<< 【麦とホップで黒「星」】 : 【味よし亭】 石巻・元倉店 >>

【夜明け前】 東日本大震災の爪痕

土台を残して、町は無くなっていた・・・

今はただただ静寂があるのみ。

しかしそれは「死の町」というのではなく、瓦礫が撤去された今、何かを待ち望んで待機している情景に見える。


ただ地盤沈下によって、港も川も今にも水があふれそうな状態である。

このままでは新たな建物は立てられないし、時間がかかるだろう
「マリンパル女川」は海水に囲まれて中に入ることすら出来ない。

道路も鉄道もすべて見直す必要もあるだろう。

トンネルの暗闇から抜け出せないようだが、ようやく復興財源の法案も整備されようとしている。

東日本大地震の復興財源である復興債の償還期限が25年だそうだ。
これによって増税は恒久化すると言われているが、まぁこのことはあらためて話すとして、ともかく復興の財源にはメドがついたようである。

いよいよ復興事業が始まる!

  インフラ整備
  瓦礫処分
  町の復興
  経済の建て直し、、、等など

これまで100年以上かけてやった様々なことを一から作り上げていかなければならない。

土木・建築業者は向こう10年、飯が食える!と誰かが言っていたが、オレには20年、30年と感じた。
寄付金を含め巨額が動くことになるが、あくまで透明性を持って欲しいと思う。
よくある、なんとか協会の運営費で消えることなく、なんとかコンサルという名目で不可思議な費用が発生することなく利用していただきたいものである。

どちらにしても「民」のために活用して欲しいものです。

津波は高さ15mにも及ぶという。
その高さに対応する防波堤を造ったら、まったく海が見えなくなる。


  安全を配慮して塀に囲まれた生活にするのか?
  従来の町づくりとして復旧させるのか?
  それとも大きな変化を契機に、復興として新たな町づくりをするのか?
  それにともなう利権はどうなるのか?

いろんな大人の事情が絡み合うとは思うが、その調整をするのが政治家の役目。
感情で動くのではなく、ましてや私利私欲で動くのではなく、他の国民がうらやましがるような町づくりを形成してほしいものである。

  その町にあこがれるようになれば、人は集まる。
  人が集まれば商売がなりたつ。
  そして商売のために、生産が生まれる。

この地は海の幸も山の幸も豊富で、しかも景色がすばらしい。
ぜひ自然を活かした、活気ある町にして欲しいものである。

夜明け前、早く日が昇ることを祈って、、、ポチッ

  ↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと


JUGEMテーマ:日記・一般

 

07:21  Posted by juzji
もの想い : comments(2) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

posted by noga  at 2011/11/16 9:52 AM
今回の東北関東の大震災でお亡くなりになられた方と そのご家族のみなさんに心からお悔やみ申し上げます。災害に遭われた東北の各都市は、今度こそ世界の人が目を見張る、立派な防災都市に生まれ変わる必要があります。さすれば、観光の名所にもなるでしょう。世界遺産にもなるでしょう。はたして、この国には、この目的を成し遂げるためにふさわしい有能な政治家と、計画都市の設計者はいるのであろうか。壊滅状態にある地方都市に、世界観とマスタープランを堅持した有能な政治家は育っているのであろうか。我が国民は、防災に弱い家を建てる大ブタか、中ブタか、それとも、強い小ブタであろうかが判明するときであります。国民は、自分の体に見合ったサイズの政治家を選ぶものでしょう。我々は、ひ弱な花ではなくて、偉大な国民になろう。今回の大震災を好機ととらえて (復旧ではない) 復興に邁進しよう。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
posted by じゅずじ  at 2011/11/16 6:33 PM
■nogaさん
コメントありがとうございます。
有能な設計者はいると思うのですが、政治家が…
最近思うことは政治家を生み出す選挙システムの限界もあるのではないかと思っています。
以前は地域誘導型、密着型の必要性はあったかもしれませんが、今はやはり「国」の代表たる資格を持つ人間に政治をまかせたいという気持ちがあります。
強すぎると独裁ということにもなるのでしょうけど。
痛し痒し、難しい問題でしょうけど、とにかく前を上を向いて進むしかないですね。
 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。