<< 【わさお】に会って来た! : 【おっ、から揚げ】!? >>

【デフレの正体】(藻谷浩介)を読了!

経済は「人口の波」で動く

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
「生産性の上昇で成長維持」という、マクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。日本最大の問題は「二千年に一度の人口の波」だ。「景気さえ良くなれば大丈夫」という妄想が日本をダメにした。これが新常識、日本経済の真実・・・ 

今、日本の経済を蝕んでいるのは、国際競争に負けた結果ではない。
国際競争にいくら勝っても、それとはまったく無関係に進む日本の国内経済の病気、「内需の縮小」の結果である。

では、なぜ内需が伸びないのか・・・

決して地域格差の問題ではない(青森県が比較対照になっているので興味深い)。
問題は生産年齢人口の減少と、高齢者の激増である、と作者は言う。

結婚、出産、教育、住宅などお金を動かす世代の人口が減っていているのに対して、財産もあり、年金も貰っている高齢者世代は自分の将来への不安から消費を押さえ、貯蓄に回してしまう。

もし高齢者世代が安心して消費できる環境が整えば、メーカーも潤い、その分給与増や就業機会も増えるのである。

目からウロコ・・・

確かに漠然と自分も同じようなことを思ってはいたが、数字の裏づけがあって説明されると納得がいく。

金は天下の回り物・・・

自分が使ったお金は誰かの儲けに回り、その儲けた誰かがまたお金を使ってくれることで自分の儲けに戻ってくる。
今こそ、消費を拡大させる戦略をとるべきであろう。
そして、人口減少は避けて通れない道であるから、それに合せて議員数、公務員数も削減すべき。
中央集権ではなく、もっと地域へ権限委譲して、地域経済を活性化すべき。

では、どうすれば・・・

本文参照、必読の書 

もっと、もっと日本ブランドを磨きましょう、、、の、ポチッ


時は変化しているのである。
それも、とてつもないスピードで。
今大事なことは、過去を守るのではなく、現実を把握し、変化することである。

と、オレは思う。



JUGEMテーマ:読書

評価:
コメント:金は天下の回り物…とてもシンプルでわかりやすい本でした。政府は人口増で解決しようとしているようですが、理想論をふりかざすのではなく、もっと現実を見据えて政策を練って欲しいものです。

08:42  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。