<< 【枯露柿】 : 【徴収金】 >>

【神様のカルテ 3】(夏川草介)を読了!

医者をなめてるんじゃない?自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者よ!

いったい一止に何があったのか

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医・栗原一止の前に、新たなベテラン医師がやってくる。彼女の生きた方を見て己を見つめ直した一止は、本庄病院を出る決意をするのだった・・・

西に上高地を擁し、東に美ヶ原を望む。
北に安曇野が広がり、南に諏訪の水瓶がある。

信州松本・・・

ちょうど1年前、冬の松本に行って来ました。
ゆったりとした時間が流れていそうな、心地よい土地と記憶しています。
そんな空気を十分に触れることができるこの本はシリーズ3作目。
今回もハルさんの穏やかな物言いに癒されました。
そして様々な地酒に酔わせていただきました。
信濃鶴、福源、天法、かたの桜、、、細君が居て、美酒がある。
オレもそんな生活がしてみたいものだ。

さてさて本文である。
本庄病院で一日のほとんどを駆けずり回っている一止。
新たに加わったベテラン女医・小幡に反感を持つものの、彼女の生き方を知るにつれ、自分の現状に疑問を持ち始める。
このままでいいのか?

そして一止は決心する。
一度、大学病院に戻ろうと。

その決意にハルさんは微笑むだけ。
いいなぁ、ハルさん!

今日もハルさんを探しに、飲み歩きましょうかねぇ、、、と、ポチッ


また松本に行ってみたくなった。
そして居酒屋九兵衛のモデルだという「厨 十兵衛」で信州の酒を飲む。
ハルさん、見つかるかなぁ。

大学に戻る一止、新しい生活はまた見れるのかなぁ、続いて欲しいなぁ。



JUGEMテーマ:読書

18:09  Posted by juzji
読書 : comments(2) : trackbacks(1) : 

COMMENTS

posted by 苗坊  at 2013/02/01 10:34 AM
こんにちは。
まさか第3弾まで出るとは思いませんでした。
イチ先生は相変わらず忙しそうです。
小幡先生の意見はイラッとはしましたが、でも正論部分は正論で、何が正解なのか難しいなと思いました。
イチ先生の決断のその後を読むのが楽しみです。
posted by じゅずじ  at 2013/02/01 10:24 PM
■苗坊さん
まさか新たな展開になると思いませんでしたよねぇ。
小幡先生というキャラが際立ってましたけど、納得でした!
 
 
 


 

TRACKBACK

苗坊の徒然日記  at 2013/02/01 10:32 AM
神様のカルテ3 夏川草介
神様のカルテ 3著者:夏川 草介小学館(2012-08-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 医者にとって大事なことは、続けることだ。 栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で ...
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。