<< 【岩井の大蘇鉄】 春を見つけ隊2014 : 【岩井神社】 春を見つけ隊2014 >>

【永遠の0】を映画鑑賞!

最近映画館で観た映画なんですか?

原作を読んで涙した、あの「永遠の0(ゼロ)」をようやく見ることができました

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング


【あらすじ】
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり・・・


監督:山崎貴  原作:百田尚樹
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲・・・

原作を読んでいる者として、ついつい比較してしまいますが、少し軽い感じはするもののストーリーもわかりやすくよかったのではないでしょうか。

前半は、宮部がなぜ臆病者と呼ばれていたのか?という実像にせまり、
後半は、生きようとした宮部がなぜ特攻を選んだのか?という核心部分にふれる。
家族への思いも、一度の帰宅でよく表れていたと思います。

しかし・・・
映像を通してあらためて考えたのが、これって何を意図しているんだろうか?ということ。
家族と祖国を愛するというテーマには心を揺さぶられる思いはしたが、実際あの時代宮部のような人がいたら、教官にはなりえなかっただろうし、言論統制があって生死をさまよう段になって、本当に冷静でいられるかという思い。そんなに宮部は強い人だったのか?
ほとんどの世代が戦争を直接知ることもなく、身内から戦争体験を聞くこともなくなった現代において、「生きる」ことへの執念は届くのだろうか。
当時は家を継ぐということで、戦死した兄の変わりに弟が兄嫁を娶ることもあったが、上官の妻を娶った大石を現代社会では受け入れられるのか?

なんて不純なことも頭をかすめたわけですが、泣きました。
一つ一つのパーツが組み上がっていくたびに色々と考えさせられました。
そして最後に微笑む岡田准一の特攻場面、意味深でもあり、いいエンディングでした。

悲しいのか、うれしいのかちょっと複雑な映画。

祖父の思いが伝わった時、それはただただ感動の涙、涙、涙、、、の、ポチッ
 

右とか左とかじゃなく、素直に人としての本質「愛」を見つめればいいんですね、きっと。

 映画「永遠の0」公式サイト
 原作「永遠の0」 

 

JUGEMテーマ:映画
 
07:43  Posted by juzji
映画 : comments(4) : trackbacks(12) : 

COMMENTS

posted by ボス  at 2014/01/16 9:58 AM
このストーリー、以前に昔に記憶があるのですがまた別物でしょうかね?TVだったかよく覚えてませんが同じような内容です(^0^)>
posted by じゅずじ  at 2014/01/16 6:43 PM
■ボスさん
どうでしょう?
この小説自体映像化されるのは初めてだったと思いますが…
posted by あらいぶ  at 2014/01/16 11:11 PM
うるっとは来たけど泣けなかったです。

>原作を読んでいる者として、ついつい比較してしまいますが、少し軽い感じはするものの・・・
確かにそうなのかもしれません。

宮部の妻が「あの人は必ず帰って来るという約束を守りました」という趣旨の言葉を口にしたときに、それは違うだろ?と思ってしまった。
じゃ〜大石は宮部の代理か?という話になる。
その辺で納得できずに妙に冷めてしまいました。(^^;)
posted by じゅずじ  at 2014/01/17 6:56 PM
■あらいぶさん
>冷めてしまいました
実はオレも。
あの場面は小説ではぼやかしてましたからねぇ。
なんか直接いわれると、ちょっとひくかな?
 
 
 


 

TRACKBACK

ケントのたそがれ劇場  at 2014/01/16 12:23 PM
永遠の0
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:144分 監督:山崎貴  ちょっと視点を変えた戦争映画である。特攻隊員だったという実祖父の生きざまを孫からの視点で、現代と過去を交錯させながら綴っていく。「海軍一の臆病者」と呼ばれたゼロ戦搭乗兵だった祖父、それは
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  at 2014/01/16 4:44 PM
映画『永遠の0』★「必ず戻る」〜永遠の約束〜
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159874/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです(ネタバレ表示ですがボカす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/i
いやいやえん  at 2014/01/16 5:27 PM
永遠の0
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイ
こみち  at 2014/01/16 10:13 PM
映画 永遠の0
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&nbsp; &nbsp; ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は &nbsp; 美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦
映画@見取り八段  at 2014/01/17 12:11 AM
【永遠の0】語り継ぐ物語
永遠の0     監督: 山崎貴    出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功 公開: 2013年12月21日 2013年12月25日。劇場観賞。 原作は百田
映画的・絵画的・音楽的  at 2014/01/17 6:48 AM
永遠の0
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血
はらやんの映画徒然草  at 2014/01/17 10:02 PM
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  at 2014/01/18 5:55 PM
永遠の0 : 人を愛すること、時代を繋いでいくこと…。
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作
Akira's VOICE  at 2014/01/19 10:22 AM
永遠の0
命を生む零。  
健康への長い道  at 2014/01/21 12:15 AM
映画『永遠の0』
 原作を読んだのは3年前。それなりに面白かったようにも思います。でも、もう記憶が薄い・・・。しかも、映画化の話を聞いた時に「絶対に観に行こう!」とは思わなかったので、その程度の読後感だったのかも。自分の読書ブログの冬至の記事を読んでも、この原作をどの
LIFE ‘O’ THE PARTY  at 2014/03/06 7:51 PM
永遠のゼロ
原作は未読。 だから純粋に映画関してだけのわたくしの印象・感
京の昼寝〜♪  at 2014/03/07 12:09 PM
『永遠の0』
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、   
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/5546