<< 【風の陣 3 天命篇】(高橋克彦)を読了! : 【六根】の意味するもの >>

【最後から二番目の恋 2012秋】をTV鑑賞!

さみしくない大人なんていない・・・

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
時は2012年夏の終わり。ドラマプロデューサーである吉野千明(小泉今日子)は、連続ドラマ『まだ恋は終わらない』の失敗で厳しい立場に追い込まれていた。一方、鎌倉市役所に勤務する長倉和平(中井貴一)は年下の上司の下で働くことになり、憂鬱な日々を過ごしている。
長倉家の面々はというと、次男の真平(坂口憲二)は、大橋知美(佐津川愛美)と順調に交際しながら、自宅でカフェ『ながくら』を切り盛りしている。次女の万理子(内田有紀)は千明への思いを抱きつつ、いまも彼女の下でスタッフとして働いていた。そして長女の典子(飯島直子)は、ハワイへの家族旅行を計画するものの、夫・広行(浅野和之)と息子の翔(田中碧海)はあまり乗り気ではなく…という状況。
そんな中、ようやく千明は上司から仕事を命じられる。しかしその仕事とは、千明の苦手分野である「サスペンスドラマ」。しかも、その脚本を手がけるのは業界一台本を書くことが遅い灰田マモル(リリー・フランキー)だという。
同じころ、和平は、鎌倉の世界遺産登録を目指し、その親善大使として小説家の向坂緑子(萬田久子)を口説き落とすよう命じられ・・・

あのテンポのいいリズムに乗って、フジテレビ「最後から二番目の恋」が帰ってきたぁ

あれからもう半年以上もたつんですねぇ。

その間の彼ら?
みんなの関係がさらにパワーアップされてました。
千明と和平のかけあい漫才も、息がピッタリで磨きがかかっている

なんともうれしい限りですが・・・

やはりそれぞれに悩みは尽きないわけで、ちょっと一息もつきたいわけで。
仕事をさぼって千明と和平が昼からビールなんかを飲んだりして。
お互いの悩みを打ち明けるのだが、それはまるで女同士ともとれるし、男同士ともとれる飲み方。
いったい二人はどうなっちゃうんですかねぇ。

  四十にして惑わず
  五十にして天命を知る

やっぱりいくつになっても、よくわからないのが男と女。
あぁ、オレにもよりどころが欲しいぞ!

最後から二番目の恋、オレにも早くこい、、、的な、ポチッ


このドラマを見て「今年こそは、いざ鎌倉!」と心に決めたのが新年早々。
あじさいの季節も過ぎ、夏も通り越して、今年もあと2ヶ月。
結局一緒に行く相手も見つからず、今年も見送りかぁ。
よしっ、来年こそは!

また続きが見たいものです

 
JUGEMテーマ:テレビ全般

09:10  Posted by juzji
テレビ番組 : comments(0) : trackbacks(2) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

世事熟視〜コソダチP  at 2012/11/04 4:40 PM
「最後から二番目の恋 2012秋」お見事〜小泉今日子&中井貴一の会話が心地良い
最後から二番目の恋 2012秋 小泉今日子と中井貴一の会話シーンがたっぷりの『最後から二番目の恋 2012秋』は、見事な出来映えでした。 古い友人に久しぶりに出会ったような心地よさ!! 『性的な仄めかし』がけっこうストレートなのに、あざとさや嫌らしさを感
まぁ、お茶でも  at 2012/11/06 2:02 PM
《最後から二番目の恋2012秋》
<分かってるっつうの。 だから謝ってんじゃん。 ねちねち…バカ部長 アホ部長…あ、おつかれさまで〜す。> 部長に呼ばれた千明。自販機は、釣銭切れ… 古参の三井が小銭を渡しながら、何の話だったんですか?と聞いた。 大したことない、全然大丈夫だよと笑うと 「無
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。