<< 【あなたダケのキミ】 秋の恵み2017 : 【栗山川でにらみ合い】 九十九里浜おっ散歩 >>

【ひとり言】 in BAR荘

なんだろうなぁ、最近「気」がのらない。
何かをしようというパワーが沸いてこない。
淡々と過ごしている日々に何の違和感も覚えない。
 
お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

だから夜飲みも減っているのだが、少し前に行った千葉駅北口「BAR荘」である。

特に席を決めているわけではないから、空いている席に座ってずらりと並ぶボトルを眺める。

人によっては定位置を決めているらしいが、オレはそこまでのこだわりはない。
サッカーの日はテレビの見やすい場所、大人数の時はコーナー、そして二人の時は・・・

マスター、オレに似合いの酒はあるかね?

無口なマスターは笑顔を見せるわけでもなく、一本のボトルをオレの前に置く。

どうやらお勧めらしい、スコッチウイスキー「バルヴェニー 12年 ダブルウッド」。
バーボン樽で熟成後、さらにシェリー樽に詰めかえてまた熟成。
甘みを感じる、飲みやすいお酒だ。
本当だったらもう少し刺激が欲しいところだが、人生の甘さを痛感しているオレには無難なところだろう。

先日、契約している保険屋から契約内容の確認書類が送られてきた。
何気なく目を通す。

一点に目が留まった。

個人年金保険支給・・・

おぉ、忘れいていた。
契約当時は年金なんて考えたこともないけど、ついにそんなお年頃。

毎日が大連休になったら、いったい何をして過ごすのだろうか。
こうして旨い酒をいつまで飲めるのだろうか。

余生を楽しく!?
何をもって余生というのか。
生ある限り、余りなんて考えたくもない。
まぁ割り切れるわけでもないだろうが。

と、深く考えるのはやめよう、きっとオレには似合わないや。

どうせ、成り行きの人生で、、、ポチッショック

さぁて週の半ば、そろそろ刺激を求めて・・・
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:53  Posted by juzji
もの想い : comments(0) : trackbacks(1) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

じゅずじの酒ブログ  at 2017/09/20 11:57 PM
【バルヴェニー】
バルヴェニー12年ダブルウッドスコッチウイスキーアルコール分:40%何をもって余生というのか。、千葉駅近くBAR荘での一コマ・・・ 味読みはこちら
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/7979