<< 【優雅な晩餐】 in 割烹花長 : 【大観 白砂青松】 ゆるり献杯 >>

【バタバタと・・・】 旅立ち。

喪・・・

それは先週の金曜日、5月19日朝のことだった。
病院からの着信、突然ですが容体が急変して!

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

実は3週間前に父が肺炎で入院していた。
すぐに熱も下がり、特に大きな問題はないから食事がとれれば退院できます!という話をしたばかりのタイミングだった。
入院が長引けば大変だなぁと思っていた矢先でもある。

4年前に家を出てケアハウスに一人住むことになった。
昨年からは介護老人保健施設に移っていた。

家族には迷惑をかけたくないと・・・

それが自分本位で、それなりに家族に負担がかかっていたことを本人は知る由もないが。

酒好きの我がままだった父である。

読書と相撲が好きだった父である。
自分なりにいろいろ悩んでいたことは事実であろう。
ただそれが、伝わってこないことがお互いの不幸だったかもしれない。

オレはこれだけみんなのことを考えてやっているのに・・・

空回りの人生だったと思う。
もし今の時代に青春を過ごしていたら、もっと活躍できていたのかもしれない。

晩年、目標を持たない男の駄目さかげんを見せてもらった。
そういう意味では、ずっとオレの先を行っていた先達でもある。

お坊さんと対面した。

葬式は何度か経験しているが、仕切ったのは初めてである。
まったく知らないことばかり。
でも順序立てて物事は進んでいく。
悩むこともない。
あらためて業者の専門性を感じる。

棺に納めるものは、娘が選んだ。

新聞と本が好きだったよね!と、重松清の「日曜日の夕刊」を持ってきた。
昔、切手を貰ったんだ!、でも趣味は引き継げないから。
オレは思い出したように、太宰治の「津軽」を加えた。
やはり、生まれ故郷の津軽の地に哀愁を感じることであろう。

酒を愛するというより、酒と戦っていたような人だった。
きっとそれはオレに引き継がれているのかもしれない。

享年86歳、ご苦労様でした。
安らかに、、、ポチッショック
 

そんな故人のことを思い出しながらのお通夜、自宅に移動して酒を飲みかわしていたら、突然女性陣から「キャーッ!」

なかなかいいネタを提供してくれるものである。
戦いは通夜では終わらなかった、そんな後日談は機会があったらいずれ・・・


JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:36  Posted by juzji
三里塚な日々 : comments(4) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2017/05/24 8:29 AM
突然のことで大変でしたね。
心からお悔やみを申し上げます。

私も5年前に体験しましたが、ほとんど一緒に居なかったせいか割と冷静だった気がします。
友人葬だったので僧侶への煩わしさがなかったので、
その辺もかなり気持ちが楽だったかも。

もう少ししてからじわりとくるかもね。
母上は疲れていませんか?
ご自愛ください。
posted by ワミ  at 2017/05/24 10:11 AM
心からお悔やみ申し上げます。

blogの更新が無いので何かあったのかと危惧しておりました。

ご家族の心痛お察しします。ご冥福をお祈りいたします。
posted by じゅずじ  at 2017/05/25 7:48 AM
■あらいぶさん
父も家をでて5年だったので、家の空気はあまり変化ないと思ってますが、落ち着いたら波がくるんですかねぇ。
ありがとうございます!
posted by じゅずじ  at 2017/05/25 7:49 AM
■ワミ君
けっこうバタバタするのね。
慣れたくはないけど、手続きがめんどう。
ありがとうございます。
 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/7784