<< 【唖然・・・】 人生って、、、そんなものさ(18) : 【スカイライン誕生55周年】 >>

【極北ラプソディ】(海堂尊)を読了!

なんだかんだで気になる海堂さん本・・・

今回はキャラの濃い面々がまた揃いましたけど

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
赤字病院の再生を図る世良院長は訪問看護の拡充をかかげ、外科医の今中を極北救命救急センターに派遣する。北海道のドクタージェット構想は実を結ぶのか・・・

壊し屋・世良の本領発揮か
ドクターヘリを熱望したジェネラル速水の一人舞台か

そんなことを期待したのですが、いたってまとも。
それぞれのポジションで自分のできることを、すべきことをきちんとこなしてるではないですか。
彼らにはちゃんとポリシーがあるんですね。
とてもイキイキと感じられました。

ただそこにたちはだかる政治とマスコミ・・・

なんとなく医療だけではないような気がします。
今の日本、そして世界の疲弊しきったシステムに対して一石を投じてるんでしょうね。
システムに巣くう病原菌に光をあて、それを取り除く抗体を作り出す。

  当たり前のことを当たり前にやれば、ものごとは破綻しない。
  じゃあ、なぜ破綻するのか。
  最初の設計が間違っているからだ。

おっしゃるとおり!

前提という言葉は聞き飽きた。
それでどうにもならない状況になっているなら、前提を覆すシステムを生み出さないと何も変わらない。
時には突飛に、時にはがむしゃらに、そんな改革の意思を持つ人が求められます。

でもこの本、ちょっとキュンとします

やっぱ人生、愛がなきゃ物語は始まらない、、、に、ポチッ
 

今中先生、かなり振り回されてましたけど、きっと次を担うキャラなんでしょうねぇ。



 
JUGEMテーマ:読書

19:12  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(5) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

地下室で手記  at 2012/03/06 9:22 PM
今日の読書 極北ラプソディ/海堂尊
海堂尊の一連の医療危機啓蒙小説群の中で、北海道で財政破綻を起こした極北市を舞台とする極北市シリーズの第2弾になります。 今回は、前作にあたる『極北クレイマー』で医療崩壊となってしまった極北市民...
たいむのひとりごと  at 2012/03/07 4:54 PM
『極北ラプソディ』 (著)海堂 尊
『極北クレイマー』の続編であり、『ブレイズメス1990』や『ジェネラルルージュの凱旋』・『ジェネラルルージュの伝説』の流れを色濃く受け継いでいる作品。『チーム・バチスタの栄光』に始まった“桜宮サーガ”
+++ こんな一冊 +++  at 2012/03/07 5:07 PM
極北ラプソディ*海堂尊
極北ラプソディ(2011/12/07)海堂 尊商品詳細を見る 『極北クレイマー』につぐ、週刊朝日連載の迫力満点の第2弾。崩壊した地域医療に未来はあるのか?「夕張希望の杜」の医師である村上智彦氏は朝日文庫判『極...
本読みの記録  at 2013/03/01 11:26 PM
現場の思いとシステムの設計:極北ラプソディ
極北ラプソディ作者: 海堂 尊出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2011/12/07メディア: 単行本 「ジェネラル・ルージュの凱旋」で北に飛ばされた速水、「極北クレイマー」で財政破綻した市のお荷物市民病院を立て直すことになった世羅。 この二人の物語が交差する
りゅうちゃん別館  at 2013/08/24 4:24 PM
「極北ラプソディ」海堂尊
人気を博したバチスタシリーズ。「極北クレイマー」の続き。 東城大学を出た「将軍」速水と、病院再建を任された世良の奮闘が描かれている。    【送料無料】極北ラプソディ [ 海堂尊 ]価格:1,680円(税込、送料込) 速水は市民病院で未回収金に悩む。 病院に残った
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/4174