<< 【雪椿】 : 【速報:大原麗子さん 死去】 >>

【1Q84】 村上春樹 著

説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ…




【あらすじ】
1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。
そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。
そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。
私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ…



青豆…
彼女はスポーツインストラクター兼暗殺者。
武器は細くけずったアイスピック。

天吾…
彼は小説家志望の塾講師。
受け持ちは数学。

  二人はまったく接点のない生活をしていたが、とある依頼が二人を近づけていく。

青豆…
宗教団体「さきがけ」教祖の暗殺。

天吾…
美少女「ふかえり」が書いた小説「空気さなぎ」のリライト。

  この二つが接点となり、周りに起こる事件とともに二人を追い込んでいく。

片や二つの月をながめ、片や二つの月の物語を書き進める。
キーワードはリトル・ピープル。

そして、過去に遡ってつながっていく青豆と天吾。
1984と1Q84。

いったい、それらは何を意味するのか…


結論から言いましょう
説明を受けなければ、その真髄はわかりそうもない。
ということは、説明を受けてもわからないということだ

まぁ、後は直接ご覧下さい。

オレ自身、村上春樹はほとんど読んだ記憶がないので比較はできませんが、率直な意見として、謎の解明にグイグイ惹かれるものがあったし、とても面白く読ませていただきました。

ということで…

とりあえず、流行りモノにはまかれてみました、、、の、ポチッ


この本に対して、いろんな憶測はあるようですけど、BOOK3,4と続編に解明を期待します…

 村上春樹占い

ところで、これも英訳されるんでしょうか!?
「1984」と「1Q84」、日本語読みすると納得できますけど、、、


JUGEMテーマ:読書
10:32  Posted by juzji
読書 : comments(3) : trackbacks(2) : 

COMMENTS

posted by morizo-  at 2009/08/06 4:59 PM
ご連絡
ブログ再開しました
かな〜り底からですが
あとは上を向くだけですので
どうぞよろしくお願いします。
posted by じゅずじ  at 2009/08/06 6:11 PM
■morizo-さん
了解しました!
あとで遊びに伺ってみます(^0^)/
posted by   at 2009/08/06 7:58 PM
初めまして!斉藤恵と申します。
現在、各アーティストのアンケートを実施しているので皆様に協力していただきたく書き込みさせていただきました。
あまり期限がないので是非とも協力の程お願い致します!!

【アンケートに協力いただいた方の中からVISAギフト券3000円分プレゼント!!】
※当選に関しましては応募いただいた後、返信の際にご案内させていただきます。

【アンケート内容】
Q1 あなたのお好きなアーティストを教えて下さい。
Q2 お気に入りのアルバムを教えて下さい。
Q3 その中で一番好きな曲を教えてください。
Q4 今までにそのアーティストのライブ・コンサートにいったことがありますか?
http://luminos.a.lisonal.com/artist/
それではたくさんのご応募お待ちしております。
 
 
 


 

TRACKBACK

ポコアポコヤ  at 2009/08/28 3:17 PM
「1Q84」と「少年カフカ」の感想
今回のこの「1Q84」は残念ながら私は凄く好き!って程の小説ではありませんでしたが、いつかきっとまた数十年後とか、村上さんが書いた本が自分の波長が合う!って事があるかと思うので、気長に楽しみに待とうと思います。
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2009/09/18 8:28 AM
村上春樹  1Q84
1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかも
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2211