<< 【チョッパーレターセット】 : 【真桜】で一献! >>

【モルフェウスの領域】(海堂尊)を読了!

NHKでは「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されてるし、海堂さんものはあいかわらずの人気ですね。でもちょっと、食傷気味でもありますけど・・・

「ハイパーマン・バッカス」のアツシが5年の眠りから目覚めた。

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の<凍眠>を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する・・・

ナイチンゲールの沈黙」で、レティノという失明する病気にかかっていた9歳のアツシは、新薬の認可がおりることを信じて5年の凍眠をしていた。

それをケアするのは日比野涼子。

5年間の凍眠を終え目覚めが近づいた時、涼子はある問題に気づいてしまった。
その問題は、この新しいシステムをつぶそうとする厚生労働省の考えでもあった。
新しいことを認めようとしない官庁に対して、涼子がとった手段とは

なんと美しいドラマなんでしょうか。

という、感じがする本

海堂さんの数あるドラマから、よりすぐりの脇役を集合させ、人間の根源を問う秀逸の一冊。

でも、あいかわらず厚労省に対しては過激な対応ですねぇ。
もっとも近未来の技術ですから、実際どうかはわかりませんけど。
まぁ、自分としてはちょっと神の領域に入る技術は必要悪だと思っておりますが。

次はステルス・シンイチロウ、曽根崎教授のドラマが読みたいものだ、、、の、ポチッ
 

ノルガ共和国の医務官って、、、渡海かなぁ?



JUGEMテーマ:読書
評価:
コメント:近未来の話ではあるけど、行き過ぎた医学の進歩って本当に「人間の本質」に必要あるんですかねぇ?と、なんとなく疑問に思える一冊。

08:42  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(6) : 

COMMENTS

posted by 水無月・R  at 2011/05/18 10:38 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
『医学のたまご』に再登場していたアツシが、実はこんなことになっていたのですねぇ。びっくりしました。
ステルス・シンイチロウの物語もですが、5年の眠りから覚める涼子とアツシの物語を読みたいものです。
また厚生労働省が変な横槍を入れてくるんじゃないかと・・・。
posted by じゅずじ  at 2011/05/19 11:01 AM
■水無月・Rさん
医学の進化はすさまじいものがありますね(^^ゞ
5年後…
涼子とアツシの物語も楽しみですねぇ。
きっと海堂さんは書くんでしょうね(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

Bookworm  at 2011/04/28 12:27 PM
モルフェウスの領域(海堂尊)
諸事情により、バチスタ・シリーズの最新刊より後に出たこちらを先に読むことに。作品同士の繋がりが強い海堂作品なので、どうかな?と一抹の不安を感じながら読みましたが、まぁ、大丈夫だったかな。
+++ こんな一冊 +++  at 2011/04/28 2:04 PM
モルフェウスの領域*海堂尊
モルフェウスの領域(2010/12/16)海堂 尊商品詳細を見る 日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により...
ナナメモ  at 2011/05/01 2:18 PM
「モルフェウスの領域」海堂尊
JUGEMテーマ:読書 日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し
蒼のほとりで書に溺れ。  at 2011/05/18 10:09 PM
『モルフェウスの領域』/海堂尊 ○
あの【バチスタ・スキャンダル】から約6年・・・。 桜宮市の「未来医療探究センター」では、コールド・スリープ技術により、一人の少年が人工凍眠していた。 彼をケアする日比野涼子は、世界的なゲーム理論学者・曾根崎伸一郎の提唱した「凍眠八則(モルフェウス・プ
本読みの記録  at 2012/10/08 9:18 PM
実はミステリよりもSF向けの作者かも:モルフェウスの領域
モルフェウスの領域作者: 海堂 尊出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/12/16メディア: 単行本 「ナイチンゲールの沈黙」から派生したサイドストーリー。 正直に言えば、元ネタになった「ナイチンゲールの沈黙」よりもはるかに面白い
【徒然なるままに・・・】  at 2013/02/17 8:34 PM
『モルフェウスの領域』 海堂尊
両眼摘出の危機にある少年は、特効薬の認可を待つために世界初の「コールドスリープ」技術により5年間の眠りについた。未来医学探求センターで彼を見守る務めを担っている日比野涼子だったが、その目覚めの時が近づくにつれ少年の立場が非常に不安定なことを危惧してい
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/3546