<< 【旅、サプライズもまたよし!】 : 【上喜元】 FIFAワールドカップ公認 >>

【マドンナ・ヴェルデ】 海堂尊 著

ママ、私の子どもを産んでくれない?

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
正義のために、良心を捨てた女。海堂史上最強の魔女、ふたたび降臨! 桜宮市に暮らす平凡な主婦、山咲みどりのもとをある日一人娘で産婦人科医の曾根崎理恵がおとずれる。子宮を失った理恵のため、代理母として子どもを産んでほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは実の孫――この子はいったい、誰の子なの? ・・・


読み終わって素朴な疑問、料理と俳句はなんの意味があるのだろうか?

ジーン・ワルツ」の続編、というか視点を変えた物語です。
「シッター山咲さん」がなぜシッターになったのかがこれでわかる!

日本の法律では認められていない「代理母」という問題に正面から向き合っている。
しかし、読み進むたびに嫌悪感が増していく。
発展しつづける技術に対して、倫理はどうなのか?
まるで母体が道具のようにみれる。

自分の考えを自らの行動で示そうとする理恵、それに対して疑問をぶつける母。

はたして母の思いは娘に通じるのか?

希望する方がいる限り、避けて通れないことなんでしょうねぇ。

技術優先の医療に、警鐘の、、、ポチッ


お腹の子どもが授かり物じゃなくて、預かり物だから・・・

これには、地球的規模で納得しました。

《関連本》
 ジーン・ワルツ
 医学のたまご
 ひかりの剣



JUGEMテーマ:読書
18:03  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(9) : 

COMMENTS

posted by 水無月・R  at 2010/11/08 11:13 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
「ジーン・ワルツ」の側面ということで、「流れは同じだしな〜」なんて思ってたんですが、山咲さんの心情がしっかり描かれていて、よかったです。
双子のかおる君は『医学のたまご』があるので、今度は是非しのぶちゃんの方の物語も読みたいですね♪
posted by じゅずじ  at 2010/11/09 6:22 PM
■水無月・Rさん
謎だった部分がようやくはっきりしましたけど、こういう問題は自分の中でこなれてなくてもやもやしてます(^^ゞ
>しのぶちゃん…
ぜひ、読んでみたいですねぇ!
 
 
 


 

TRACKBACK

月の鼠  at 2010/06/29 10:04 PM
526「マドンナ・ヴェルデ」海堂尊〈図〉
「ジーン・ワルツ」の裏側とでもいうべき作品です。あちらでは、理恵先生視点ですが、今回は母であるみどり視点。 まさに医師と母の観点の違いがくっきりと描かれてます。 ちなみにヴェルデってどういう意味なのかな〜と調べてみたら、「みどり」でした。 やー…理
地下室で手記  at 2010/06/29 10:05 PM
今日の読書 マドンア・ヴェルデ/海堂尊
海堂尊の一連の医療現場啓蒙小説シリーズの1冊であり、産婦人科医でクール・ウィッチの異名をとる曽根崎理恵が中心となる作品「ジーン・ワルツ」の続編と言える1冊になります。続...
Bookworm  at 2010/06/30 12:34 PM
マドンナ・ヴェルデ(海堂尊)
「ジーン・ワルツ」と対になる作品。「ジーン・ワルツ」の主人公である曾根崎理恵の代理母となった母親みどりを主人公にした作品。
ナナメモ  at 2010/06/30 1:05 PM
「マドンナ・ヴェルデ」海堂尊
JUGEMテーマ:読書 「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三
本とご飯とお昼寝の日々 -読んだ本の感想-  at 2010/06/30 8:30 PM
マドンナ・ヴェルデ / 海堂 尊
海堂 尊さん・・・もう読まないつもりだったのだが、 「ジーン・ワルツ」を別の角度から見た作品ということで、「マドンナ・ヴェルデ」読ん...
本のある生活  at 2010/07/03 1:00 PM
「マドンナ・ヴェルデ」海堂尊
マドンナ・ヴェルデクチコミを見る 「ジーン・ワルツ」で描かれたマリアクリニックでの代理母出産を、出産するみどりの側から描いた物語で、「医学のたまご」のかおるくんが生まれるに至った物語でもあります。「ジーン・ワルツ」と「医学のたまご」でなじみのある
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!  at 2010/07/08 4:52 PM
マドンナ・ヴェルデ / 海堂尊
50歳代の代理母!? マドンナ・ヴェルデposted with amazlet at 10.05.14海堂 尊 新潮社 売り上げランキング: 4362おすすめ度の平均: 男性から見た、母性...
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2010/11/08 10:52 PM
『マドンナ・ヴェルデ』/海堂尊 ○
あの【バチスタ・スキャンダル】から約3年・・・。 東城大学のある桜宮市ではなく東京の片隅で、クール・ウィッチ(冷徹な魔女)魔女と呼ばれた曽根崎理恵が産科医療に一石を投じた、『ジーン・ワルツ』の別の側面の物語である。 何を考えているのかよくわからなかっ
【徒然なるままに・・・】  at 2012/02/26 11:43 AM
『マドンナ・ヴェルデ』 海堂尊
また海堂作品が溜まってきてしまいました。気合を入れて一気に読むか! ・・・まあ、無理だろうけど。 それはさておきこの作品、これまでとはちょっと趣が違います。 というのも実はこの『マドンナ・ヴェルデ』は、『ジーン・ワルツ』のアナザー・ストーリー。 「
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2911