<< 【神武食堂】 青森県つがる市 : 【ついに内定!?】 >>

【ニッポンの景気】

ビートたけしのTVタックルを見て・・・

ニッポンの景気をどうやってあげようかという番組であったが、オレは根本的に違うのではないか、と思っている。

  なぜなら・・・

今の、今までの生活を維持しようという観点にたっているからだ。
大手にすがっている現状、その成長神話はあくまで輸出だった。
それが、日本の富になり、日本国民を潤わしていた。

  しかし・・・

今の日本は、すでに貧乏なのである。
国の借金が増え、すでに国際的にはイエローカードをつきつけられている。
株価としては、日本は負け組なのである。
そこをしっかりと認識しないと、手段をあやまるのではないだろうか!?

  デフレを無くすには・・・

勝間さんがおっしゃっていた、「円を110円にすればいい」。
確かに円安にすれば、とりあえず息をつけると思う。
しかし、それは日本だけの都合でできるものではない。
いずれ、日本が凋落の一途をたどることになれば、110円どころではなく、もっと下がるであろう。
そうすれば、世界とは戦えるのかもしれないが、今の生活物価は上がっていく。

昔もデフレはあったが、それはあくまで国内の問題だった。
国内での価格破壊であった。
仮に国内であれば、少なくとも生産現場は雇用があったのだ。
今や、価格破壊は国内ではなく、国外である。
そこには、まったく雇用が生まれないのだ。
そこをどうするのか!?

  だから・・・

輸入関税をつけるか?
江戸時代のように、鎖国するか!?

どちらにしても、よい答えにはならない。
モノを生産するには、海外から原材料を輸入しなければならない。
ましてや、燃料はほぼ100%輸入に頼っている。

  では・・・

オレが最近思ってることは、「日本の資源」をもっと利用すべきではないか?
ということである。
日本にきた中国人のブログを見ると、「空が青い、緑が多い、水がおいしい、システムがしっかりしてる」という意見が多い。
これって、日本に住んでいると当たり前のことだが、ある意味資源ではないのだろうか。
しかも、日本は「最先端の技術を持っている」と自負しているのである。

  ということは・・・

極端な観光国家を造ったらどうだろうか?
自然に優しい国家を造るというのはどうだろうか?
電線をすべて地下に埋めて、高い建物はすべて廃棄して自然美を謳歌する。
水はろ過技術を利用して、すべて清水にする。
電気は太陽電池を利用して、石油の輸入を極力減らす。

なにしろ日本には、四季がある。

それだけでも、中国やインドなど人口の多い国から客が呼べる。
年々桜が早く咲くことで観光時期がずれているなら、時期をあわせられるような研究をする。
各地方の祭りは、常用化する。
少なくとも、それだけで地方でプロの生活がなりたつはずだ。

  そして・・・

環境のシステムをまるごと輸出する。
砂漠地帯に日本のような庭園を作りたいという要望があったとしたら、日本の小川のある風景をそのまま移行できる技術、システムを輸出するのだ。

  今さらだが・・・

中国の国民が15億人、中国圏まで含めればとてつもない数である。。。
その一割が1億5千万人。
仮に1%としても、1千5百万人。
そんな、数が動くのだ。
数の原理は今さら言うまでもない、それがグローバルだからだ。

  高品質、大量生産・・・

それが日本を牽引していたのなら、すでにその地位は中国にとってかわれているのである。

まずは、それを自覚する必要があるのではないだろうか!?

とにかく、一人一人が変わらなければならない時代であることは確かだ・・・

長々と、失礼しました。

ご賛同の方も、そうでないかたも、、、ひとまず、ポチッ


海外からの介護利用に関しては、またいずれ・・・

22:56  Posted by juzji
テレビ番組 : comments(2) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

posted by morizo-  at 2009/11/24 9:29 AM
環境国家ですかね〜
観光はこちらでも永遠の課題ですね
新幹線が来たらどうなるのか
今更フォーラムしてます
posted by じゅずじ  at 2009/11/24 3:03 PM
■morizo-さん
もう生産型の成長は限界でしょうから、新技術に集中して環境を前面に出す展開をした方がいいと思うのですけど。
来年は青森にも新幹線が走りますね。
これと観光をどう結びつけるか、興味深々です(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。