<< 【二合半で下北の美味・・・】 ぐるりんしもきた番外編 : 【久留里城にのぼってみた!】 久留里おっ散歩 >>

【達人の弟子海を渡る】(室積光)を読了!

あの必殺技「失禁のツボ突き」の達人のもとに、二人の大学生が弟子に入った!

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
十年前、たった一人でカルト教団を崩壊させた八十歳の老人がいた―世界最強の技を持つ達人・山本俊之の存在を知った謹慎中のサッカー部員・晃吉とクロアチア人の留学生・マルコ。二人は達人がこもる山へと向かい、イルジスタン人のアバスとともに修行を始めるが・・・

 
ようやく「ツボ押しの達人」の弟子のなんたるかがわかりました。
弟子の勢ぞろいですねぇ。

大学生二人の目を通してわかる、達人が言わんとしているなんたるかを!

もちろん笑えます。
そして引き込まれます。
最後にはやっぱり涙・・・

軽~い本なのに、心に響いてくるものがある。
それぞれのキャラがいいんでしょうねぇ。
みんないろんなものを抱えながら、それを忘れることなく向き合う真摯な姿。

なんて、そんな格好いいものではないですけど、面白い!

さよならだけが人生!、、、の、ポチッ拍手
 
↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと

 
19:48  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/7976