<< 【ベースボール カフェ】で夏休みの思い出! : 【わさもどら】 >>

【夢の跡】 アミューズミュージアムにて

民具収集家」である田中忠三郎氏は中学時代に観た映画「わが青春に悔いなし」で、自分の進むべき道を決めたのだそうだ。

苦しい時にも、悲しい時にも常に心にあったのは「わが青春に悔いなし」という言葉。
田中氏の心の支えでもあった映画を撮ったのは巨匠・黒澤明監督である。

その黒澤監督とまさか・・・

  本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

黒澤明監督の「夢」、その衣装をまかされたのがなんと田中忠三郎氏

ある日、見知らぬ女性が田中氏のもとを訪れた。
彼女は衣装デザイナーの黒澤和子と名乗る。
黒澤明監督の娘である。

次に撮る映画の衣装を本物の青森の野良着にしたいというのだ。

心の師とも言える黒澤監督からの依頼である、断ろうはずもない。

しかし、当時田中氏が収集したものはすでに重要文化財になっており自由に使うわけにはいかない。
田中氏は銀行に借り入れまでして野良着を集め、それを無償で黒澤監督に提供したのだ。

黒澤監督が感謝したのは言うまでも無い。
田中氏が撮影現場で写真の許可を願い出たら、監督は即座にOKを出したという。
普通はありえないことらしいのだが。

ちょうど撮影現場を取材しにきていた記者が「なぜ彼は写真を撮っているんですか?」と聞いたら、「彼はいいんだ」と監督が言ったというエピソードも残っているとか。

それ以来、黒澤監督の誕生日には必ず呼ばれるようになったのだそうだ。

まさに夢、「正夢の跡」である、、、の、ポチッ


BORO、古民具、野良着ときて、次はいよいよ「もっとかわいく!女らしく」・・・

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩



08:42  Posted by juzji
もの想い : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/3780