<< 【ゆびとま】 〜高校教師編〜 : 【小さき者へ】 重松清 著 >>

【UDON】 いただいてきましたぁ

本日公開の「UDON」観てきました。というか、ちょっと感動いただいてきました。
「人を笑わせるのは簡単や。うまいものを食わせればええ。」

出演:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香・・・
監督:本広克行 制作:亀山千広 (「踊る大走査線」のコンビ)
《讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、編集部員の宮川恭子と2人でうどんをテーマにしたコラムを開始する。すると、これが大反響を呼び、ついには日本中を巻き込む一大うどんブームへと発展していくのだが…。》

話としては、よくあるネタ。
頑張って成功させて、終わった後に虚無感があって、でもまた…

気付いたら、こんなストーリーにめちゃくちゃ弱いオレがいる。
ユウスケがあくまでもサラっと演技しているのが、とても好感!
ちょいとおちゃらけの中、鈴木京香がビシっとしめている。
キャプテンUDONは・・・
途中、讃岐うどんの地元紹介?的な場面がどうかなとは思いましたが、肩をはらずに、気を楽にして見れます。もちろん、小笑いネタは盛り沢山。

ハラハラする場面もなく、大騒ぎするわけでもなく、大笑いするわけでもない。
まぁ夏の疲れを癒してくれる映画、というところですかね。

ちょい役がいい味だしてます!


終わったらやっぱり「うどん」が食べたくなった。
残念ながら讃岐うどんの店を知らないんで、相方お薦めの「四万十うどん」を食べてきました。美味!!!
17:11  Posted by juzji
映画 : comments(2) : trackbacks(20) : 

COMMENTS

posted by にら  at 2006/09/24 6:03 AM
「人を笑わせるのは簡単や」
って、言ってる場面が観客を泣かせようと演出されてるのはなぜ?

だからって、笑えもしませんでしたけど(笑)。

はじめまして、なのに、こんな辛口でゴメンナサイ。
てなわけで、TBありがとうございました。
posted by juzji  at 2006/09/24 7:18 AM
>にらさん
コメントありがとうございます。

>演出されてるのはなぜ?
ただの演出だからでしょう。まぁ、ポイントとしての場面設定だから、あんなもんでしょう。

深く掘り下げて見るような映画ではないことは確かです(笑)
 
 
 


 

TRACKBACK

Lovely Cinema  at 2006/08/26 5:57 PM
UDON
2006/日本 監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア、 小西真奈美、トータス松本・・・etc そばよりも、やっぱりうどんが好きです[:モグモグ:] 以下、ネタバレ感想
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜  at 2006/08/26 7:02 PM
ユースケ・サンタマリア 『UDON』 ☆ 今年70本目 ☆
『踊る大捜査線』の本広克行×亀山千広にユースケ・サンタマリアってことで、ちょっと期待し過ぎちゃったかなー。 【さぬきうどん】を主軸に2時間14分はちょっと無謀に長過ぎ。 キャプテンUDONなにそれ・・・。 全然笑えないし、要らないシーンだよぉ そんな
つなげろ!ニッポン1周リレー~青春の旅~  at 2006/08/26 9:18 PM
初ピンチ
【東京出発4日目 天気:晴れ 香川県高松市中央公園】 今日は、香川県高松市までやってきました! この町は、非常に栄えていて、都会な感じがします! 東京でいうと上野+神奈川の横浜みたいな感じですね(笑) 昨日の道の駅から高松市まではだいたい20キロくらいなんです
競馬研究会  at 2006/08/26 11:03 PM
馬券で6ヶ月目に家が建った!競馬関係者の極秘予想術!
始めまして、いつも楽しく拝見しています。 この度、「馬券で6ヶ月目に家が建った!競馬関係者の極秘予想術!」というサイトを作りましたのでトラックバックをさせていただきました。貴ブログの訪問者である競馬好きな方には、非常に有益な情報だと思っております。是
名言・格言・成功哲学・ことわざを英語で学び、モチベーションも向上!  at 2006/09/01 12:21 PM
UDON うどん 【英語の名言・格言・成功哲学】
UDONを観てきました。私はかなりの讃岐うどん好きなのです。香川県の「ソウル・フード」うどんを巡っての物語。UDONはイマニュエル・カントの言葉から始まります。正確な言葉は覚えていないのですが、「笑いは胃酸より消化によく効く」という感...
Rohi-ta_site.com  at 2006/09/03 3:39 PM
UDON
映画館で、出演: ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升 毅/片桐 仁/要 潤/ 小日向文世/木場勝己/江守 徹/二宮さよ子/明星真由美/森崎博之/中野英樹/永野宗典/池松壮亮/ムロツヨシ/与座嘉秋/川岡大次郎/脚本:戸田山雅司/監督:本広克行/作品『
オレメデア  at 2006/09/10 7:54 PM
UDON(8月26日公開)
「日本沈没」の上映前の予告CMで見て以来,ずっと気になっていた映画「UDON(うどん)」を見てきた BIGなお笑い芸人になるため,ニューヨークで生活する松井香助(ユースケ・サンタマリア)だったが,思うように笑いが取れず,劇場を解雇されてしまう 失意のま
よしなしごと  at 2006/09/13 3:14 AM
UDON 見てきました。
 うーん。どうなんだろう。だって、うどんですよ。ちょっと地味じゃないですか。でも交渉人 真下正義の本広克行監督と亀山千広そしてユースケ・サンタマリアのチームですからね。おもしろそうです。と言うわけで、UDONを見てきました。
Akira's VOICE  at 2006/09/13 11:03 AM
UDON
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか〜し,ダシは薄味。
HAPPYMANIA  at 2006/09/14 6:31 AM
UDON <ちょっぴりネタバレ>
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなんてこと
ねこのひたい〜絵日記室  at 2006/09/15 3:45 PM
『UDON』
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX−メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐  at 2006/09/16 11:10 PM
『UDON』
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) 制
CHEAP THRILL  at 2006/10/07 8:07 PM
真・映画日記(3)『UDON』
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文世な
Tokyo Sea Side  at 2006/10/21 7:57 PM
「UDON」
そんなに興味なかったけど、CMとかでよく見かけるから何だかんだで観てきました。…が。前半は勢いがあって良いんだけど、うどんブームがちょっとオーバーな気が …。そしてその勢いは後半には続かず、ちょっと長く感じました。また前半と後半のストーリーがプッツリ
気になる情報  at 2006/11/03 1:22 AM
小西 真奈美
小西 真奈美(こにし まなみ、本名同じ、1978年10月27日 - )は鹿児島県川内市(現鐔セ摩川内市)出身の女優、元・モデル?ATAMARAN(カタマラン)所属。旧所属はユマニテ。愛称はコニタン(リリー・フランキーが命名)。愛らしい童顔なルックスと長身のスタイルが特徴
Tokyo Bay Side  at 2006/11/04 8:39 AM
Udon
『UDON』 客席からは笑い声が聞こえたり、喋り声が聞こえたりと結構盛り上がっている様子でしたが、自分としては少々白けた映画でした。“キャプテンうどん”という制作側の自己満としか思えないキャラはどう観ても不要だったし、香川出身のゲストを寄せ集めた割に
映画、言いたい放題!  at 2007/03/25 9:24 PM
UDON
親の転勤で、小学校、中学と香川・高松で過ごした私。 この映画の予告編を観た時、もう、絶対観ようこの映画!と思いました。 というのは、景色が、あの独特の讃岐の感じがよく出ていたのです。 空気というか。。。 タイトルが「UDON」ということで、内容はちょっと
デコ親父はいつも減量中  at 2007/05/26 9:26 PM
UDON−(映画:2007年61本目)−
監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、木場勝己、鈴木京香、小日向文代、永野宗典、要潤、トータス松本 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) やっぱ「ソバ」より「うどん」だよな。 それも透き通るような汁の関西風うどんじ
みかんのReading Diary♪  at 2007/06/22 11:17 PM
DVD『UDON』
UDON スタンダード・エディション (2006/日本) 成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ
別館ヒガシ日記  at 2008/01/08 7:43 PM
UDON
UDONは日本映画専門チャンネルでし2ヶ月ほど置いた状態だったが 月曜7日の午前に鑑賞したが全体的に悪くなかったが少し長かったね 内容はアメリカで売れない芸人の主人公である松井が故郷の香川に帰って 讃岐うどんを食べタウン誌に就職し讃岐うどんをアピー
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/345