<< 【成田の梅まつり】 : 【日頃の感謝をこめて・・・】 >>

【任侠学園】(今野敏)を読了!

また阿岐本組長の病気が始まった!?

今度はなんと潰れかかった私立高校の運営・・・

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、ちっぽけながら独立独歩、任侠と人情を重んじる正統派のヤクザだ。そんな組を率いる阿岐本雄造は、度胸も人望も申し分のない頼れる組長だが、文化的事業に目のないところが困りもの。今回引き受けてきたのは、潰れかかった私立高校の運営だった。百戦錬磨のヤクザも嘆くほど荒廃した学園を、日村たちは建て直すことができるのか・・・
 

阿岐本組長の兄弟、永神が持ってきた話は学校法人の債権回収。

  今の教育ってのは、どこか間違っている。
  教育の二極分化だそうだ。
  そんなのおかしいじゃねえか。
  このまま放っておいたら、
  人が支配する側と支配される側にはっきりわかれちまう。
  そんな日本になっちまって、おめえ、いいと思うかい?

まぁおっしゃることはもっともですが、なにせヤクザ。
もともと学校が嫌いときている。
そんな状況で理事としてのりこんだ代貸の日村だが・・・

荒れ果てた高校は無気力が蔓延している。

立て直すために、日村が始めたのがグランドの庭の整理。
そして壁の落書きを消す日々を送るのだが。

ちっちゃいことからコツコツと。
しかし生徒はもちろんのこと、先生にも理解してもらえない。
そんな日村の悩みにも阿岐本組長は、

  ここが学校で、生徒が預かりものだと思うからいけねえんだよ。
  生徒全員が自分の舎弟だと思ってみな

いやぁ、みごとでございます。
3年間のお客さんだと思って接するから生徒になめられる。
もっと真剣に・・・

ところが、学校運営の裏側にはPTAの影がちらつく。

さてどうする日村?

当たり前のことが忘れられている日々の中、この本はもう一度日本の良さを思い出させてくれる。

  あいつら、ヤクザを泣かせるなんざ、とんでもねえやつらだ

熱い学園ドラマに感動の、、、ポチッ
 

大人が子供に礼儀を尽くさない。だから、子供も礼儀を覚えない。
今の日本の一般社会は、ヤクザ社会よりずっと礼儀知らずのようだ。

 とせい
 任侠病院




JUGEMテーマ:読書
評価:
コメント:当たり前のことが忘れられている日々の中、この本はもう一度日本の良さを思い出させてくれる。

18:09  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/4190