<< 【米米倶楽部】 : 【特許庁売店で偽ブランド品】 〜時事なネタ〜 >>

【ジェネラル・ルージュの凱旋】 海堂 尊 著

いやぁ、よかった!
海堂さんを信じていたオレは、うれしい (^0^)/

チーム・バチスタの栄光」に喝采拍手をした後の2作、「ナイチンゲールの沈黙」、「螺鈿迷宮」がいまいちキレがなかったと、ちょっと寂しさを感じていたのだが…

【あらすじ】
桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく…

不測の事態に対応する「救命救急センター」のスピード感。
登場人物、一人一人の端的描写。
突然出現する「姫宮」、その才能…とは。

いやぁ、たっぷりと楽しませてもらいました。
なんといっても、短時間?に成長した「田口」がいい。
肩書きとは成長させる重みなんですねぇ。
その分、「白鳥」の出番が少なかったかな?
おかげで、わかりやすい物語になってるけど…
まぁ、彼は忙しいですからねぇ(笑)

病院経営と現場という、相反するものがよぉくわかる本です!?

「田口&白鳥」コンビに暖かい拍手、のポチッ拍手


読み終わって、ちょっと「慣れない」温かみが伝わってきたのは、
自分だけでしょうか (^^ゞ

:やっぱり全4冊のタイムスケジュールが必要です たらーっ

JUGEMテーマ:読書
12:03  Posted by juzji
読書 : comments(18) : trackbacks(8) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2007/04/17 10:14 PM
今回はなかなか良かったようで。(^O^)
「螺鈿迷宮」はまだ読んでいないけど
「ナイチンゲールの沈黙」で内心、ガッカリしちゃったから
「螺鈿迷宮」はどうしようかなぁ?と思ってました。
時系列がだぶってるみたいなので、やっぱ「螺鈿迷宮」も読んでおかなきゃいけないかな?
posted by juzji  at 2007/04/17 11:59 PM
■あらいぶさん
今回は絶対「読み」です!
「ナイチンゲール」とはクロスしてますが、「螺鈿迷宮」は後でもかまわないと思いますよ (^^ゞ
posted by あらいぶ  at 2007/04/18 11:38 PM
そうなの?
じゃ〜、この新作から行きますか。
あと1冊残った文庫本を読んだらいってみようかなぁ。
posted by juzji  at 2007/04/19 8:49 AM
■あらいぶさん
大丈夫です。「螺旋」は田口君と関係ないし…
それにしても、見る方向が違うと、まったく別物語になってしまう「驚き」が…本書をお読み下さい(笑)
posted by 藍色  at 2007/04/23 11:50 PM
こんばんは。
白鳥の出番は少なかったのですが、そうすることで
メリハリがよく効いていたような気がしました。
posted by juzji  at 2007/04/24 12:18 AM
■藍色さん
白鳥の出番は少なかったですよね。なにしろ「桜宮病院」とかけもちだもんなぁ。忙しいわけです(笑)
メリハリは気持ちよいくらいありましたねぇ。

>トレードマークはチュッパチャプス、返事は「あいよ」が男前かも…
オレの場合、最近のメール返信は、「愛ヨ!」です(笑)
posted by 羽月  at 2007/05/16 10:11 AM
こんにちは
やっと読みました
相変わらずさくさくと読めてテンポがいいですね
それにしても同じ時期をぐるぐる回っていて出版の順番はコレでいいのでしょう・・・か? それにしても問題の多い病院ですね  すっかり速見ファンなので早く3年たって将軍に戻ってきてもらいたいです この分だと一年間の出来事がかなり濃そうな感じで将軍復帰は遠そうですよね  とりあえず次が楽しみです
posted by juzji  at 2007/05/16 10:27 PM
■羽月さん
テンポ、抜群でしたね!
白鳥君は、かなり忙しそうだったけど(笑)
ちょっと気になったのは、速見先生が「北」へ行くとか?
そういえば、【螺鈿迷宮】でも「北」へ行った人がいました。
これ、つながるんでしょうかねぇ?
posted by なな  at 2007/05/30 9:42 PM
こんばんは。
juzjiさんの大文字「よかった!」の気持ちよくわかります。
前回2作、私もちょっと…って思ってたので、
今回は読み終わって思わずニヤリです。
posted by juzji  at 2007/05/30 10:31 PM
■ななさん
ほんとう、ニヤリですね。
海堂ファンとしては、してやったり!?
次のたぶん「北」、期待大ですね (^^ゞ
posted by すずな  at 2007/07/09 1:29 PM
こんにちは。
juzjiさんの「よかった!」私も同じように思いました(笑)ナイチンゲールでイマイチ;;;と思ったんですが、見事に逆転!という感じです。
現実の医療現場でも速水と同じような気持ちで頑張っている医師がいらっしゃるのかな、と考えさせられる作品でもありました。
posted by juzji  at 2007/07/09 4:19 PM
■すずなさん
まさに逆転ですね。ちょっと評価が下がり気味でしたからねぇ。
今回は速水先生、かっこよかったです。
とにかく判断が早い。責任感も強い。こんな上司がいたら・・・(笑
次も期待です!
posted by ino3  at 2007/09/18 7:41 PM
初めまして

いいですね
速水先生、かっこいいなあ
男の中の男なりって感じが良いですね
翔子が惚れちゃうのも分かります
官僚主義の権化、沼田先生が粉砕されるとこも良かった
一作目に並ぶ作品に仕上がってます

これ田口先生の成長物語でもあるみたいです

氷姫は田口医師、猫田看護師長の延長線上にいるんですね
おもしろいなあ

次回作が楽しみです
posted by juzji  at 2007/09/18 10:48 PM
■ ino3 さん
コメントありがとうございます。

医学に対する本心を語っている速水先生、いいですよね。
その対極にいる沼田先生、なんとなくどこかの世界みたいですけど…
今週、新作がでます。
やっぱり、期待しちゃいますよね!
posted by 雪芽  at 2007/12/09 10:15 PM
大文字の「よかった!」、まさにそのとおりっ
オモシロ度数の振り子が弾け飛ぶ展開を期待していたんです。
ああ、嬉しいこの本が読めて(感涙)
田口先生の成長は目を見張るものがありましたね。
posted by juzji  at 2007/12/09 11:06 PM
■雪芽さん
偉い!
「めげず」にコメントいただけたことに対して…(笑
田口先生、しばらく静かだと思ったら、立派になってましたねぇ。
もっとも白鳥のツッコミが少ないせいもあるけど。
posted by Junko  at 2008/06/15 2:15 PM
こんにちは
またまた、トラバありがとうございました。またこちらからもトラバさせてもらいますね。
今「螺鈿迷宮」を読みかけたところで、他のことで時間を使ってしまって。
イマイチですか?
こちらで感想は読まずに、本を先に読み進めることとします。
私もナイチンゲールの方はイマイチかと思いました、その後のジェネラル・ルージュは良かったけれど、バチスタほどではないかと。
そんな感じで続きの螺鈿迷宮は、自分としてはどっちに転ぶかといったところです。
では、また。
posted by じゅずじ  at 2008/06/15 7:03 PM
■Junkoさん
先入観にとらわれずお読みください…
最近わかったのですが、一冊一冊に一喜一憂してはいけないんです。
後でいろんなつながりが出てくるから、読んでおかないと、その楽しさがわからない。
海堂さんは、かなりズルイですよ(笑
 
 
 


 

TRACKBACK

粋な提案  at 2007/04/23 11:51 PM
ジェネラル・ルージュの凱旋 海堂尊
装画は赤津美和子。装丁は松崎理。書き下ろし。 東城大学医学部付属病院が舞台のシリーズ。前作「ナイチンゲールの沈黙」のアナザー・ストーリー。看護師・如月翔子(爆弾娘)の急患搬送で幕開け。救命救急センター部長の速
ALICE555♪  at 2007/04/30 1:16 AM
ジェネラル・ルージュの凱旋
ジェネラル・ルージュの凱旋 海堂 尊 でるでるとは聞いていたが、ちょうど出た時にいなかったのよね。 で、本屋の店長がお取り置きしててくれました。
ナナメモ  at 2007/05/30 9:42 PM
「ジェネラル・ルージュの凱旋」海堂尊
ジェネラル・ルージュの凱旋 海堂 尊 伝説の歌姫が東城大学医学部付属病院に運び込まれ、成り行き上田口が彼女だけでなく小児科絡みの問題にも関わらなければいけなくなったのと同じ頃、救命救急センター部長の速水が業者と癒着しているという内部告発文書がリス
Bookworm  at 2007/07/09 1:25 PM
ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂尊)
「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」に続くシリーズ3作目。ってか、「螺鈿迷宮」もこのシリーズにカウントしていいんじゃないの?と思うんだけど・・・。出版社が違うし、一応舞台になってる病院が違うから無理なのかな。うーん・・・。
読書とジャンプ  at 2007/12/01 8:30 AM
「ジェネラル・ルージュの凱旋」海堂尊
バックグラウンドには確かな医療知識があるはずなのに、荒唐無稽に思える怪!( ̄□ ̄;)!!桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急セン
コンパス・ローズ  compass rose  at 2007/12/09 10:09 PM
「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂 尊
 ジェネラル・ルージュの凱旋  海堂 尊  宝島社 (2007/4/7) これまでのもやもやとしていたものがふっきれたシリーズ第3弾。 ドクター・ヘリ導入を悲願とする救命救急センター部長をめぐる疑惑 シリーズ最高傑作のメディカル・エンターテイメント
Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜  at 2008/06/09 8:24 PM
『ジェネラル・ルージュの凱旋』(海堂尊) <感想&書評>
ジェネラル・ルージュの凱旋海堂 尊宝島社 2007-04-07売り上げランキング : 1396おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 東城大学医学...
junko's blog  at 2008/06/15 2:16 PM
「ジェネラル・ルージュの凱旋」(海堂 尊著)
「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」を「チーム・バチスタの栄光」の続編ということで、一緒に買ったのですが、この2冊は、物語としては同時期に起こっていることで、ペアになった作品でした。 「ナイチンゲールの沈黙」は、一昨日「う〜ん、..
TB URL :: トラックバック機能は終了しました。