<< 【JINもマルモも一緒!?】 じゅずじ的選曲CD : 【天秤メーカー】で遊んでみる! >>

【シアター!】(有川浩)を読了!

これって、まるで「もしドラ」の世界!?

読んでないけど

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが・・・



万年赤字続きの小劇団「シアターフラッグ」。
小劇団とはもともと赤字になるのがあたりまえと思っていた劇団員達。
そんな彼らがプロをめざした!

そこに経済の概念を持ち込んだのは、劇団主宰の春川巧の兄・司。
無駄な経費を徹底的に抑え、パンフレットに広告を取り入れ、ただで利用できるものはすべて利用する。

  予算を動かすには理由が必要で、理由は組織の理論で決定される。

もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」というよりも、経済そのものの物語かもしれない。

しかし司は知る。
舞台を作りあげるための、劇団員の熱き思いを。
観客に喜んでもらおうとする、劇団員の願いを。
それはけっして経済理論だけではすまないことも。

オレも吹奏楽で何度か舞台に立ったことはあるが、緞帳があがった瞬間の高揚感は今でも忘れられない。
大学3年の幹部時代にもぎとった「全国大会」への切符を手にした時の爆発的な喜び。

  圧倒的な喚起の表情は最後は涙にたどり着く・・・

わかるなぁ、その気持ち。

輝かしい青春?の一ページを思い出させてもらった一冊に、、、感謝の、ポチッ
 

もちろん有川さんのことですから、いいキャラクターがたくさん登場するし、会話もリズムがあって楽しい



JUGEMテーマ:読書

評価:
コメント:これって劇団の「もしドラ」?2年で借金を返す約束で始まった新シアターフラッグ、はたしてその目論見はうまくいくのか!?なるほどなぁ、と納得できる一冊でした。

21:17  Posted by juzji
読書 : comments(4) : trackbacks(2) : 

COMMENTS

posted by 水無月・R  at 2011/06/26 9:30 PM
じゅずじさん、こんばんは(^^)。
あ〜、なるほど『もしドラ』ですか!
って私も読んだことがないんですが(^_^;)。
この作品、私も色んな意味で盛り上がりました!
まあ・・・鉄血宰相が云々〜!が大きいんですけどね〜(笑)。
posted by 苗坊  at 2011/06/27 9:25 AM
こんにちは。
私ももしドラは未読です・・・。
司という現実的な部分を見れる人が現れたことで、シアターフラッグは大きく飛躍しそうな気がします。やっぱりお金は大事なんですよねぇ・・・。
2を買ってしばらく経ちますがまだ読んでいないので読まばければ・・・。
posted by じゅずじ  at 2011/06/27 6:49 PM
■ 水無月・Rさん
「あたりまえ」という中に、ビジネスを持ち込んだ鉄血宰相はさすがです!
でも劇団を維持するって大変なんだねぇ。
posted by じゅずじ  at 2011/06/27 6:50 PM
■苗坊さん
充足を満たすもの・・・
やっぱり何をするにも金が必要なんだから、やっぱりないよりはあるほうがねぇ(^^ゞ
 
 
 


 

TRACKBACK

蒼のほとりで書に溺れ。  at 2011/06/26 9:27 PM
『シアター!』/有川浩 ◎
鉄血宰相、ゲキ萌えー{%ハート4webry%}!! (↑・・・のっけから、何を言う水無月・R。) この人ヤバイ、と思った人?・・・ハイ、そこで回れ右して脱出して下さい。 毎度の如く、萌え萌え無法地帯、人格破壊バージョンで行きますよ〜♪
苗坊の徒然日記  at 2011/06/27 9:16 AM
シアター! 有川浩
シアター! (メディアワークス文庫)クチコミを見る オススメ! 小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた… そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300 ...
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/3662