<< 【栗山川でにらみ合い】 九十九里浜おっ散歩 : 【曼珠沙華と観覧車】 >>

【達人山を下る】(室積光)を読了!

久々に孫娘に会えることを楽しみにしていた、岡山のおじいちゃん。
その孫娘が予定の日に来なかった。
東京の息子に連絡をいれてみた「誰かに脅されておるのか?」

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
誘拐された孫娘・安奈を救うため、八十歳の山本俊之は岡山の賢人岳を下り、四十二年ぶりに東京へやってきた。犯人はあるカルト教団だという。戦国時代から伝わる昇月流柔術の唯一の継承者である俊之は、安奈の妹で引きこもりの寛奈とともに動き出すが、渋谷の不良にヤクザ、与党幹事長が立ちはだかる。達人が教える「世の中で一番強い枝」とは・・・


カルト教団に戦いを挑む、おじいちゃん。

ただ、おじいちゃんは只者ではなかった!?

先に「ツボ押しの達人」を読んでいましたから、おじいちゃんの必殺技は理解していたつもりですが、スッキリ!

常に沈着冷静。
正義を知る達人。
戦争を体験している、元検事。

そんなおじいちゃんが、孫娘が拉致されている敵地・神の真理教団に乗り込む。

いやぁ、そこからの強さは半端ない。
ただしアクション的に強いのではない、相手を論破してすれ違いざまツボを押すだけ。

必殺技は「失禁のツボ突き」びっくり

とても面白いのだが、映画にはならないだろうなぁ。
だってアクションがほとんどないし、ツボを押す一瞬だけの動作。
絵にならないひやひや

そんな達人にあこがれもする。
「ツボ押しの達人」に出てくる有名人も、この本ではまだまだ大人になる一歩手前。

とにかく気分はスッキリな一冊!に、、、高笑いの、ポチッイヒヒ
 

室積光さんの本をもっと掘り下げて読んでみようと思う!!


JUGEMテーマ:読書


 
評価:
室積 光
中央公論新社
---
(2010-05)

18:14  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/7925