<< 【元祖札幌や】 五反田TOC店 : 【時の戯れ】 >>

【プリンセス・トヨトミ】 万城目学 著

評価:
万城目 学
文藝春秋
¥ 1,650
(2009-02-26)

大阪が完全に止まってしまった

しかし、それが何の話題にもならなかった、恐怖…


【あらすじ】
5月末日の木曜日、大阪が完全に止まる。あらゆる種類の営業活動、商業活動、地下鉄、バス等の公共機関も一切停止。しかしそのことは大阪人以外は全く知らない。その発端となったのが、会計検査院からやってきた個性豊かな調査官3人と、空堀商店街にあるお好み焼屋の中学生の息子に、その幼馴染の女子。彼らが、大阪人に連綿と引き継がれてきた、秘密の扉を開けてしまうのだった……。 

登場人物が最初から意味深でした。

江戸組:松平、鳥居、大久保…
大阪組:真田、橋場、浅野、後藤、島、蜂須賀、石田、長宗我部、竹中、宇喜田…

もうこれだけで、なんとなく話しが見えてきますよね。

その中で、「旭」だけがちょっと気がかり…

まぁ、キャラクターはいろいろ楽しませてもらいましたけど、深みはまったくない本、ということは確かです

京都の陰陽師奈良の鹿、そして大阪は、、、これですか

大阪の女は、男が何をやってるか、全部知ってるの。だから、敢えて何も言わへんの

「ねね」の怨念、執念、女はやっぱり怖いぞ、、、の、ポチッ


とりあえず、滑稽な本でした
怖さの無い伝奇小説を、あなたもぜひ…

JUGEMテーマ:読書
08:39  Posted by juzji
読書 : comments(14) : trackbacks(10) : 

COMMENTS

posted by Roko  at 2009/06/24 10:14 PM
じゅずじさん☆こんばんは
ホント、「怖さの無い伝奇小説」でしたねぇ。
それはともかく、真赤に燃える大阪城は見てみたいです!
posted by   at 2009/06/24 10:26 PM
スケールの大きなお話で、ここまでになると、ばかばかしさを超えて、感心してしまいました。
私も、真赤に燃える大阪城、この目で確かめたいです。
posted by 藍色  at 2009/06/25 2:06 AM
こんばんは。
キャラクターをいろいろ楽しませてもらったうえに、スケールの大きさは、大阪ご出身のさまざまなSF作家さんたちのエッセンスまで感じ取れるみたいでした。
面白かったです。
posted by じゅずじ  at 2009/06/25 1:00 PM
■Rokoさん
まぁ、荒唐無稽なんでしょうけど、、、ワクワク感はありますよね。
>真赤に燃える大阪城…
映画なら絶対やってくれるでしょう(笑
posted by じゅずじ  at 2009/06/25 1:02 PM
■花さん
豊臣家に伝わる…
いろいろ伝聞がありますから、大正時代とかの時代背景であれば、「あり」の小説かもしれません(笑
posted by じゅずじ  at 2009/06/25 1:04 PM
■藍色さん
わかりやすいキャラでしたよね。
名前見るだけで、想像できてしまう(笑
「太閤」さんは、今でも親しまれてますもんねぇ!
posted by しんちゃん  at 2009/06/25 6:07 PM
大阪人の多くは、大阪を独立国だと思ってます。
お上なんて大嫌いやもん(笑)
posted by じゅずじ  at 2009/06/25 7:38 PM
■しんちゃん
そっかぁ、根本的に違うんだ!
もともとの素材からして違いそうだよね(笑
納得!
posted by 雪芽  at 2009/06/25 9:32 PM
こんばんは。
これだけ大きなことが起こっているのに表沙汰にならない。
こっちのほうが怖いですねぇ。
荒唐無稽、判り易いキャラで読み易かったです。
女たちの手の平の上で真剣に遊ぶ男たちを愛おしく思いました。
posted by すずな  at 2009/06/26 5:32 AM
登場人物の名前だけでニマニマしちゃいました〜!
荒唐無稽ではありますが、本当に「大阪国」って存在してるのでは!?と思わせる何かが・・・(笑)
大阪に行きたくなりました☆
posted by じゅずじ  at 2009/06/26 7:13 AM
■雪芽さん
本当、大阪人は何を考えているんですかね(^^ゞ
やっぱり、大阪のおばちゃん、強しってところですね(笑
posted by じゅずじ  at 2009/06/26 7:14 AM
■すずなさん
橋本知事、最近がかなりがんばってますが、その裏には「独立」を考えているんです、きっと(笑
posted by 板栗香  at 2009/07/14 1:35 PM
私は大阪人なので読んでいる間中郷土愛を刺激されまくりで嬉しくなってしまいました。(^^ゞ 荒唐無稽な大法螺話なんですけど、実際にありえそうって思えてきますよね(笑)
posted by じゅずじ  at 2009/07/14 9:42 PM
■板栗香さん
郷土愛、わかりますなぁ(笑
身近なところが出てくると、やっぱりうれしいですよね。
それにしても…
大阪、あなどるなかれ!
 
 
 


 

TRACKBACK

Roko's Favorite Things  at 2009/06/24 10:07 PM
『プリンセス・トヨトミ』 万城目学
プリンセス・トヨトミposted with amazlet at 09.06.1
<花>の本と映画の感想  at 2009/06/24 10:18 PM
本「プリンセス・トヨトミ」
プリンセス・トヨトミ 万城目 学 文藝春秋 2009年2月 プリンセス・トヨトミ/万城目 学 ¥1,650 Amazon.co.jp 会計検査員の松平、鳥居、旭ゲーンズブールの三人
ここから  at 2009/06/24 11:50 PM
プリンセス・トヨトミ/万城目学
本ネタ、ためちゃいました。 感想文自体は、読んで比較的すぐ書いてあったのですが。 今日は全部UPしちゃいましょ。 先月末に発売されたこの本、図書館での順番待ちを長々することもなく早々と読めました。 図書館からも貸してもらい(たぶん1番)、ばななさ
粋な提案  at 2009/06/25 2:01 AM
プリンセス・トヨトミ
五月末日、大阪が全停止した。鍵となったのは、 会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った少年少女だった―。 調査官は豪...
しんちゃんの買い物帳  at 2009/06/25 6:07 PM
「プリンセス・トヨトミ」万城目学
プリンセス・トヨトミ(2009/02/26)万城目 学商品詳細を見る このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止し...
コンパス・ローズ  compass rose  at 2009/06/25 9:26 PM
「プリンセス・トヨトミ」 万城目 学
冷蔵庫にアイスは入っている。準備万端これでヨシ、っと。&nbsp; このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生ま
Bookworm  at 2009/06/26 5:26 AM
プリンセス・トヨトミ(万城目学)
じ〜んわりと心に沁みた。 万城目作品らしく、ぶはぶはと大笑いする事は無かったけれど、うっかり涙してしまった。
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2009/07/14 1:31 PM
万城目学  プリンセス・トヨトミ
このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった 私は結婚を機に大阪を離れましたが、ず
Akira's VOICE  at 2009/07/26 3:02 PM
デコ親父はいつも減量中  at 2009/11/28 1:02 AM
プリンセス・トヨトミ<万城目学>−(本:2009年読了)−
プリンセス・トヨトミクチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2009/2/26) # ISBN-10: 416327880X 評価:88点 大阪の男のバカさ加減をしっかり書いてくれていて、読んでいてうれしくなった。 徳川が作り直した大阪城の下に、隠れるように作りあげられた大阪人の
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2148