<< 【セピアのしげき】 : 【秋田へのいざない】 出発−大人の休日倶楽部 >>

【贖罪】 湊かなえ 著

おそろしい、罪の連鎖が始まってしまった。

  いま何位かな? next 人気ブログランキング

【あらすじ】
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?・・・

もしオレが事件に巻き込まれた時、犯人の顔をおぼえていられるだろうか

  きっと、無理だろうなぁ

夏休み、一緒に学校で遊んでいた友達が殺された。
彼女達は、犯人のことを思い出せないでいた。
そして、事件はそのまま迷宮入りとなり、時効間際の15年後。

目撃者の4人は、それぞれ重いものを背負っていた。

  それは麻子さんとの約束・・・

そのしばりにあって、4人はそれぞれまた事件にまきこまれていく。
いったい、その約束とは何か

興味深い本でした。
思いとは、誰にもわかるものではない。
ましてや、打ち明けないと伝わるものでもない。
そんな思いがせつせつと手紙にしたためられている。

告白」以上に、せつない告白だったように思います。

結局、あの事件さえなければ、、、の、ポチッ




JUGEMテーマ:読書
20:14  Posted by juzji
読書 : comments(8) : trackbacks(13) : 

COMMENTS

posted by 水無月・R  at 2009/11/10 10:44 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
…なんていうかホントにすごい悪循環でしたね。
あれさえなければ、恨みと悔いと悪意は生まれることはなかったのに・・・。
湊さんは、とても怖いです・・・。
posted by たちばな ますみ  at 2009/11/11 11:43 AM
ご無沙汰してます。TBありがとうございます!
事件にいやおうなしに巻き込まれたことで、人生を狂わされた4人が、新しい悲劇を生んでいく・・・
というとこが湊かなえらしいですね。

ところで「セピアのしげき」少女に思わずポチっと、してしまいました!!
posted by じゅずじ  at 2009/11/11 12:54 PM
■水無月・Rさん
伝えるって、難しいことですね。
やはりちゃんと説明しないとこういう事態になる、という普通の生活にも通じることかと。
でも、ここまで悲惨じゃないか(^^ゞ
posted by じゅずじ  at 2009/11/11 1:00 PM
■ たちばな ますみさん
人としてのおぞましい部分をうまく描いてると思いました。
読んでて、いやになるけど(笑
>「セピアのしげき」少女…
なんとなくミステリィっぽい顔をしてませんか!?(^^ゞ
posted by mahirose  at 2009/11/11 5:44 PM
TBありがとうございました^^
湊さんの本は、話し言葉で表現されて慣れるまで読みにくく感じましたが、慣れると非常に面白いですよね。
posted by じゅずじ  at 2009/11/11 6:39 PM
■mahiroseさん
基本的には、この手の本は拒否してしまいそうになるんですが、読み勧めるうちに、納得させられてしまいます。
posted by じゃじゃまま  at 2009/11/19 10:40 AM
麻子さんも自分の放った言葉がこれほどまでに少女たちを苦しめていたとは、その身勝手さに呆れて笑ってしまいました。
でも被害者の母からすれば・・・なんですけどね〜。でも結局は自分に戻ってきてしまったわけで、皮肉ですね。
posted by じゅずじ  at 2009/11/19 6:25 PM
■じゃじゃままさん
まぁ事件というものは、ある意味そういう小さなことかもしれませんが…
皮肉たっぷりでした(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

蒼のほとりで書に溺れ。  at 2009/11/10 10:40 PM
『贖罪』/湊かなえ ○
あ〜、なんて言うか、非常に評価の仕方が微妙です・・・。  物語としては、うわぁ・・・湊かなえさん大丈夫かしらん、こんなの書くとすっごく精神的に色々消費しすぎて辛くないかしらん…という感じで、相変わらずすごいな、と思うのですが。 この『贖罪』も、衝撃的
モコモコ雲を探しに♪  at 2009/11/11 10:15 AM
「贖罪」(湊かなえ)
{{{     贖罪           湊かなえ   東京創元社    }}} 田舎町に建てられた足立製作所の新工場の工場長の'''小四'''の才色兼備の一人娘・'''エミリ'''は、校庭で同級生の'
たちばな屋・ミステリ分科会  at 2009/11/11 11:33 AM
「贖罪」湊かなえ
「告白」 「少女」そして「贖罪」と、尻下がりになっている気がする湊かなえ。 後味のヘンな悪さは、大きくなってる?
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2009/11/11 8:07 PM
湊かなえ 贖罪
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせ
<花>の本と映画の感想  at 2009/11/11 8:31 PM
本「贖罪」
贖罪 湊かなえ 東京創元社 2009年6月 贖罪 (ミステリ・フロンティア)/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp 誇るべきところは空気
書評:まねき猫の読書日記  at 2009/11/11 9:36 PM
読書日記163:贖罪 by湊かなえ
タイトル:贖罪 作者:湊かなえ 出版元:東京創元社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 誇るべきところは空気のきれいさ、夕方六時にはグリーンスリーブスの音色。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺人事件。犯人と目
ナナメモ  at 2009/11/11 9:43 PM
「贖罪」湊かなえ
JUGEMテーマ:読書 誇るべきところは空気のきれいさ、夕方六時にはグリーンスリーブスの音色。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺人事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命
かみさまの贈りもの〜読書日記〜  at 2009/11/12 3:10 PM
贖罪 湊かなえ
静かな田舎町で起こった小学4年生の女児殺害事件。犯人の目星は立たず、関係者となってしまった同級生の女児4人の歪んだ将来を告白形式で描いた長編。 金持ちの美少女が被害者となった殺人事件を背景に、犯人と直接接触をした4人の同級生のその後が描かれているのだ
映画な日々。読書な日々。  at 2009/11/12 11:36 PM
湊かなえ 『贖罪』
贖罪 (ミステリ・フロンティア)/湊 かなえ ¥1,470 Amazon.co.jp 取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せな
今夜、地球の裏側で  at 2009/11/18 12:30 AM
『贖罪』湊かなえ
 これで、私の罪は、償えたのでしょうか?  自慢できるものは“日本一きれいな空気”くらいしかないある田舎町。夕方六時には帰宅を促す「グリーンスリーブス」のメロディが鳴り響く。そんな町で一人の少女が殺された。事件直前までその子と一緒に遊んでいた4人の少
itchy1976の日記  at 2009/11/18 12:22 PM
湊かなえ『贖罪』
贖罪 (ミステリ・フロンティア)湊 かなえ東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『贖罪』を紹介します。本書は同著書『告白』と同形式の語り口です。1章ずつ当事者一人が一人称で語られます。だんだん読み進めるにつれて、前の記述がこんなことかとわか
じゃじゃままブックレビュー  at 2009/11/19 10:12 AM
贖罪 湊かなえ著。
≪★★★★≫ 空気のきれいな田舎町で起こった美少女殺害事件。その目撃者となった4人の少女。目撃者であるのに、誰一人犯人の顔を覚えていない。 事件から3年後、一人の女性から投げつけられた言葉によって、彼女たちの人生は大きく変わっていく。 時効目前、あの時
りゅうちゃん別館  at 2011/10/27 6:10 PM
「贖罪」湊かなえ
殺人事件がトラウマとなり、悲劇の連鎖となる。 「贖罪」はそんな小説。(一部ネタばれあり)    【送料無料】贖罪価格:1,470円(税込、送料別) 湊かなえといえば「告白」で知られる。 「贖罪」も似た作風。 舞台は空気のきれいさが売りの田舎町。 小学校のプー
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2424