<< 【健診結果・・・】 負けられない闘い2014 : 【中々】な慰労会 >>

【カレイドスコープの箱庭】(海堂尊)を読了!

どこまで続くバチスタシリーズ・・・

  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
なぜか出世してしまう愚痴外来の元窓際講師&厚生労働省の変人役人の凸凹コンビ、最後の事件!閉鎖を免れた東城大学医学部付属病院。相変わらず病院長の手足となって働く田口医師への今回の依頼は、誤診疑惑の調査。検体取り違えか、それとも診断ミスか!?エーアイ国際会議の開催に向けて、アメリカ出張も控えるなか、田口&白鳥コンビが調査に乗り出した・・・
バチスタ・シリーズ真の最終章!


最近は図書館で借りることが多くなりましたが、真の最終章ということで相関図なども掲載。

これは完全保存版でしょう!?

ということで、一冊購入。


東城大学医学部付属病院で、またまた事件。
せっかく閉鎖を乗り切れたのに、また?

誤診か検体取り違えか?

今回の田口先生はいつもと違っていた。
なにしろ素早い動き出し。
しかも、ハードボイルドタッチ。

思わず、フキ出したたらーっ

病院が設定しているシステムには間違いがなかった。
携わる人への聞き込みの結果も、問題ないものだった。
やはり、担当医の誤診なのか?

田口先生は決断をするのだが・・・

解決したのは、ご存知天才白鳥!

真実はひとつ。
合理に合わなければ、それは必然の悪意が存在するのみ!

すばらしい拍手

まぁどんな仕事でも、システムが整っていても、結局そこにはヒトが介在する限り、精神的なものが加わるわけで、ミスはなくならない。
しかも、それが悪意のあるものだったら?

なんだろうなぁ、求められるものは民度かな。

技術だけではなく、誰のために、何のためにという大上段のことを理解していないとミスは減らないな。

戒めの、、、ポチッショック
 

懐かしの面々が再登場。
医療改革をめざして、さらにがんばって欲しいものである。
 
JUGEMテーマ:読書
18:22  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/5680