<< 【京都の朝】 : 【涼みすいか】 >>

【告白】 映画

告白が、あなたの命につきささる。

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング


【あらすじ】
女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、ある方法にてその二人の生徒に復讐する。そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた・・・

監督・脚本:中島哲也  原作:湊かなえ
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃・・・

十分、つきささりました


原作は「怖い」と思った。
そして映画は「残酷」だと思った。

  告白タイム:
  3月25日 終業式当日
  10時 1年B組 ホームルームにて

松たか子の「告白」から始まる一連のストーリーにずっと緊張感が漂う。

息を呑む、とはこういうことをいうのだろうか。

派手な映像があるわけでもなく、大きな盛り上がりもあるわけでもないのだが、目が離せない。
それは「告白」をするクラスメートや家族、そして犯人とされる少年たちの心理描写がうまく映像にとりいれられているせいだろう。
とにかく釘付けだった。

そして最後・・・

やはり、ここにも何の答えはないのだが、やるせなさの中に、松たか子の慟哭とニヒルな笑みが復讐の葛藤のように思えた。

秀逸な作品である。

中島哲也監督、あなたはやっぱりすごかったぞ、、、の、ポチッ
 

映画が終わって、ようやく深呼吸させていただいた、ホッ

 告白 原作
 告白 映画公式サイト



JUGEMテーマ:映画

18:29  Posted by juzji
映画 : comments(2) : trackbacks(10) : 

COMMENTS

posted by シムウナ  at 2010/07/26 8:53 PM
TB有難うございました。
今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
満足度でした。単純に面白いと一言で
終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
演技にも魅了されました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
posted by じゅずじ  at 2010/07/26 10:29 PM
■シムウナさん
>今年度の邦画の中では1,2位・・・
同感です!
緊張感がずっと続いていて、心を休めるヒマもありませんでした。
後で評価ポイントさせてもらいますねぇ!
 
 
 


 

TRACKBACK

日々のつぶやき  at 2010/07/16 6:46 PM
【告白】
監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃   先生の娘を殺したのは、誰? 「ある中学の1年B組、終業式の騒がしいホームルームで担任教師の守口が語り始めた。 自分の小さな娘愛美が死んだのは事故ではなかったこと。そして犯人はこのクラスの生徒
yanajun  at 2010/07/16 6:49 PM
告白 (松たか子さん)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●
映画のブログ  at 2010/07/16 7:15 PM
『告白』 はじけたのは何か?
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
狂人ブログ 〜旅立ち〜  at 2010/07/16 7:45 PM
「告白」感想
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
蚊も無視する・・・そんなブログ  at 2010/07/16 8:11 PM
告白(映画2010年) 【印象度:89】
会社を早めに切り上げて、池袋テアトルダイヤの レイトショー(21:15〜)で鑑賞してきました。原作は未読です。 この劇場は初めてでしたが、スクリーンが小さめです。 公開して間がないため、遅い時間ですが、結構入っていました。 中学校を舞台にしたミステリィ
映画DVDなんでも情報局  at 2010/07/17 10:48 AM
映画DVD
これだけ映画のDVDが売れているのは、現在日本の経済を牽引している年代層が影響しているからではないでしょうか。もちろん、映画は映画館で見るのがいちばんです。映画館で見ることが出来ないほど私達の生活環境があまりにも多様化し映画館という決められた場所に行
気ままな映画生活  at 2010/07/26 5:09 PM
No.220 告白
予告編から、そのストーリーに惹かれて これは映画館で観るべき、1800円払っても問題ないと 思いました。元はベストセラー小説ですが、 原作が注目されている事は知っていましたが、 冒頭からラストまで中だるみがなく、釘付け状態でした。
単館系  at 2010/07/27 3:10 AM
告白
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
itchy1976の日記  at 2010/07/30 5:48 PM
映画「告白」
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間
よしなしごと  at 2010/08/01 5:28 PM
映画:告白
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/2988