<< 【垂氷と白子】 ぬぐだまり : 【赤濁】 Meltykissと共に・・・ >>

【江戸の看板展】 in 深川江戸資料館

1月7日の深川七福神巡り、お昼過ぎに深川江戸資料館に立ち寄ってみた。

本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

横綱大鵬顕彰コーナーも併設されていて、なかなか興味深い資料館である。

大鵬と背比べをしたらほとんど同じだった。
ただし胸板はオレの方が厚かった、何しろ大鵬は板張りのパネル・・・

ちょうど新春特別展として 「江戸の看板」展が開催されていた。

よくもこれだけ綺麗な看板を集めたものである。
そしてそれぞれがわかりやすく、目立つものだった。

鎌と輪とぬで、かまわぬ。

鎌とお椀で、かまわん。

どちらも「入ってかまわない」という営業中の看板である。
トンチが効いてて、実にお洒落である。
商品のこだわりもよくわかる。

今のように薬屋という扱いではなく、胃腸薬や目薬といった個々の専門店が多く見受けられる点も面白い。

きっとそれぞれが代々受け継がれていたのだろう。

技術の伝承も含めて。

江戸文化、おそるべし!、、、納得の、ポチッ拍手
 

個々の商売が集合され総合ショップとなり、そこからまた「個」が磨き上げられて細分化し、さらにまた淘汰された上で新たな文化・商売が生まれる。
時代は常に動いている。


JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:49  Posted by juzji
もの想い : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/7574