<< 【ドーバーを渡って】 津軽衆ミステリーツアー6 : 【むーらん】でお誕生会 >>

【永遠の0】(百田尚樹)を読了!

戦争で亡くなった祖父は、自分の妻を本当に愛していたのか?

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくる−。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは・・・


帝国海軍の軍人であった祖父の面影を求めて、孫の健太郎は祖父の知人を探す旅にでる。

そこで聞かされたことは、天才だが臆病者だったという事実。
そして祖父は常々、「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」と言っていたらしい。

  そんな祖父が、なぜ特攻隊に志願したのか?

戦争当時の市民の思いがつまっている。
政府に、マスコミに踊らされていた国民の思い。
そして出陣していく軍人たちの思い。

  悲劇の裏側にある真実とは?

祖父の思いが伝わった時、それはただただ感激の涙、涙、涙、、、の、ポチッ


当時のトップの決断を見るにつけ、いまの政情とかぶるような気がするのはオレだけだろうか・・・


 


JUGEMテーマ:読書
13:46  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2012/06/18 9:58 PM
☆5個とは珍しい。
レビューを見ても良さげな本ですね。

愚かなあやまちを繰り返さないためにも、
記憶を薄れさせてはいけないですね。
posted by じゅずじ  at 2012/06/18 11:01 PM
■あらいぶさん
分厚かったんで避けていたんですが…
いやぁ、いい話しでした!
 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/4368