<< 【チョコソーダ】 : 【月のうさぎ】 仙台0次会 >>

【ミスト】 DVD

霧の中に、、、ギャーッ


【あらすじ】
激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーを連れ、隣人の弁護士ノートンと街へ買い出しに向かう。3人がスーパーマーケットに入ろうとすると、店内は大混乱。外では軍人が歩き回り、サイレンが鳴り続ける。すると、ひとりの中年男が叫びながら駈け込んで来た。「霧の中に何かがいる!」と。店外を見ると深い霧が駐車場を覆っていた…


監督:フランク・ダラボン  原作:スティーヴン・キング
出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ…


一言、恐い映画です。

米軍の研究施設から漏れ出したもの、それは深い霧だった。
市民はただその霧が晴れるのを待っていたのだが、その中には、、、

米軍はついにパンドラの箱をあけてしまったのだ。
霧の中からは、次々と巨大な生物があらわれ、そして人を襲う。

  その時、スーパーに閉じ込められた人々のとった行動は

こういう心理状態になった時の人間は、やはり弱いですね。
自分では判断せず、何かに、誰かにすがろうとする。
そして、他人のせいにする。

リーダーシップとはなにか
救いはあるのか

まったく先がみえない展開に、恐怖の、、、ポチッ
 

そして、ラスト…

  えぇぇぇ、マジっ?

  うっそだろう、、、

 ミスト 公式サイト



JUGEMテーマ:映画
21:12  Posted by juzji
映画 : comments(2) : trackbacks(7) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2009/09/24 9:34 PM
これは面白そうですね。
怖い映画は大好きです。

でも、なんかタイトルに聞き覚えがある・・・。
wowowで見たのかなぁ?
記憶が定かでない・・・。
posted by じゅずじ  at 2009/09/25 12:17 PM
■ あらいぶさん
特別意識して借りたわけではないけど、まさにどんでん返し!
たまぁにこんなストーリーもあっていいかと(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

いやいやえん  at 2009/09/23 6:11 PM
ミスト
これはなかなか凄い。SFミステリーと思いきや人間心理ものでした 襲ってきた怪物は物語の中心ではなく、観客である私たちは、1つのこの事件におけるバッドエンドの部分を見せられています。 パニックに陥った住民たちが選んだ選択、それは本当に正しかったのか。
はっしぃの映画三昧!  at 2009/09/23 6:57 PM
2008-33『ミスト』を鑑賞しました。
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-33『ミスト』(更新:2008/05/19) 評価:★★★★☆ 「衝撃のラスト15分」 映画を観終わった後にあなたは「何を思い、誰を思うか」 さすが、スティーヴン・キングの原作だ。 あの状況にお
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  at 2009/09/24 12:16 AM
ミスト
人間の弱さを残酷にあぶり出すホラー怪作であり、本当の意味での「恐怖と残酷」を描ききった傑作である。キング原作の魅力が満載新たな傑作誕生に興奮! 74年に「キャリー」を発表して以来、30年以上もベストセラー作家として君臨し続けるスティーブン・キング
Sweet*Days**  at 2009/09/24 9:19 PM
『ミスト』
原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン CAST:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他 ある夜窓を突き破...
気ままな映画生活  at 2009/09/26 7:23 PM
No.133 ミスト
映画公開中に見た記事で、監督のフランク・ダラボンが、 脚本を書き、小説の結末を変更。 それを見た原作者のスティーブン・キングが、その結末 先に浮かんでいたら書いていたのにと悔しがったと 書かれてあった。原作者が嫉妬するほどの結末って?
むーびーふぁんたすてぃっく  at 2009/11/23 4:04 PM
ミスト
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー  at 2010/08/01 1:31 AM
「ミスト」
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 上映時間 : 125分 キャスト・スタッフ - ミスト 監督・製作・脚本 : フランク・ダラボン 原作 : スティーヴン・キング 出演 : トーマス・ジェーン 、 マーシャ・ゲイ
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2359