<< 【熱中症対策】 : 【十和田湖】 >>

【キケン】 有川浩 著

必要もないのに毎日のように、うっかりすると休みの日まで部室に入り浸っていたあの頃・・・

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語・・・


青春、どっ、、、ストライク、な本。

この本は、物語の感想を書くものではないな。

本を読みながら、自分の思い出の世界に浸るものだと思う。

大学生時代にやったいろんなことが思い出されてならない。
今思えば、なんてくだらないことをしたんだという笑い話にしかならないことだが、その時は真剣だった、そして熱かった・・・

■ 吹奏楽部でがんばっていたこと
■ 喫茶店でたむろしていたこと
■ 授業を受けずに麻雀してたこと
■ 4畳半に10数人で寝たこと
■ 一所懸命、くどいたこと

そして、金が無いからワンカップ酒を一気飲みして走り回ったこと
いっぱいネタがありましたねぇ

本書では主人公が30歳代だからまだわからないかもしれないが、50代になるとまたみんなで集まり始まるんだなぁ。
子供の手も離れるし、それぞれ仕事でもポジションを確保して少し余裕ができるんです。

でも、集まったら当時そのままの会話で大盛り上がり。

そんな青春を思い出させてくれる一冊に、、、感謝の、ポチッ
 



JUGEMテーマ:読書

21:36  Posted by juzji
読書 : comments(14) : trackbacks(13) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2010/08/18 10:03 PM
この人の本は読んだこと無いけど・・・・
これってマンガじゃないよね?
posted by じゅずじ  at 2010/08/19 12:08 PM
■ あらいぶさん
一応中身は文字だけです(^^ゞ
有川さんは、とにかく面白い!
オレは「図書館戦争」ではまっちゃいました。
posted by 水無月・R  at 2010/08/19 10:29 PM
じゅずじさん、TBありがとうございました(^^)。
学生時代、かっ飛んでバカなことやった人ほど、楽しめる物語ですよね(笑)。
とっても楽しかったです。
posted by やまふさ  at 2010/08/20 10:46 AM
ご訪問とTBありがとうございました。

>本を読みながら、自分の思い出の世界に浸るものだと思う。

まさしくそうだと思います。
どの世代の人にも懐かしく思い出させますよね。
posted by じゅずじ  at 2010/08/20 12:48 PM
■水無月・Rさん
はい、思いっきりバカやってました(笑
posted by じゅずじ  at 2010/08/20 12:58 PM
■やまふささん
卒業してから、5年後、10年後、20年後…
たぶんいろいろ環境は変わるんでしょうけど、学生時代はいつも一緒、そんな感じがしますよねぇ。
コメント、TBありがとうございました。
posted by 香桑  at 2010/08/22 1:26 AM
TBありがとうございました。
感想を書くのではなく、自分の思い出の世界に浸る本。おっしゃるとおりですね。
武勇伝や栄光譚のひとつやふたつ、今もどこかの学生さんたちが作っていることでしょう。むしろ、そんな学生生活を送ってほしいな、という気持ちが湧きました。
posted by じゅずじ  at 2010/08/22 8:52 AM
■香桑さん
「今の若い者は」…
まぁ、常々言われてますけど、それは昔も今も一緒ですね。
たぶん、青春は変わってないんだと思います(^^ゞ
posted by じゃじゃまま  at 2010/08/23 12:18 PM
くさいけど、本当に過ぎ去って分かる輝いてた時間ですよね〜。
当時は、分からないもんなんですよね、いかに楽しい時間だったかってこと。男子の家に押しかけて明け方までやった人生ゲーム(笑)や、バイトに明け暮れてた日々ですが、ああ、もったいない!もっともっといろんなことしておけばよかった。(爆)
posted by じゅずじ  at 2010/08/23 7:27 PM
■じゃじゃままさん
ワッハッハ…
学生時代は、かなりキケンな方だったんですねぇ(笑
posted by   at 2010/08/25 12:11 AM
遅ればせながら、トラックバックありがとうございます。
男の子だけの世界ってのはどうしてあんなに楽しそうなんだろう、と羨ましく読みました。意味のないエネルギーの爆発が楽しい作品ですね。
posted by じゅずじ  at 2010/08/25 6:29 PM
■智さん
ようするに子供なんでしょうね、男は(笑
そして、その時代を懐かしんでまた騒ぐ(爆
コメント、TBありがとうございます!
posted by じゃじゃまま  at 2010/08/25 9:34 PM
いやいや(汗っ)そんなキケンなこと想像しないでくださいよ〜。
いろんなことって、そんなことじゃ・・・(爆)
posted by じゅずじ  at 2010/08/26 12:50 PM
■じゃじゃままさん
人生ゲームとかトランプでしょ(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

日々のつぶやき  at 2010/08/19 10:30 AM
有川浩『キケン』
久しぶりの有川さん。 やっぱり楽しいーー!!! とっても好みです♪ 「成南電気工科大学機械制御研究部・・通称キケンにいきなり入部することになった1回生の元山と池谷。 個性的で対照的な二回生の先輩上野と大神に鍛えられ、部に馴染んでいく」 部長・上野
+++ こんな一冊 +++  at 2010/08/19 11:34 AM
キケン*有川浩
キケン(2010/01/21)有川 浩商品詳細を見る 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々...
TALKING MAN  at 2010/08/19 12:20 PM
キケン 有川浩 新潮社
ごく一般的な工科大学の数ある部活の一つである「機械制御研究部」、通称【機研(キケン)】。 これはその【機研】黄金期、今となってはレジェンドとなった時代を過ごした若者たちの物語である。
日々の記録  at 2010/08/19 6:31 PM
キケン/有川 浩
全作品読んでいる数少ない作家・有川浩さんの新刊、「キケン」を読み終えました。けっこうハイペースで新刊が発売される有川さんですが、ペ...
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2010/08/19 10:27 PM
『キケン』/有川浩 ◎
ベタ甘ラブロマじゃないのにッ! 読み始めてすぐに、白旗を盛ッ大に!振り回したくなりました。 いやぁもう、ホント有川浩さんだったら、どんな作品でもいいのか、お前は〜!と突っ込まれそうだけど。 タイトル通り『キケン』な【機械制御研究部】に、もうメロメロ{%
からまつそう  at 2010/08/20 10:39 AM
キケン (有川浩)
キケン 有川浩 著 徒花スクモ 装画・挿画 (2010年1月10日発行 新潮社)【キケン】成南電気工科大学機械制御研究部略称【機研】。彼らの巻き起こす、およそ人間の所業とは思えない...
心に残る本  at 2010/08/20 9:22 PM
「キケン」有川浩
有川浩「キケン」、ようやく読みました。 成南電気工科大学機械制御研究部、略して「機研」。その実態は、とても危険!というわけで、理系男...
ナナメモ  at 2010/08/21 8:28 PM
「キケン」有川浩
JUGEMテーマ:読書 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。 あぁ、面
香桑の読書室  at 2010/08/22 1:05 AM
キケン
 有川 浩 2010 新潮社 あー、面白かった。素直にそんな気持ちで本を閉じた。ほんと、楽しい。わくわくどきどきする感じがいっぱい。早く最後まで読みたいけれど、最後になると読み終えるのがもったいないぐらい。最後の仕掛けは、これをやっちゃうって、小説として
じゃじゃままブックレビュー  at 2010/08/23 12:13 PM
キケン 有川浩著。
≪★★★☆≫ 成南電気工科大学の、「機械制御研究部」略して「機研」で彼らが過ごした熱い4年間の物語。 大学きっての危険な男、機研の部長「成南のユナ・ボマー」こと上野。 機研副部長、大魔神、大神。お店の子、と呼ばれ、学園祭では伝説の百万超えを打ち出した元
読書日記〜防忘録〜  at 2010/08/25 12:07 AM
キケン 有川浩著 新潮社 2010年
 連作短編集。  ネタばれになってるかな、すみません;  【キケン】成南電気工科大学機械制御研究部の略称。これはその伝説的黄金時代を描いた物語である。  第1話 部長・上野直也という男  「学内一の快適空間」という謳い文句に興味を引かれていると、
本のある生活  at 2010/08/28 2:21 PM
「キケン」有川浩
キケンクチコミを見る 図書館に予約していたのがやっと回ってきたのですが、「竜馬がゆく」を読んでから、なんだか現実に戻れずにボケっとしてしまい読めなかったんです。そしたら先に読んでいた息子がおもしろかったというので、息子に背中を押されて読み始めました
笑う学生の生活  at 2011/09/27 11:49 PM
部の仲間たちと
小説「キケン」を読みました。 著者は 有川 浩 大学の部活内 物語 成南電気工科大学機械制御研究部 略して「キケン」 恋愛の騒動だったり、学園祭だったり ロボット大会だったり・・・ まさに、大学の部活ならではの 男たちの青春劇 有川らしい 誰でも楽しめる 作
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。