<< 【アリスホワイト】で乾杯! : 【富里の丸亀製麺】でうどんをいただく! >>

【農業】も海外へ!

工場がどんどん海外へ移転していく。

「進出」であれば国内にも工場は残り雇用は確保されるのだが、「移転」であれば雇用は最小限になってしまう。

ましてや農業・・・

自給率向上を旗印に国内の農業支援だけに目を向けている間に、農業をビジネスとして捉えている方々は農地を求めてどんどん海外へ「進出」している。
彼らは農業に対する思いとともに技術や経験も海外へ持ち込む。

日本では農地を思うように確保できないからだ。

日本は時代遅れの法律で現代農業をやれという。
 このままだと志ある農家は農地を確保しやすい海外に出て行かざるを得ない

(1月8日朝日新聞 農地を求めて海外へ)

国民を守るためにある「国家」という仕組みから、どんどん国民が逃げ出している現状。まさにシステムの崩壊である。

しかしこれは・・・
東京に仕事を求めて地方から人口が流入していることと似ているのではないか。
刺激を求めて都会へ出てくる仕組みと。
そしていったん都会へ出てきた者は、地方に戻ることが少ない。

農業もいったん海外へ進出したら、国内に戻ることはあるのだろうか?
それこそ「移転」してしまうのではないだろうか?

守ろうとするところからは何も生まれない。
「しがらみ」というコストが増えるだけだ。
しかし急激な変化を嫌う日本人には自らの変革は期待できない。
現政権をみても、とにかくグズグズだ。

ここはやはり黒船のTPPに期待するほかはあるまい。

もっと日本を磨こう、、、の、ポチッ
 
  ↑↑↑↑↑
なんとなく、それもありかなぁ!と思う方はぜひ。

大学生が内向きだという。
はたして大学生だけだろうか?
政治家や官僚の内向きにマスコミが追随しているだけではないだろうか?



JUGEMテーマ:ニュース

09:27  Posted by juzji
日本を磨け! : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。