<< 【インドの青鬼】 : 【やせ薬!?】 >>

【カッコウの卵は誰のもの】 東野圭吾 著

カッコウっていう鳥は、ほかの種類の鳥の巣に自分の卵を産むそうだ。
そうして、雛を育てさせる、知ってるかい?

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が・・・

スポーツに遺伝子工学を持ち込んだ時、父の苦悩がさらに大きくなった。

父親というのは哀れな存在でね、妻からあなたの子供だといわれれば、信じるしかないんだ。

そう、娘は彼の子供ではなかったのだ。
しかも、妻の血も受け継いでいない。

  では、いったい?


物語を複雑に持って行き過ぎじゃないか、というきらいはあるが、次々と持ち上がる事件の真相が知りたくて一気に読める一冊。

本当のことを知ることは幸せなのか?
幸せとは何か?

ちょっとだけ悩むのもいいかも、、、の、ポチッ




JUGEMテーマ:読書
08:37  Posted by juzji
読書 : comments(4) : trackbacks(11) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2010/06/10 9:41 PM
旦那も☆三つでしたか。(笑)
なんか東野さんらしくない作品ですよね。
売れっ子過ぎて無理矢理ひねり出して書いたような・・・。
posted by じゅずじ  at 2010/06/11 12:16 PM
■あらいぶさん
読ませる技術はやっぱりうまいとおもうけど、ネタはよくある話でしたからねぇ(^^ゞ
posted by 苗坊  at 2011/05/16 9:57 PM
こんばんは。
ミステリ要素は気になってどんどん読み進んでいきましたが、東野さんにしては普通かなという印象でした^^;
嫌いではないんですけどねぇ。
posted by じゅずじ  at 2011/05/17 3:19 PM
■苗坊さん
残念ながら、際立つような一冊ではなかったですね(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2010/06/10 9:46 AM
東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの
親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても
日々のつぶやき  at 2010/06/10 9:53 AM
東野圭吾『カッコウの卵は誰のもの』
「アルペンスキーでオリンピックにも出場したことのある緋田の次の夢は娘の成功だった。 同じ道を選んだ娘風美、でも緋田には娘にも隠している秘密があった。」 東野さんの新刊、発売されてすぐ買ってあったのに・・やっと読みました! さすが東野作品、あっという
Akira's VOICE  at 2010/06/10 9:57 AM
Bookworm  at 2010/06/10 12:40 PM
カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾)
もやもや。どうもスッキリしない読後感。むー;;;
猛読醉書  at 2010/06/10 5:09 PM
『カッコウの卵は誰のもの』 東野圭吾
才能は遺伝するかどうか、というお得意の遺伝子ミステリー。それよりも、誰が主人公の若きスキーヤー風美に脅迫状を出したのか、事故はなぜ起きたのかのミステリーに引っ張られてし...
地下室で手記  at 2010/06/10 9:37 PM
今日の読書 カッコウの卵は誰のもの/東野...
カッコウという鳥は他の種類の鳥の巣に卵を産み、雛を育てさせるという習性は、きちんとどういう形で行われるかという所までは知らなくても、おそらく断片でも知っているというのが...
<花>の本と映画の感想  at 2010/06/10 10:09 PM
本「カッコウの卵は誰のもの」
カッコウの卵 東野圭吾 光文社 2010年1月 カッコウの卵は誰のもの/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。
本に埋もれたパンダ小屋  at 2010/06/14 2:10 PM
カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾
カッコウの卵は誰のもの/東野 圭吾     ★★▲☆☆(2.5) ¥1,680 Amazon.co.jp 東野さんの新刊!運よく入荷してすぐに予約が出来たのであまり待たずに借りれました。 しかし東野さんは書けば売れる!固定ファンが多いのでしょうね。 娘には才
笑う学生の生活  at 2011/02/11 6:44 PM
才能と遺伝子と事件
小説「カッコウの卵は誰のもの」を読みました。 著書は 東野 圭吾 娘の出生の秘密、スポーツ遺伝子 事件の犯人は? やはり 最後まで流れるように読める 読みやすさは安定してます 最後に一気に真相がわかって ちょっと 雑な感じもあるが・・・ とはいえ 最後まで楽
苗坊の徒然日記  at 2011/05/16 9:51 PM
カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾
カッコウの卵は誰のもの著者:東野 圭吾光文社(2010-01-20)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2 ...
花ごよみ  at 2012/09/11 9:13 PM
カッコウの卵は誰のもの  東野 圭吾
カッコウの卵は誰のもの 父親はスキーの元日本代表、 彼には同じスキーヤーである、 風美という娘がいる。 彼女の母親、智代は、 風美が2歳になる前に 自ら命を断っていた。 父親である緋田は風美の母、 智代の遺品から、 風美の出生の秘密を知ってしまう。 そん
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2867