<< 【太宰治生誕百年号】 津軽鉄道 : 【大勝軒】 五反田TOC >>

【悪党】 薬丸岳 著

赦すとはどういうことなのか?
償いとは?

  一日一回のポチッ、よろしくお願いし致します next 人気blogランキング

【あらすじ】
自らが犯した不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。決して繁盛しているとはいえない事務所に、ある老夫婦から人捜しの依頼が舞い込んだ。自分たちの息子を殺し、少年院を出て社会復帰しているはずの男を捜し出し、さらに、その男を赦すべきか、赦すべきでないのか、その判断材料を見つけて欲しいというのだ。この仕事に後ろ向きだった佐伯は、所長の命令で渋々調査を開始する。実は、佐伯自身も、かつて身内を殺された犯罪被害者遺族なのだった…


犯罪前歴者調査・・・

それが探偵の佐伯に与えられた仕事だった。

  一人息子を殺された親の依頼
  母親に捨てられた子供の依頼
  殺人事件を起こした弟を母に会わせようとする姉の依頼
  横領した妹に真実を知らせようとする兄の依頼
  強姦事件の犯人が更生しているか確認しようとする弁護士の依頼

あの男を赦すべきか、赦すべきでないのかが知りたいのです。赦すべきならばその材料を見つけてほしい
  
そんな依頼の中、佐伯は姉の事件を重ね合わせていく・・・

犯罪者は刑期をつとめるだけで、赦されるのだろうか?
被害者、そして被害者家族の背負ったものにはどう償うべきなのか?
そもそも、犯罪者は本当に反省しているのだろうか?

やるせないですねぇ。

そして・・・
  考えたところで一生わからない。

確かに、そうかもしれません。
何かがおかしいのだろうけど、でもどうしたらいいかわからない。

ジレンマ、そういう本でした、、、の、ポチッ
 



JUGEMテーマ:読書

12:27  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(3) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2009/12/01 8:08 PM
薬丸さんの本って、デビューからこの路線なんですよね。
これ読んでみたいですね。
給料もらったら仕入れようかなぁ。
posted by じゅずじ  at 2009/12/01 9:06 PM
■あらいぶさん
ですねぇ!
ずっと暗くて、重くて、、、でも、無視できない。
人間のいやぁなところを、ちゃんと掘り起こしてくれてます。
いつも、考えさせられるばかりですけど。
 
 
 


 

TRACKBACK

しょ〜との ほそボソッ…日記…  at 2009/12/01 2:51 PM
【本】悪党/薬丸岳
悪党角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-31by G-Tools 主人公の佐伯修一は元警察官だけど不祥事を起こして退職し、今は探偵事務所に勤...
今夜、地球の裏側で  at 2009/12/02 9:26 PM
『悪党』薬丸岳
 犯罪の被害に遭った者にとって、最も苦しいのは、加害者が幸せに暮らしていると知ったときだ。加害者が自分の犯した罪をこれっぽっちも反省していないと悟ったときだ。(「第二章 復讐」より)  昔、まだ高校生だった姉を輪姦の末に殺害された過去を持つ佐伯修一は
ナナメモ  at 2010/01/06 9:00 PM
「悪党」薬丸岳
JUGEMテーマ:読書 復讐はなされなければならないのか!? 犯罪者と犯罪被害者、そして残された家族は、事件の後、どう生きてきたのか? 江戸川乱歩賞デビューの注目の新鋭、渾身の社会派ミステリ! 「天使のナイフ」を読んで気になっていた薬丸さん。だけど、なかな
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。