<< 【受験生進路・・・】 : 【しょっつる鍋】 >>

【かもめ食堂】 〜DVDチェック〜

ようやく「かもめ食堂」に行ってきました。
「小林聡美」好きのオレとしては、もっと早くランチしに行きたかったんですが、場所がなかなか探せなくて… たらーっ

 夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」
 という小さな食堂がオープンししました。その店
 の主は日本人の女性サチエでした。道行くヒトが
 ふらりと入ってきて、思い思いに自由な楽しい時
 間を過ごしてくれる、そんな風になればいい、
 そう思ったサチエは献立もシンプルでおいしいも
 のをと考え、かもめ食堂のメインメニューはおに
 ぎりになりました。ホントはおにぎりにはちょっ
 とだけサチエのこだわりがあったのでしたが…

 原作:群ようこ
 脚本・監督:荻上直子
 出演:小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ
 エンディングテーマ:井上陽水「クレイジーラブ」

「何かお探しですか?」
「それとも、忘れ物でも?」

そんな心の奥に問いかけてくるような、まったり感がいいです。

コーヒーは自分で入れるより、ヒトに入れてもらった方がおいしい…
おにぎりは自分で握るより、ヒトに握ってもらった方がおいしい…

こんな同じフレーズが肩を張らず、さらっと口にできる雰囲気、掛け合い的な会話、とても優しい映画でした。

そんな映画に、用意させていただいたお酒は…


賀茂鶴酒造株式会社
賀茂鶴 まろやか仕込 「ゆるり」


「かもめ食堂」…「かもつる」近い!?
まぁ、どちらにしても「ゆるり」な気持ちに、ポチッ


※ この映画は休日前の夜に観ましょう。次の日の朝は久々にフィルター・コーヒーを入れたくなるし、おにぎりを持って出かけたくなりますから…。決して、日曜の夜には観ないように!月曜に会社に行くのがつらくなる、たぶん(笑)
08:49  Posted by juzji
映画 : comments(2) : trackbacks(5) : 

COMMENTS

posted by リサ  at 2007/01/24 9:45 PM
こんばんは!
休日の前に観たほうが良い、というのはすごく同感です!
映画の料理を作りたくなるし、ゆるゆる時間の流れを感じたくなりますし。
映画を観てからコーヒーのおまじないを必ずしている私です(笑)
juzjiさんオススメの「ゆるり」いいですねぇ!
うちのブログの名前にも合うし、これは是非呑んでみたいです〜。
posted by juzji  at 2007/01/24 11:42 PM
■リサさん
「ひなたでゆるり」…まさにピッタリですねぇ(笑)
縁側があって、ちょっとしたお惣菜があって、ちょっと冷やした「ゆるり」をちょっと大きめなグラスのおちょこで、一杯。
もちろん、好きな本もいっしょです。
時間もゆったり過ぎていきそう!

って、そろそろ現実に戻ったほうがいいかな?
 
 
 


 

TRACKBACK

CHEAP THRILL  at 2006/12/07 9:18 AM
真・映画日記『かもめ食堂』2回目
12月4日(月) 朝、ものすごく寒い。 眠い。 それでもなんとか繋げる。 午後6時20分に終業。 まずは渋谷へ。 TSUTAYAに行き、前の週から借りたDVDを返却。 新宿に着き、8時半から魅惑のクニオ氏と歌舞伎町で飲み。 昨日、ボクの誕生日だったのでプレゼン
ナナメモ  at 2006/12/08 9:01 PM
かもめ食堂
かもめ食堂 小林聡美 フィンランドで「かもめ食堂」を経営する日本人・サチエ。メインメニューは鮭、梅、おかかのおにぎり。1ヶ月間誰も入らなかったかもめ食堂に入ってきた若い男の子。そして本屋で知り合ったミドリや他のお客さんたち。かもめ食堂を中心にし
PeaceFul  at 2006/12/09 9:46 PM
かもめ食堂
かもめ食堂はフィンランド・ヘルシンキの街角、おにぎりがメインメニューのお店。 なかなかお客がこなくても毎日真面目にお店を開けるオーナー・サチエさん(小林聡美)。 「指をさしてしまったから」という理由でフィンランドにやってきたミドリさん(片桐はいり)。
ひなたでゆるり  at 2007/01/24 9:40 PM
『わたしのマトカ』片桐はいり
わたしのマトカ片桐 はいり幻冬舎2006-03by G-Tools 旅好きの俳優が、映画撮影のために1ヵ月フィンランドに滞在したことをきっかけに書き下ろした、ユーモアと愛情に満ちた旅の記憶。森と湖の美しい国で出会ったシャイで暖かい人たちとの、人情味溢れるエピソードが満
雑板屋  at 2008/04/11 7:37 PM
「かもめ食堂」
フィンランドかぁ・・・。港の雰囲気、市場でのお買い物・・・もう少し街の様子が見たかったかな。 ゆる〜くぬる〜い感覚が非常に心地良く面白かった。 非日常的というか、夢見心地というか・・・そんな甘い感覚。 日常ふいに自分が感じる何がしかのしがらみや理不尽
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。