<< 【帝国ホテル】のチョコっと。 : 【ソロモンの偽証 第3部 法廷】(宮部みゆき)を読了! >>

【こだわりの鰻】 in 成田駿河屋

先日成田的B級グルメ「うなぎぱん」なるものを食し、ますます本物をいただきたく思い、成田山参道をぶらぶらとうろつく。
すると、成田山新勝寺山門近くで「幻の鰻 共水」なる看板が目に付く

  本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

先着20名様、定価5,000円を4,500円にて

先着20名に入りたいような、入りたくないような
高いのか安いのか、寛政年間創業の老舗「駿河屋」である。

さすがに名店、多少の待ち時間は覚悟の上の15分。

2階へと案内される。

当店はご注文をいただいてから鰻をさばきますので、少々お時間をいただいております

少々がどのくらいかはわからないが「大人の遠足」、そんなに急ぐこともあるまい。

一人で時間をつぶすのには慣れている。

まぁ熱燗まで頼むつもりはなかったのだが・・・

待つこと30分、きたぁぁぁ〜!幻のブランド鰻「大井川共水うなぎ」のうな重

もちろん、きも吸付。

肉厚でありながら、口の中でとろけるような柔らかさ。
これぞ本物!
って、そんなに比較するほど鰻は食べていませんけど
 
ちょこっと贅沢なひと時に、、、超満足の、ポチッ


これもお一人様だからできること。
もしお二人様なら、普通のうな重だったろうなぁ。
もちろん家族なら「うなぎぱん」、しつこい!?


JUGEMテーマ:グルメ

07:59  Posted by juzji
嗜好品 : comments(2) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

posted by ワミ  at 2013/03/07 12:49 PM
成田に遊びに行ったら行きたいお店や観光地がいっぱいあるので何日休みをとったら良いでしょうかね(笑)
posted by じゅずじ  at 2013/03/07 2:41 PM
■ワミ君
今だったら、TBS「あぽやん〜走る国際空港」をご覧いただくと成田の街がよくわかります(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。