<< 【立春朝搾り】 in いつものBAR荘 : 【あがれ家】 ひろバルVOL.10 4軒目 >>

【ストーブ列車はスルメのかほり】 in 津軽鉄道

肴はあぶった イカでいいムード

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

なんぼいいかまりっこしてきたっきゃ!

スルメを買うと、アテンダントさんや売り子さんが焼いてくれる。

そして産地を紹介しながら、焼き具合も説明してくれるのだ。
焼き終わったスルメをおもむろに裂き、細かくしてまた袋に入れてくれる。

あっつはんで、きぃつけでねー!

何故かネイティブの津軽弁が理解できる国際都市成田からの旅人である。
窓の外は一面白銀の世界、時には窓枠の隙間から雪が舞い込む。

でも、ストーブ列車の車内は暖かい。
いや、むしろ暑いくらいだ。

2月7日、津軽鉄道ストーブ列車車内は様々なお国からの観光客であふれる中、「地元なのにストーブ列車に乗ったことがないという皆様と一緒に旧正月を祝おう会」の面々である。

中間地点の金木では観光をする方々が下車し、我らはさらにヒートアップしていく。
地元・齋藤酒造店の松緑「津軽鉄道 ストーブ酒」に切り替え、炙ったスルメをしゃぶる。

そう、残念ながら歯医者にいじめられているオレは噛み切ることが出来なかった。
しばらくしゃぶっていたら、終点の津軽中里駅に到着!

わいは、もうついだの!?

トンネルを抜けると津軽弁もしゃべれるようになる国際都市成田からの旅人である。
(トンネルは無いけど)

ようやく腰を据えて飲もうと思ったのだが・・・

何とも心残りな、、、ポチッひやひや
 

小一時間の旅、あんなことやこんなことをしてる間に着いてしまった。
長閑な田舎の景色をゆっくり見ることもままならず、ましてや皆と語り合うこともなく。
何か物足りない・・・

だから、、、とりあえず中里を散策に続く

中里の駅舎を出たら、なんと「け・や・ぐ」が待ち伏せていた。
次回、うるせいやつら!に乞うご期待イヒヒ


JUGEMテーマ:日記・一般


 

08:49  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(2) : trackbacks(1) : 

COMMENTS

posted by ボス  at 2016/02/22 11:23 AM
面白かったです♪お世話になりましたm( _ _ )m
posted by じゅずじ  at 2016/02/22 6:59 PM
■ボスさん
ずっと飲みっぱなし!
今回はいい企画でしたねぇ(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

じゅずじの酒ブログ  at 2016/02/21 7:09 PM
【津軽鉄道ストーブ酒】
松緑 津軽鉄道ストーブ酒原材料名:米、米麹、醸造アルコールアルコール分:15度以上16度未満齋藤酒造店青森県弘前市 味読みはこちら
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。