葉から反面教師という言葉もあった。

今は…
技術は親を越え、経験の価値観が良くわからなくなった。でも、経験だけは金で買えない。

そんな中…
子供には、やりたいことをさせてあげたい。
やりたいことを見つけて欲しい。
などということを平気で言っている。金をかけている。
これは逃げである。
自分ができなかったことを子供に押し付けている。
ないしは、自分が押し付けられていることを子供にはさせたくないという。
子供のためを思った錯覚である?

何をしたらいいかが、わからないヤツが増えている。

19:04  Posted by juzji
もの想い : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。