<< 【井の頭公園】 : 【ダークナイト】 >>

【少女】 湊かなえ 著

評価:
湊 かなえ
早川書房
¥ 1,470
(2009-01-23)

「僕はきみたちくらいの子が怖いんだよ。平気な顔をして嘘をつく。ムキになって嘘をつくうちに、だんだんとそれが本当のことのように思えてきて、逆恨みする。自分のことしか考えていない子たちのせいで、大切なものを失うのは、もう、こりごりなんだ…」



【あらすじ】
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。由紀は病院へボランティアに行き、重病の少年の死を、敦子は老人ホームで手伝いをし、入居者の死を目撃しようとする。少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?

「告白」に続く、第2弾…
これもまたヒトの心に潜む「悪意」が語られる、怖い本です。

誰にでも経験のある、青春のゆらめき。
「死」に対するあこがれや、美意識という錯覚。
そしてラストにかけて、別々な糸が一本に繋がっていった時に見えてきたものは?

「告白」ほどの衝撃はないが、普通に生活している中でのちょっとした行為が悪意に変わるとき、やはり背筋がぞっとする。

悪意…
それは誰しもが持っている、「いたずら」の延長かもしれない、、、の、ポチッ
 

 湊かなえ:告白

JUGEMテーマ:読書
18:06  Posted by juzji
読書 : comments(4) : trackbacks(14) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2009/04/13 8:43 PM
まだ「告白」も読んでないんですよ。
なんか最近読書のペースが遅くて・・・。
目もすぐ霞んじゃうし・・・歳ですかねぇ。(笑)
いまやっと「レベル7」読んでます。(^_^;)
posted by じゅずじ  at 2009/04/13 8:54 PM
■あらいぶさん
「告白」を先に読んだほうがいいよ!
これは、それよりちょっとトーンダウンかな…
最近、土日も引きこもりしてるんでペースがあがってます(^^ゞ
posted by 水無月・R  at 2009/04/21 10:33 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
ちょっとした悪意だったはずが、とんでもない結果を生む、その展開がすごかったです。
しかも、どこにでもいそうな、どこにでもありそうな、現実にもきっとあるんじゃないか・・・というのが、ひどく恐ろしかったです。
posted by じゅずじ  at 2009/04/22 12:44 PM
■水無月・Rさん
>現実にもきっと…
誰もきづいていないだけかもしれませんね。
きづいたときには、それは事件として扱われる。
その差が、ほんのわずかなことに恐怖を覚えます。
 
 
 


 

TRACKBACK

今夜、地球の裏側で  at 2009/04/14 9:46 PM
『少女』湊かなえ
 死ぬほど追いつめられるようなことを一番打ち明けたくないのは、同じ集団に属している人たちで、なかでも、友だちっていうことを、おとなは知らないのかな。(本文より)  親友の自殺を目にして死を悟ったと語る転校生・紫織の話を聞いた由紀と敦子は、「人が死ぬ瞬
しんちゃんの買い物帳  at 2009/04/14 10:45 PM
「少女」湊かなえ
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)(2009/01/23)湊 かなえ商品詳細を見る デビュー作「告白」の誕生は偶然ではなかった。本書によって、この著者...
積んどく? 読んどく?  at 2009/04/15 12:04 AM
湊かなえ 『少女』
 剣道で日本一になりながら、試合中のケガで敗れたことと中傷から剣道の道を閉ざした敦子。痴呆の祖母から受けた暴力で左手の握力を失った由紀。互いに親友と認めるふたりだが、距離は少し開いてしまった。紫織から自殺した友人の話を聞き、ふたりは死を身近に感じたい
粋な提案  at 2009/04/15 1:29 AM
少女
高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。 魅せられたふたりの胸に、ある思いが…。 青春小説のような明るさです...
ひなたでゆるり  at 2009/04/17 11:56 AM
『少女』湊かなえ
少女 湊かなえ/早川書房 高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは? 前作と比較するのはあまり意味がないことなのですが、ちょうど前作『告白』を読み終え
心の音  at 2009/04/19 9:34 AM
少女/湊かなえ
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)早川書房 湊 かなえ ユーザレビュー:告白を超えていない作 ...未成年者向けケータイ ...とても読みやすかった ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2009/04/21 10:12 PM
『少女』/湊かなえ ◎
前作『告白』が、かなりインパクトのある物語で、本作『少女』はどうなんだろう・・・という期待と不安がありました。今度もM市図書館の予約待ち30人以上でした。やっと手元に回って来て、半日で読了しました。 ・・・湊かなえさんは。怖ろしい作家さんです。
Bookworm  at 2009/04/24 5:28 AM
少女(湊かなえ)
またもや記事を溜めてしまった;;;10日以上も前に読んだ本の感想なんて、私には書けんわっ!と呟きつつ、自分で蒔いた種なので頑張って書いてみるー。でも、もう記憶が薄れて・・・;;;めっちゃ簡潔感想で乗り切ろう(笑)
映画な日々。読書な日々。  at 2009/04/27 11:22 PM
湊かなえ 『告白』
告白 湊かなえ 双葉社 1470円 Amazonで購入 書評 /ミステリ・サスペンス 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真
映画な日々。読書な日々。  at 2009/04/27 11:28 PM
湊かなえ 『少女』
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp 高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見た
あるばむ だのん  at 2009/05/06 8:04 AM
『少女』 湊かなえ
人が死ぬところを見てみたい、と思う少女たち。 それはやっぱり、人が死ぬところを見たことがないからわく感情なのだろうと思う。 TVでも映画でも、本の中にも、人が死ぬところはあふれている。 何より現実世界にも…。 ニュース、新聞、あらゆるメディアが死を伝えてい
やっほっほ〜  at 2009/08/10 10:09 AM
ひと夏の経験 『少女』【小説】
少女 湊かなえさんの作品 高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられたふたりの胸に、ある思いが浮かぶ。 人が死ぬ瞬間を見たい。 由紀は病院で重病の少年の
itchy1976の日記  at 2010/06/16 5:59 PM
湊かなえ『少女』
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)湊 かなえ早川書房このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『少女』を紹介します。同著者の『告白』という著書が結構良かったので、同書も読んでみようかなと思いました。所々毒を聞かせたものもありましたが、『告白』ほどの衝撃
デコ親父はいつも減量中  at 2010/09/01 10:32 PM
少女<湊かなえ>-本:2010-33-
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)クチコミを見る # 出版社: 早川書房 (2009/1/23) # ISBN-10: 4152089954 評価:77点 内容紹介 高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。その告白に魅せられた
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/1999