<< 【恋して青森】 じゅずじ的選曲CD : 【目玉おやじカレー】 >>

【マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン】 小路幸也 著

あの人たちのお陰でわたしを縛っていたものは全て解かれて消えました・・・

  まずは来訪記念にどうかひとつ! next 人気blogランキング

【あらすじ】
国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子。混血の貿易商・ジョー、華麗な歌姫・マリア、和装の元軍人・十郎、そして、がらっぱちだけれど優しい青年・勘一にかくまわれ、敵に連れ去られた両親の行方と“箱”の謎を探る、興奮と感動の番外編・・・


とまどいました

何せ、いきなり昭和27年4月の始まり。
我南人もまだまだ子供。
それが、なんと昭和20年10月まで遡ったのだ

これじゃ、いつもの堀田家の朝の賑わいが味わえないじゃないか

いやいや、けっしてそうではありませんでした。
もっと、シリアスで、にぎやかで、そしてサスペンス・・・

幽霊おばあちゃん・サチが娘時代に巻き込まれた事件と勘一との出合い。
そして、それを取り巻く様々な人々との出合い。
やっぱり楽しい一冊でした。

それにしても、サチさんはすごい方だったんですね。
ますます堀田家が好きになりました、、、の、ポチッ
 

女は笑顔で過ごしているだけで、菩薩のように周りの人を幸せにする

納得ですねぇ。その人がそばにいるだけで、周りが全て明るくなるような。

何かを失うというのは、次に何かを得ることもできる
美しいものを、同じように美しいと感じられる。
 素晴らしいものを、同じように素晴らしいと思える


おっしゃるとおりです
信じてます! 出逢いは、かならずあると・・・

 【東京バンドワゴン】
 【シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン】


JUGEMテーマ:読書
21:08  Posted by juzji
読書 : comments(10) : trackbacks(11) : 

COMMENTS

posted by Roko  at 2010/01/05 11:40 PM
じゅずじさん☆こんばんは
サチさんと勘一さんの出会いでしたね!
やっぱり堀田家はすてきだわぁ〜。
posted by じゅずじ  at 2010/01/06 6:20 PM
■Rokoさん
まさか、こんな出会いがあったとは…
しかも、みなさんいいところの方々ばかりで(笑
堀田家、いいですねぇ。
ほんと、うらやましい(^^ゞ
posted by エビノート  at 2010/01/06 8:51 PM
じゅずじさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♪
堀田家の過去、楽しかったですね。
そしてやっぱりラブに満ちてました。
posted by じゅずじ  at 2010/01/06 10:30 PM
■エビノートさん
あけましておめでとうございます(^0^)/
こちらこそ、よろしくお願いいたしますm(__)m
堀田家の正月って、ものすごく楽しそうですよね。
やっぱり、家族ってみんなでいる時が一番輝いているように見えます!
posted by じゃじゃまま  at 2010/01/07 10:08 PM
じゅずじさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
サチさんってすっごい人だったんですね〜。そして強い!
一瞬、我南人と勘一がゴチャゴチャになってしまって、サチさんと我南人なんでこんな歳の差?って思ったら、親子でした。(笑)
posted by すずな  at 2010/01/08 5:31 AM
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!

私も最初は「あの賑やかな食卓シーンが無い〜;;;」と思ったんですが、その代わりのようにサスペンスもあったりで、とっても楽しめましたね〜。なんといっても、若かりし頃の勘一とサチさんに会えたのが嬉しかったです♪
posted by じゅずじ  at 2010/01/09 1:04 PM
■じゃじゃままさん
あけましておめでとうございます(^0^)/
品のいい方だとは思っておりましたが、、、まさか(笑
最初の展開がピンとこなくて戸惑いながら読ませていただきました。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
posted by じゅずじ  at 2010/01/09 1:06 PM
■すずなさん
あけましておめでとうございます(^0^)/
>あの賑やかな食卓シーンが無い・・・
ですよねぇ。
なんとなく地味な出だしだったし。
でも、血はつながってなくてもやっぱり堀田家はにぎやかな食卓でしたね(^^ゞ
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
posted by 苗坊  at 2010/10/22 12:11 AM
こんばんは^^TBさせていただきました。
私もはじめは驚きました。
登場人物を読んで最初の人は誰だ?と^^;
でも、サチと勘一の馴れ初めが分かってよかったです。
なんてドラマチックなのでしょう!素敵でした^^
次回作も楽しみです。
posted by じゅずじ  at 2010/10/22 7:24 PM
■苗坊さん
それぞれの人生、ほんとうにドラマチックですよね。
なれ初めもよかったじゃないですか!
堀田家と知り合えて、本当によかったなぁと(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

Roko's Favorite Things  at 2010/01/05 11:34 PM
『マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン』 小路幸也
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴンposted with amazlet a
+++ こんな一冊 +++  at 2010/01/06 9:45 AM
マイ*ブルー*ヘブン*小路幸也
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン(2009/04)小路 幸也商品詳細を見る 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQ...
猛読醉書  at 2010/01/06 2:08 PM
『マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン』 小路幸也
下町の老舗古本屋「東京バンドワゴン」シリーズ4冊目。今回は、語り手であるサチさんのお嫁入り秘話といった趣です。ずっと時代は遡って、昭和20年。敗戦から2カ月たった時から、物語は出発します。それにしてもサチさんが子爵令嬢だったとは。べらんめえの勘一がキ
今夜、地球の裏側で  at 2010/01/06 7:37 PM
『マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン』小路幸也
「あの、急いでいますのでお礼も出来ないんですが、お名前を」  からからと笑いながら、ひらひらと右手を顔の前で振りました。 「礼なんかいいさ。名前は堀田勘一ってんだ」  (第一章「On The Sunny Side Of The Street」より)  「東京バンドワゴン」シリーズ
まったり読書日記  at 2010/01/06 8:42 PM
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン 〔小路 幸也〕
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン集英社 2009-04売り上げランキング : 15219おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・
ナナメモ  at 2010/01/06 8:59 PM
「マイ・ブルー・ヘブン」小路幸也
JUGEMテーマ:読書 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智子。混血の貿易商・ジョー、華麗な歌姫・マリア、和装の元軍人・十郎、そして、がらっぱちだけれど優しい青年・勘一に
じゃじゃままブックレビュー  at 2010/01/07 9:53 PM
マイ・ブルー・ヘブン 小路幸也著。
≪★★★★★≫ 東京バンドワゴン、ここにあり!? まさか東京バンドワゴンだったとは。番外編!? いつも優しい語り口で物語を進めるサチさんの、在りし日の、勘一との出会い、勘一の父母と東京バンドワゴンでの日々の物語。 あまりにも優しいサチさんの目線や語り口に
Bookworm  at 2010/01/08 5:25 AM
マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン(小路幸也)
シリーズ4作目は番外編です。サチと勘一の出会いの物語。
本のある生活  at 2010/01/11 2:53 PM
「マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン 」小路幸也
マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴンクチコミを見る 今度はどんなお話なんだろうと、わくわくしながら読み始めたら、東京バンドワゴンシリーズの語り手、サチさんの娘時代の話でした。 サチさんは華族の令嬢だったんですね。サチさんの優しい語り口、あたたか
ご本といえばblog  at 2010/03/15 4:08 PM
小路幸也「東京バンドワゴン マイ・ブルー・ヘブン」
小路幸也著 「東京バンドワゴン マイ・ブルー・ヘブン」を読む。 このフレーズにシビれた。  何もこんなところで言い出さなくてもいいとは思うが。まぁお前らしくていいか [巷の評判] 猛読醉書では, 「彼らの人情、気風、悲しい運命などがさりげなく語られて、/1冊
苗坊の徒然日記  at 2010/10/22 12:10 AM
マイ・ブルー・ヘブン 小路幸也
マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン)著者:小路 幸也販売元:集英社発売日:2009-04-24おすすめ度:クチコミを見る 国家の未来に関わる重要な文書が入った“箱”を父親から託され、GHQを始め大きな敵に身を追われるはめになった、子爵の娘・咲智
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。